第78話 安心

 おはよう。

 朝一番、俺とほぼ同時に起きたカルアちゃんから、物凄く心配された。

 かなり、うなされていたらしい。

 眠りを妨げてしまったか?

 

 俺は眠りの邪魔をしてしまったことを謝ったが、それよりも、彼女は驚くべきことを言った。


 俺が、そのうなされている最中、美花と、俺の弟の叶、そして母さんと父さんの名を呼んでいた上、『死にたく無い』と言ったそうな。

 そうか、それはかなり心配させてしまった。


 カルアちゃんは、何か記憶の手がかりかもしれないと、聞いて覚えていたのだそうだ。

 俺は思わず、抱きついちゃったね。

 

 そんな中、大臣さんが、部屋のドアをノックし、慌てた様子で入ってきた。



「ふ……二人とも! ファウストの奴がみつかりました! 詳しくはこれを見るのですぞ!」



 そう、俺らは二枚の紙を渡された。

 一枚は今朝の瓦版、もう一枚は号外であった。


 通常の瓦版の方には、王都内にサンダーバードが現れたこと、俺がサンダーバードを倒したこと、それにより、俺とラハンドさんが表彰されることになったことが書かれていた。残りは俺の特集だった。

 

 そして、号外の方には、なんと、ファウストが凄惨な死体で発見されたこと、そして、彼が犯した罪の数々(俺にセクハラしたこ、サンダーバードを呼び出したことも含む)と、今まで、彼に女性が抵抗することができなかった原因の称号、≪醜悪の恐王≫を解説していた。(ちなみに解説者はラストマンだった)

 

 ファウストの死因が魔物に襲われたことになっているが、それは少し腑に落ちない。

 奴は仮にもSランカーだったのだ。そのことを大臣さんに問うと、それに関しての調査は、何故、彼が姫様を攫わなければいけなかったのか、その理由も含め超極秘に行うらしい。

 

 それより、瓦版情報早すぎ。ここの世界のマスコミも侮っちゃいけないね。

 情報は時に、人をも殺す。


 でも、まぁ、一難は去ったわけだ。

 さすがは姫様、ファウストが死んだことに対し、『安らかな眠りを』とか言ってる。人としてできてるね。


 俺らはそのまま大臣さんに連れられ、朝ごはんを食べた。

 もう大丈夫だというところも、王様に見せた。


 でも、もう少しカルアちゃんが一緒遊びたそうな顔してるから、あと2~3時間遊んでから帰ろう。



________

_____

__



 俺はもう、帰ることにした。

 カルアちゃんだけでなく、テュールさん、セインフォースの4人まで見送りに来ている。

 

 俺は各々に別れをつげ、カルアちゃんと、また必ずくる約束を固くする。


 俺は宿屋[ヒカリ]へと向かった。


 

 道中、野次馬にもみくちゃにされ、ながらも、なんとか家に帰ることができた。


 市民の皆さんはどうやら、俺を英雄視しているらしい。あとは可愛いって相変わらずいわれるよね。嬉しいな。


 今日はマスターポーションを幾らか作って寝よう。

 これから数日間……1~2週間は忙しくなるぞ!




_______________________________

_______________________

________________

__________

_____





 そう、約10日後、俺は運命的な出会い……いや、再会を果たすことは、この時はまだ、知る由もなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます