第198話 金の薔薇の女王竜再び

 ゴールドローズクィーンドラゴンは、俺たちに向かって蹴りをかましてきた。

 当たっても痛くも痒くもないし、暴れられてもこの部屋は壊れないから問題はないんだけど、とりあえず俺は念術で動きを止めた。



「ふぅ…なんで襲ってきたんだろ?」

「んー、生き返ったばっかりで暴走してるとか…?」



 ミカはそう予想した。


 しばらく暴れようとしていたゴールドローズクィーンドラゴンの抵抗が、だんだんと弱くなっていく。

 ある程度弱くなったところで、俺は念術を解いた。



<ぐ……ここは?>



 ミカの予想通りだったね。

 ちゃんと意識が戻ったみたいで、暴れることなく金薔薇竜は首を動かしながら辺りを見回す。

 そして、俺とミカの姿をその大きな目でとらえた。



<む…我を破りし少女らか…>

「うん、久しぶりっ!」



 俺はゴールドローズクィーンドラゴンに向かって手を振った。



<あぁ…赤髪の少女…。汝はまた後で…と言っていたな。それが今、というわけか>

「そうだよ」

<我に対する口調が軽くなっておらぬか?>

「だって、君はボクに倒されたじゃない」

<むぅ…>



 見るからに、ショボーンとうなだれている。少し可愛い気がしなくもない。

 やっぱり、このドラゴンは魔物としては少し変わってる気がするなぁ…。

 俺が知らないだけで、もしかしたら、ドラゴンはみんなこうなのかもしれないけど。



「そうそう、今は君を倒してから2ヶ月経ってるよ」

<ほぅ…そうなのか…で? 我を蘇らせた方法と理由は何だ?>



 ゴールドローズクィーンドラゴンはその場に正座をするように座り(?)こみ、質問をしてきた。



「方法は、まぁスゴイポーションを使ったとだけ。理由は君に実験を手伝って欲しいから」

<実験……?>

「そう、実験」



 俺は、マジックポーチからスキルカードを2枚取り出した。一方は『眷属契約』で、一方は『人間化』。



「スキルの効果を試したいんだよ」

<なるほど…な>

「……あれ、抵抗しようとしないのかな?」



 いやにおとなしいゴールドローズクィーンドラゴンを不思議に思ったのか、ミカは俺に質問した。

 それに答えたのはドラゴンだった。



<緑髪の少女よ、あの時は冷静でなかったからわからなかったが……今思えば汝らは、SSランク亜種である我を瞬殺した。だから抵抗しても無駄だと考えたのだ。汝らは正直…化け物だ>



 化け物に化け物と言われてしまった。

 確かに、化け物的な強さを持ってるかもしれないけど…心外だなあ。これでも俺とミカは絶世の美少女なんだけど…。

 まぁ、俺達の美貌はドラゴンにはわかんないか?



「化け物かぁ……」

<おぉ…これはすまぬ。見た目はこの上なく可愛らしいのだがな…実力が…>


 

 あれ? 意外だ、ドラゴンが人間の俺とミカを可愛いと申すか。

 わかんないとおもったんだけどな。

 



「魔物にも人間を可愛いとかって思う感情ってあるの?」

<ドラゴンのように、一定の知能を持つ魔物はある。他は知らん>

「でも、ずっとダンジョンに居たゴールドローズクィーンドラゴンは、他の誰と比較して私達を可愛いって思ったの? 可愛いって評価は嬉しいんだけどね」

<母なる迷宮から与えられた知識からだ>



 母なる迷宮…あのダンジョンね。

 よく考えたら、今からすることなすこと全部、あのダンジョンから手に入れたものだな。

 案外、スケールの大きいダンジョンだったのかも。

 俺が強すぎてわかんなかっただけで。


 …と、話が逸れ過ぎちゃった。本題に移ろう。



「じゃ…そろそろ本題ね」

<む…我も生き物だ。痛みは好ましくない。手加減してくれよ>



 痛いのを嫌がるのか。それは確かに誰だってそうだけど…やっぱり、このドラゴンは面白いな、なんか。



「大丈夫、痛くないと思うよ。でね、2つやりたい実験があるんだけど、君には選んで欲しいんだ。どっちをやりたいか」

<ほぅ…我に選ばせてくれるのか>

「うん、成功したらボクから召喚される召喚魔になるか……成功したら人間になるか、だよ」

<人間になるか…だとっ!?>



 ドラゴンは妙に人間になるほうに食いついた。



「あっ…人間になるのは嫌だった?」

<いや、違う…選ばせてもらえるのなら、我はそちらが良い>

「それまた、なんで?」

<……人間は話し、笑い、恋をする。ずっと一人だった我としては、羨ましいのだ。まぁ、ほとんど眠っていたのだが……>



 話しをして、笑って、恋がしたい…か。

 そっか、人間になる方を選ぶか…。

 ちょっとミカに相談しよう。



「わかった、じゃあちょっと待ってて」

<うむ>



 俺はゴールドローズクィーンドラゴンを待たせて、ミカと相談を始めた。



「ね、ね、どうしよう。人間が良いって」

「なら…人間にしてあげたら?」

「もしかしたら、万が一、この家に住まわせることになるかもだけどいいかな?」

「私達の仲を邪魔しなければ構わないよ、私は」

「そっか」



 俺は、ドラゴンの方を向き直す。



<相談は終わったのか?>

「うん、今から実験を始めるね」

<あぁ…>



 俺は、眷属契約のスキルカードをバックにしまい、人間化のスキルカードをゴールドローズクィーンドラゴンにかざした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます