第189話 報酬と感謝

 国王様の部屋の前に着いた俺は、ドアをノックした。



「ん? 誰だ」

「アリムとミカです」

「おおっ! 入りなさい」



 俺とミカは言われるまま、国王様の部屋に入った。

 ミカはキョロキョロと部屋の内装を見ている。 

 まぁ、来るの初めてだし。



「そこにかけるとよい」

「はい」



 俺は前に座ったことがある椅子に座った。

 この象の模様…ベヘモットだったんだよね。



「お話とはなんでしょうか? メフィストファレスとヘレルさんの事ですか……?」

「いや、あやつらの判決はまだだ。しかし、色々と要件があってな」



 ミカは国王様に、そうたずねた。

 ミカから言うなんてめずらしいじゃん。

 国王様は続ける。



「うむ…まずはお主ら二人共をSSSランカーに昇格させるということじゃな」



 まぁ、それはそうだろう。

 俺は悪魔神サマイエイルを封印どころか完全に消滅させた。まあ、それは愛長さんが強制契約の代償に使ったからでもあるけれど。


 ミカは一気に数万の敵を一人で倒したからだね。それを国王様達は直で見ていたし。



「ありがとうございます! 国王様」

「ありがとうございます」

「うむ、これは公衆の面前でも発表するからな。……さて次だな」



 国王様は指をパチリと鳴らした。

 すると、滑車付きの大きな台を持った使用人が4人、この部屋に入ってくる。

 台の上には白い布が被せられていた。

 

 その台は国王様の前で止まり、使用人達はこの部屋から出て行った。



「国王様、これは?」

「おお、ミカよ。お主ら二人への…御礼と報酬だ」



 国王様は立ち上がり、白い布をバサリと取る。

 そこには何枚もの大金貨が積まれていた。

 この数の大金貨……圧巻だ。



「す…すごい量ですね」

「ああ、これは3万枚ある」

「ふへっ!?」



 だ…大金貨……3000枚!?

 およそ3億ベル…日本円にして30億円!



「さ…3億ベルですか?」



 驚いたミカが、国王様にたずねる。



「そうだ…しかし、ここにあるのはほんの一部。今は戦利品の精算ができておらぬからこれ程しか渡せぬが……全ての精算が終われば、残り197億ベルを渡せるだろう」

「……ぅゎ……」


 

 計200億ベル……!?

 つまり、2兆円か。

 ドルに直したらおおよそ20億$。


 ミカも俺も、開いた口がふさがなくなっている。



「えっ…あの…その…それ…あの…これ…」

「アリムよ、言葉が言葉になっとらんぞ。驚くのも無理はないが…少し落ち着け」



 落ち着いてられるかよ。2兆円だぞ!? 2兆円。

 一緒働かずに生きていけるとかそういうレベルじゃねぇ。

 日本なら…人生で……諸説はあるけど、結婚込み、所帯込み、子供の養育費込みで、老後もゆとりがある、そんな生活に必要な賃金が仮に2億5000万だとして……人生を8000回はおくれる。


 やべ、心臓がばくばくいってる。

 昨日と同じくらい。

 ミカも震えてるように見える。

 

 

「ぽ…ふぉんとぅに…ふぉくたちのお金なんれすか?」

「そうだ。ミカの倒した敵の数や、アリムの活躍を数字として算出し、それでこの額だ」

「ふぇぇぇぇ………」



 俺とミカは顔を見合わせた。

 変な汗も出てくる。



「二人共…一旦深呼吸したらどうだ?」

「ふぉぁい、しょーしまひゅ」

「ふぇぇぇぇ………」



 俺とミカは言われた通り深呼吸をする。

 それもぎこちないが、少しは心が落ち着いた。



「落ち着いたか?」

「はい、いくらかは」

「ぇ…ごめんなさい…」

「まぁ、よい。…最初は御礼を何にするか悩んだんだぞ? アリムは自分でアイテムを作り出せるからな。アイテムなんぞは要らぬだろう」



 確かにそうだ。

 今更アイテムなんか貰っても意味がない。



「それと…爵位、あるいは一定の地位を与えようと思ったが、それは勇者という地位と、SSSランカーという地位がすでに確立されている」



 確かにそうだ。

 あの他国から来た人達の俺に対する対応を見ると、勇者という地位はかなりのものだとわかる。

 それにSSSランカーだ。

 確かに地位もいらないだろう。



「と、いうわけで金…ということになった。すまないな、本来ならばアリムは十分な資産を持っている。金も不要だったろう。しかし、できる礼がこれしかないのだ、許せ」


 

 いや…お礼をちゃんとしてくれただけでも十分だよ。

 でも…俺ら二人に200億ベルなんて渡して大丈夫なのだろうか?



「ボク達二人だけに200億という大金、渡しても良かったのですか? 例えば参加してくれた冒険者や国に払うお金、被害修復とか」

「それは問題ない」



 すこし、ニヤリと嬉しそうな顔をしながら王様は言った。

 なるほど、何か儲けでもあったのかな?



「と、いうのは?」

「まず、この戦争により多大な儲けが出た。敵が人間ではなく、悪魔や魔物だったからな。そ奴らから魔核や素材が手に入る」

「はぁ…で、どのくらいの?」

「魔物と悪魔は総勢…52万2280体おったそうだぞ? 測定器によればな」



 52万2280!?

 おいおい、なんだその数字……。

 おかしいだろ…それにだ。この世界はEランクの魔物ですら一匹から、解体がうまくいけば数千ベルは稼げる。それに敵はCランク以上が多かった気がする。

 確かに、これだけでも200億ベルの心配はいらないだろう。



「これで、この戦争にかかった費用の方は問題ないとわかったか?」

「ええ、で、被害の方は?」

「お主のおかげで全くの無被害だ。敵はこの王都にのみ集中しておったから、近辺の村などにもない。……正直、どこかの屋敷に放火でもあった方が被害があっただろうな。はっはっは!」



 そうだったのか…。

 確かに死んだ人は全員生き返らせたし、壊れた物は一切ない。無被害だ。

 結果だけ見れば圧勝じゃないか。



「というわけだ………本当によくやった。二人共」



 国王様は俺とミカの手を握る。



「それともういくつか、言わせてくれ」



 いつになく、真剣でなおかつ感情が溢れそうな表情をしている。

 国王様は俺らから手を離し、椅子から立ち、王冠を外し、そして…深く頭を下げた。



「……被害を抑えてくれてありがとう! 民を、俺達を……カルナを蘇らせてくれてありがとう! 娘の友でいてくれてありがとう! 俺は……お前達に感謝してもしきれない! 本当に、本当にありがとうっ!」



 いつも割と余裕があったり、冷静だったりする国王様が、俺達二人だけのだけでこんなに頭を下げている姿を見せた。

 


「あ、頭を上げてくださいよ」

「そうですよ、私達はただやるべきことをやっただけで……」

「それでもだ……一人の人間として、感謝させてくれ」



 国王様はそのまま数分、頭を下げたままだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます