第59話 王都への帰路

 ふぁ……眠い。

 まだ朝の3時30分。でももう起きなきゃ。なんせ4時出発だからね。


 

 3時50分、みんな眠そうな目を擦りながら馬車に集合した。

 俺は少し早く馬車に来て、温かいスープを用意しておいた。俺ってば、気が利いてる。

 実はスープに、眠気覚し効果のある草も混ぜてるんだよね。



 午前4時、馬車は動き出した。

 この町をもうちょい観光したいとか、そういう気持ちはあんまりない。

 走って1時間もかからずに来れるし。



 午前6時、朝食を食べた。メニューは最初の日とほとんど同じ物。違いはトーストにチーズをのせたくらいか?



 午前7~正午。

 御者さん達とスゴロクで遊んだ。

 例の如くグレープさんが商品化の案を出してきた。今回も、売り上げの5%をもらうことで落ち着いた。

 お昼は白身魚のフライ。この世界ではフライはあるにはあるらしいのだが、あんまり食べないのだとか。皆、美味しそうに食べてくれた。



 午後1時~午後3時。

 久しぶりにきちんとステータスの確認をした。なんか、テキトーにつけた名字が、ステータスに反映されてるんだけど…。


 とりあえず、海での魔物狩りのお陰で、案の定レベルが大幅に上がっており、冒険者になってから倒した魔物の経験値1900と、今回の経験値910110。

 総経験値3267300となり、レベルが181になっていた。Aランクモンスターは、かなり経験値が多い。

 さらに、ステータスの上昇が170からHP、MP、STP、SKPが1レベル80上昇、それ以外は40上昇するのだそうな。


 STPが1650増えたので、全部を一度、1000にする。これで残りは1200。

 アイテムマスターの"オマケ"のお陰でCは大幅に上昇してるから、これ以上振らなくていいとして、後はAとSを中心に、MP、Cにも振っておいた。

 今のステータスはこんな感じ。


--------------------------------------------


-ステータス-


name: アリム ・ナリウェイ


Level : 181


EXP:3267300


HP : 9340/9340 (1000)

MP : 9845/9845 (1200)


A(攻撃力): 5180 (1400)

C(器用度): 5170 (1000)

D(防御力): 4670 (1000)

W(魔法力): 4870 (1200)

S(素早さ): 5270 (1600)


STP:0


-スキル-


SK1)


[A(X):雷術・極]Lv MAX

[C: 水剣召喚術]Lv 2 [D(X):火術・改]Lv 0

[D(X):水術・改]Lv 1 [D(X):風術・改]Lv 0

[D(X):土術・改]Lv 0

[E:シャボン]Lv MAX

[E(X):念術]Lv - [E(X):癒術]Lv 2

[E(X):氷術]Lv - [E(X):石術]Lv -

[E(X):強化術]Lv - [E(X):弱化術]Lv -


SK2)


[アイテムマスター★★★★★]Lv MAX

[剣極奥義★★★★]Lv MAX

[性別変換★★★]Lv MAX

[体技★]Lv -[槍技★]Lv -

[弓技★]Lv -


SKP:4610


称号

[「楽しみ」のダンジョン攻略者]

[神速成長]

[Sランク魔物討伐者]

[モンスタージェノサイダー]

[超人]

[神の創造者]


[虹の王の森]


--------------------------------------------


 そういえば、SK1を全く発展させられてない。

まぁ、アイテムマスターあればなんとかなるし、別にいいか。



 午後4時~午後5時。

 実はこの時間帯までに、D~Cランクの魔物と3回遭遇している。行きも思っていたんだけど、遭遇率、割と高めなんだよね。

 そのことをグレープさんにきいてみると、この道は近道らしく、そのかわり魔物が良く出るらしい。だから冒険者を護衛で雇ったのだとか。

 正規ルートで行くと、この2倍は時間かかるんだって。誰かこの道、整備しないのかな?



 午後6時。

 今日のお夕飯は、ハンバーグ。

 この世界、ハンバーグは高級料理なのだとか。

挽肉を作る技術が発達していないらしい。

 喜んで食べてくれた。すごく喜んでた。

 御者さんの一人が、俺のことを、できたら嫁に欲しいとか言い出した。ガバイナさんまでも、『アリムはいつでも嫁に行けるな』とか言ってた。冗談だろう。

 『冗談はやめてくださいよ~』って笑って言っておいたよ。

 


 午後7時~10時

 ご飯を食べて、身体も清めた俺らは、オセロで遊んでいた。

 グレープさんが、もはやあたりまえのように、商品化を進めてきた。これに関しては直感で、大ヒットする気がしたので、8%貰うことにし、それで、グレープさんは了承してくれた。

 これ、帰ってから結構忙しいんでないか?

 


 午後11時

 俺は皆んなより少し早く寝かせてもらった。

 おやすみなさいー。



 深夜3時

 ガバイナもアリムも既に寝静まった頃、その時、運転していた御者が大声で叫んでいる。

 彼は魔物を、ランクのみだが識別できる。それをかわれて、メディアナ商人組会専属の御者になれたのだ。

 そんな彼が、青ざめた顔で必死に助けを呼んでいた。



「Aランクだ…Aランクの魔物がでたぁっ……3匹同時にぃっ……!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます