第9話 犬ホイホイ

 まずはウサギの肉を血抜きせずに解体します。

 ここでポイント。解体する場所は肉を仕掛ける場所にしましょう。血と肉の匂いが残るようにするためです。

 次に、つる や長めの草で木にウサギ肉を吊らします。これで完成でもいいですが、より効果を高めたいのなら、骨と皮を細かくして木のそばに蒔きましょう。

 これで完成、犬ホイホイ。


 少し遠くで、残しておいた、細くて小さな骨を縫い針にするために、削りながら、犬ホイホイに犬が集まるのを待つ。


 だいたい30分後ぐらいに針が完成したから、犬ホイホイの様子も見ることにした。

 現場に近づくにつれ、ワンワンキャンキャン聞こえてくる。俺は物陰に隠れて様子を見た。


 ここから見える限りでは4匹もいる。

 1匹も居ないことを覚悟していたんだけど、思ったより犬ホイホイは効果があったよ。やったね。


 俺は物音を立てないように、魔法の射程距離まで近づき、ウォーターボールをその中の肉に向かって吠えている1匹に撃った。


 このウォーターボール、レベルが4になってから今まで缶ジュース一本分だった水の玉の大きさが、今やバスケットボール1つ分くらいになっている。ただ、その大きさだと一回でMPを4も消費してしまう。

 ちなみに、このような詳しい情報をどこで得ているかというと、スキルのレベルを調べればわかったのだ。そしたら



【ウォーターボールLv4。Lv3に比べて威力が強化され、範囲が広くなる。

ただ、レベル4の威力と範囲のウォーターボールを作るにはMP4を消費する。

 今までどうりのレベルの威力、範囲のものも作れ、その場合はその威力、範囲に対応するレベル分MPを消費する。

 また、Lv3に引き続き、的を指定すれば、自動で玉の軌道を調整する。】



 と、こんな感じで説明がでてくるぞ。


 ウォーターボールがあたった犬はどうやら倒せたみたい。もう、この程度なら一撃で倒せるようになった。のこりの3匹は突然同種が倒れたことに驚いている。この隙にまたウォーターボールで1匹倒す。

 残り2匹はこちらに気づいたのか、1匹が威嚇、1匹がこちらに向かってくる。

 向かってくる方をウォーターボールで倒し、最後の1匹は俺から近づき、骨ナイフで倒した。


 おっ! レベルが4に上がった!

今回は、AとHPに1、MPとCとSとWには2振った。


 SKPは水術に2を振った。ついに水術がレベルMAXになった!やったね!

 レベルMAXになったことにより、ウォーターボールの威力と範囲が上がって、MPは4のまま。

 さらにMPの許す限り一回でMPの数だけウォーターボールを同時にだすことができるようになり、オプションとしてMPが5増えた。


 _______突如、あのメッセージが頭の中にうかんでくる。



【スキルをレベルMAXにしました。進化、派生の説明をします。】

【レベルMAXになった進化、派生が可能なスキルには、「進化、派生」という項目が、詳細に

出てきます。

 その項目を選択すれば、専用のメニューが表示されるので、そのメニューを選び、進化、派生をしましょう(このメッセージは次から表示されません)】



 おけ。バッチこいや!


--------------------------------------------


水術


Rank: E(X) - 1 SKP:15/15


Lv1: SKP-3 ○

Lv2: SKP-6 ○

Lv3: SKP-9 ○

Lv4: SKP-12 ○

LvMAX: SKP-15 ○


<進化、派生をする>

--------------------------------------------



 あった、これだな。よし早速、進化と派生をしよう!



--------------------------------------------


進化・派生メニュー


・E(X) 水術 <<<【D(X) 水術・改】

コスト:なし


・E(X) 水術 →→【E(X) 氷術】

コスト:なし


進化・派生させますか?

(はい・いいえ・どれか1つ)

--------------------------------------------


 俺は「はい」と思いうかべる。



【【水術・改】【氷術】を習得しました。】



 おぉ!こうやって習得するんだな。

 水術・改と氷術、どっちも(X)マークが付いている。合成しても減らないってことだ。夢がひろがる。

 早速スキルを確認。



--------------------------------------------


水術・改


Rank: D - 6 SKP:0/60


Lv0: SKP-0

Lv1: SKP-12

Lv2: SKP-24

Lv3: SKP-36

Lv4: SKP-48

LvMAX: SKP-60


--------------------------------------------

--------------------------------------------


術(例)


Rank: E - 2 SKP:0/25


Lv1: SKP-5

Lv2: SKP-10

Lv3: SKP-15

Lv4: SKP-20

LvMAX: SKP-25


--------------------------------------------


 やっぱ、DランクだからSKP半端ねえな。

 ちなみにレベル0に関して調べたら、進化前に習得したこともそのまま使えるっていう説明をされた。

 また、俺は残りのSKP8を火、風、土、水改に2ずつ振った。これで火、風、土もそれぞれ10ポイントで進化する。水改も次の段階に10ポイントで進める。








###########

今回までの主人公のステータスです

--------------------------------------------


-ステータス-


name:アリム


Level : 4


EXP:350


HP :46/46 (3)

MP :35/59 (7)


A(攻撃力):25 (5)

C(器用度):29 (9)

D(防御力):21 (1)

W(魔法力):27 (7)

S(素早さ):28 (8)



STP:0


-スキル-


SK1)


[D(X):水術・改]Lv 0

[E(X):火術]Lv 1[E(X):風術]Lv 1

[E(X):土術]Lv 1[E(X):念術]Lv -

[E(X):癒術]Lv 1[E(X):氷術]Lv -

[E(X):強化術]Lv - [E(X):弱化術]Lv -


SK2)


[剣技★]Lv - [体技★]Lv -

[槍技★]Lv - [弓技★]Lv -

[解体★]Lv:1


SKP:0


称号: -

印: -


--------------------------------------------

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます