第89話 王都に到着

 私達は王都に入り、宿屋[ヒカリ]に着いた。残念ながら、今の私には王都の街並みを見るなんて、心の余裕はなかった。


 宿屋では黒髪の好青年が迎えてくれた。



「話はアリムちゃんから聞いてるよ。ガバイナさん。アリムちゃんはこれを置いていったよ」



 と、宿屋の主人が取り出したのはルビーのような色をした液体。

 見た目的にポーションではないっぽい。



「恩に着ます。ラス……ん"っ。ウルトさん」

「いんや、御礼ならアリムちゃんに言ってくれよな」

「ところで…そのアリムは、今どこに?」

「あれ、聞いてないか? あの娘いま、マンティコラの討伐に向かってるぜ。帰ってくるのは、早くても明日になるんじゃないか?」



 え…………でも待てば会える。明日には会えるんだ。

 …アリムが有夢だとは限らない。それはわかってるつもり。でも…でも…。


 ガバイナさんは、その赤い液体をラハンドさんに飲ませた。

 すると、なんということだろう。飲んだ瞬間、ラハンドさんが飛び起きたんだ!

 あの薬、危なくないよね?



「ヒャッハーーー! 気分がいいぜぇぇ!? いったい、これはどうなってんだぁぁぁぁ!?」

「さあな。アリムが作った物だから、毒ではないだろ」

「ん? そうか。あぁ、そうだ。ガバイナ、助かったぜ、ありがとよ」

「何を言う。昔からの仲ではないか。アリムにも感謝しろよ」

「あたぼうよ!」

「「はっはっはっはっはっはっ」」



 男の友情ってやつ? 本当に仲がいいんだね。

 ラハンドさんは今度は私達に御礼を言った。



「マーゴ、ゴッグ、ミカっ! ありがとよ。看病してくれてよ」

「私…私には背中をさすることしかできなかったの…」

「俺なんて、助けてもらったのになにも……」

「私もです」

「いやぁ、オレはお前らが無事だったらそれでいいんだぜぇぇぇ! それとラス…おっと、ウルトの旦那、ありがとうごせぇやす、突然来たのに」

「いやいや、構わないさ。ガバイナさん、ラハンドさん、そして、俺の仲じゃないか」

「そうですねぇ…」



 あれ、あの黒髪の好青年、もしかしてラハンドさん達より歳上だったりするのかな?

 二人とも敬語だし。でも仲は良さそうだし。


 黒髪の好青年……こと、ウルトさんは、私のことをラハンドさんに聞いた。



「ラハンド…。この娘は?」

「この娘は森の中で救出したんでさぁ。しかし…記憶が喪失しているようでして」

「そうか、それは……君、災難だったね。お名前は?」



 私は名前を答える。



「ミカって言います」

「そうか、ミカちゃんか。アリムに負けないくらい可憐な顔してるね。きっと、彼女と仲良くなれるよ」

「はい」



 もし、アリムが有夢だったら、既に仲が良いってことになるのかな?

 自惚れじゃないよね? 仲良いって思ってるの、私だけじゃないよね?

 

 折角、有夢と再会できるかもしれないの。いつ、いつ私の気持ちを…………………。







 あ。アリムって話を聞く限り女の子じゃん。



 そう、考え、私の顔が絶望にそまり、周りの人たちに心配がられた時に、この宿の戸が開いた。



 戸に立っていたのは、赤髪のとても愛くるしい美少女だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます