第23話 勝利後の喜び

 勝った、強かったぁ……。

 これ、レベル117じゃなかったらどうなってたんだよ……。



「うっ……」



 頭も腹も痛てぇ。ヒールかけなきゃ……。


 それにしても、この犬ら。すごくいい皮してるよな……。絶対持って帰る。

 あと魔核だ。銀色の犬からは黄色の魔核、金色の犬からは橙色の魔核、虹色の犬からは赤い魔核が出ている。


 さて、あと虹色の犬を倒したあとからなんか宝箱がこのフィールドの中央に出現した。

 いや、『出てきた』だね。地面底から。


 とても綺麗な装飾が施されている。この開ける前のワクワク感。RPG好きにはたまらない。

 

 俺はふらつく足でその宝箱に近づき、開けてみた。

 中身の内容は、カード(?)1枚、スキルのディスク2枚、そしてこの箱いっぱいに入ってる橙の魔核と5個程ある黄色の魔核。


 とりあえず、スキル2枚を見てみよう。チート級の何かとかだったらいいな。



【「鑑定王★★★★ 」

全ての物の価値や使用方法、名前や材質など、ありとあらゆる情報がわかる。

その場にある鑑定したい物を、鑑定したいと意識すれば、頭の中にその情報が入り込んでくる。】



 すげぇ、すげぇぞこれ……!

 ダンジョンクリアするだけで、こんなもん貰えるのか!

 もう一方は?



【「性別変換★★★」

男は女に、女は男に"なる"ことができる。

自由自在に性別は変えられる。

見た目だけでなく、身体の仕様、本能的性別思考、全てにおいて完全に異性となる。

また、顔立ちや体格などもその性別に合わせて変わる。 また、本能的性別思考とは、基本的な性格や記憶が変わるわけでなく、例えば女が男に"なった"場合、その人物が他の男と接触する際に、異性としてでなく、同性として振る舞うようになることである。】



え、これなんかに使えるの 潜入捜査とか?

 だって、効果見る限りさ、性別を女にして女風呂覗くにしても、結局は思考が、女が女風呂覗くのと同じになるってことだろ?

 いや、俺はそんなことしないけどさ。ほんとだよ?

 これは取得はしておくけど、保留だな。別にいらんし。大体、なんでこんなものあるんだよ。考えた奴誰だよ。

 

 とりあえず、2つとも習得する。



【SK2 「鑑定王★★★★ 」「性別変換★★★」を取得しました。】



 鑑定王のスキル見てみるか。



--------------------------------------------


鑑定王


★★★★ SKP:0/300


Lv0: SKP-0

Lv1: SKP-100

Lv2: SKP-200

Lv MAX: SKP-300



--------------------------------------------



ん、レベル0だと? これ、なんかの進化後のスキルなのか?

 詳しく見てみよう。



【鑑定名人、石鑑定、解体物鑑定、武器鑑定、道具鑑定、植物鑑定のレベルMAXの基本効果を受け継ぐ。】



 はぁ、やっぱりこういうのがあるのか。鑑定系の物全てと鑑定名人っての合成したらこれになるんだな。てか、解体あんじゃん。

 解体も何かの素材になるかもしんないのかな。もしかしたら[採取王]とか。ありうるな。


 ちなみにレベル1~3の効果は見れる範囲が広がるとか、種類が増えるという、ないようだった。

 そうだ、すぐさまこれに300振ってこのカードみたいなの鑑定しよう。俺はこの鑑定王に300割り振った。


 そして、このカードを見てみる。なんか、ふくざつそうな魔法陣が書いてあるんだけど……?



【「無限収納のマジックカード」


・状態→ 良

・出来→ 至高

・価値→ 国宝

・材料→ 紙

・種類→ マジックカード

・説明

このカードは収納機能を持つ道具貼り付けて使う。

貼り付けた対象物に貼り付けた際に、このカードは消えてしまうため、一度しか使えない。

このカードを貼り付けた対象物は、物が無限に入るようになる。

また、貼り付けた対象物の性能も上がる。

収納する際はどんなに大きい物でも強制的に吸い込む。

取り出す際はその取り出す物を思えば、一度に何個でもとり出せる。

また、この中に入っている物の時間は止まる。】



 すげいものを手に入れてしまった。


 マジで、なんだこれは!?

俺の持ち物問題、全部解決すんじゃん。問題は、何に収納するかだなー。せっかくだし良いものがいい。

 例えば、この金の犬の皮とさ、銀の犬の毛でさ、ポーチ作ったらなんか凄いものできそうじゃん。

 虹色の犬はもったいなくて使えないけどね。


 これら担いで外に出て、さっさと作るか。

 「革加工」「解体」「裁縫」全てレベルMAXにしてるし、Cが1000超えてるからな。

 かなり良いのができるはず。


 てか、どっから外に出るの?



 俺はキョロキョロと周りを見渡した。なにやら光が満ちている場所がある。ワープホールか何かだろう。

 俺は宝箱と、3匹の犬と、その他諸々を運び、光の中に入っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます