第168話 契約不成立

「というわけだ………俺は……エルを救うために…メフィラド王国を裏切った」



 ヘレルは申し訳なさそうにそう言った。



「へぇ、そうかい。俺らが知ってる物語の裏がそんな風になってたとはね。ふっ……なんだか、俺の知り合いにあんた、似てるよ」

「そいつも国を裏切ったのか?」



 ギルマーズはその問いに首を横に振る。



「いんや、相手を想うってことに関してだ。そいつは一人の奴隷を自由にするために、この国から奴隷の制度そのものをなくしやがった」

「そうか……そいつは俺と違って凄いのだな……同じ他者を想うことだというのに、そいつは多くの人を救った。しかし俺は…結局…」



 ヘレルは再度、目に涙を浮かべた。

 悔しそうに、唇もかんでいる。



「確かに、あんたが国を裏切ったのは勇者として許されることじゃないぜ? だが…」

「だが……?」



 ヘレルとギルマーズは互いに一瞬、無言となったが、ギルマーズは再度話し始める。



「人としては……俺は間違ってない気がするんだよ」

「……そうか…」



 ヘレルはゆっくりと、感慨深く今までを振り返るかのように、瞼を閉じる。



「俺は………どうするべきだったのだろうか」

「さぁな」



 ギルマーズが答えた時、周りにどこからともなく煙が立ちこめた。

 そしてその煙はだんだんと人の形を作っていく。メフィストファレスだ。



「負けたのですね…ルシフエイルさん、いえ、ヘレルさん」



 それは今までのメフィストファレスと違い、妙に人間ぽさが含まれた喋り方であると、ルシフエイルはそう考えた。



「その魔力…お前も幹部だな?」



 そう言いつつ、ギルマーズはメフィストファレスに向かって剣を構えた。

 ギルマーズとルシフエイルの闘いが終わり、ホッとしていた他の者らも武器を構える。



「そうですよ、ですが今、俺は闘いに来たのではありません、少し…この男と話させてください」



 そう言いつつ、メフィストファレスはどこからともなく紙を取り出す。

 ギルマーズや周りの者たちは構えるのを一旦やめた。 メフィストファレスから真剣味を感じたからかもしれなあ。



「ルシフエイルさん、わかってますね?」

「あぁ……」



 身体のどこかを動かそうとせず、ヘレルはポツリと答える。

 その様子を見たメフィストファレスは頷き、紙を破った。



「これで、貴方は死にます。『人間との闘いに負けない』という契約内容の1つが不成立ですからね」

「わかっている」

「そうですか………」



 メフィストファレスは唐突に、ヘレルに向かって頭を下げた。



「実は…貴方に謝ることがあります」

「なん…だ?」

「俺の契約能力では人間を生き返らせることはできません……実は貴方の愛しの人を生き返らせるなら、悪魔として生き返らせてました」

「そ……う…か…」



 そう言われたヘレルであったが、口をニヤリと緩ませた。

 誰が見ても笑っている。

 その笑いは何故か、幸せそうに見える。



「どっちにしろ……無理だったんだ……今更、そんなこと知っても怒る気にもなれない」

「そうですか……ですが、これは私からの謝罪の気持ちです」



 メフィストファレスは地面に手をつけると、そこには黒い影が出来た。

 あの、魔物を呼び出している時の影と同じように見える。


 そこから、一人の女性の死体が浮かび上がってきた。

 それこそ、エルである。

 300年も前の死体だというのが嘘であるかのようであり、見る人が見れば眠っているように見えることだろう。

 そしてその死体をメフィストファレスは持ち上げ、横たわっているヘレルのすぐ横に寝かせた。



「最後だから…か? メフィストファレス、お前……そんな性格だったか?」

「違いますよ、貴方と俺には共通点がある。故のサービスですよ」

「そうか…………」



 ヘレルはエルの死体を抱きしめた。

 と、同時にルシフエイルとしての羽が消えていく。

 周りの者たちは魔力が感じなくなったこと、もう1つ…ヘレルが死んだことに気づいた。




 ____メフィストファレスは広角を異常なまでに釣り上げ、笑った。

 それはメフィストファレスを知っている者が見れば、いつも通りだと答えるだろう。



「さぁて! 私以外の幹部は全員死にました!」



 味方のことなのに、さも嬉しそうにいうメフィストファレスに企みを感じたギルマーズは問いかける。



「どういうことだ? お前」

「ん? まぁ、貴方には理解できませんよ、でも、これから確実に面白くなってまいりまぁぁす!」



 そう言いつつ、どんどんとメフィストファレスの身体は煙化していく。

 ギルマーズが斬りかかったが、その攻撃は鎌によって防がれた。



「ちっ…」



 メフィストファレスは尚も笑い続ける。

 全員は煙となり、すでに何処かへ散ってしまった。

 そして、去り際に意味深な言葉を1つ、ポツリとつぶやいた。 

 もっともそれは誰の耳にも聞こえなかったのだが。



「やっと、帰れる! もう少しだ……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます