第103話 ミカのレベル上げ-4

 ミッションが開始された。

 俺は即座に[剣極奥義・五の滅】を即座に二連で発動させ、目の前のフォレストタートル劣化種を倒した。


 メッセージが出てくる。



【ミッションをクリアしました。〔達成度・伝説級〕宝箱が出現します】



 出てきたのは、かなり豪華な宝箱。その宝箱にミカは駆け寄った。

 ちなみに俺は、すでにフォレストタートル劣化種を解体し回収してある。魔核はAランクの魔核7個だった。


 俺はミカのもとに駆け寄り、こう言った。



「一緒にあけよ?」

「うん」


 

 俺らは宝箱を開けた。

 中から出てきたのは箱。箱の中から箱が出てきた。

 しかし、掌サイズで小さく、なにやら薔薇とドラゴンが描かれている。

 鑑定してみた。



【「ヘルの森の[怒り]のダンジョンの箱型の鍵」


・状態→ 普通

・出来→ 最高

・価値→ 伝説

・材料→ 赤色幻石

     エンチャント

・種類→ 鍵

・説明

この鍵を、ヘルの森の[怒り]のダンジョンの、主の部屋の門の前でかざすと、本当の主と戦える。この箱の中にはアイテムが入れられるが、ダンジョンの中では開けられない。ダンジョンから出ると、この鍵による、本当の主と戦える権利は消える。その場合、再度入手すれば戦える。】



 本当の主……そんなのがあるのか。そして、この中身はダンジョンから出てからでないと手に入れられない……と。

 説明からして何回でも手に入るんだよなぁ…。

 ということは、このフォレストタートルとも何回も戦えるのか。素材が美味しい。


 まぁ、いいや、一回外に出ちゃおっと。

 

 ミカにこの箱の説明をし、外に出た。



「で、どうだった? 初めてのダンジョンは」

「うーん、それなりに雰囲気あったわね」

「でしょ、でもまだ今のところ入って20分しか経ってないんだよ?」

「早っ! どうしよう、一回ステータスを確認してからもう一回入ろうかな?」

「なにを言ってるんだっ!? ミカっ!」



 ミカが一瞬ビクッとした。大声を上げすぎたね。



「あ、ごめん。今朝からずっとアリムじゃなくて有夢に戻ってたから、すこし大きめの声でちゃった」

「う……うん、大丈夫。お話つづけて?」

「うん、それはね。何回も繰り返すから時間が勿体ないんだよ。だからステータスやアイテムの確認は10回潜った後とかの方がいいかなぁーって」

「そ、そうね。それがいいかも」

「なぁ…ごめん、怖かった? 頭撫でるから許して」

「こ…怖くはなかったけど、頭は撫でて」



 俺は数回ミカの頭をナデナデしながら、一つ提案した。



「ねぇ、ミカ。ミカって、何周もする気マンマンだったりしてる?」

「うーん、実は少し面倒くさいって考えてるかな」

「じゃあ今、俺、仲間が経験値をもらえる範囲を広げるアイテム作るから、ミカは外でマジックルームの中で待っていてもいいよ?」

「そうさせて貰おうかな。たまに一緒に参加していい?」

「いいよ」



 俺は一旦マジックルームに篭り、[経験値をこれをつけている者に同じ量与えられる(パーティ契約してる者どうしのみ)]という効果を持った腕輪を2個、30分で作った。


 この二つをミカに渡す。

 ミカはこう言った。



「じゃあ私、外で待ってるね。ご飯作るから、できたらメッセージで呼ぶね」

「うん、じゃあいってくる」

「いってらっしゃい」



 俺はマジックルームルームを出してダンジョンに入ろうとするが、伝えておくことを思い出した。



「あ、そうだミカ、何個か伝えて忘れてることあるんだけど」

「なに?」

「マジックルームは透明になる機能があるから、魔物に襲われる心配はしなくていいよ。所有者の俺と、ミカは在る場所はわかるよ。あと、ステータスは俺が今日、切り上げるまで確認しない方がいいと思う」

「……わかった、気をつけてね」

「うん、じゃあね」



 俺はダンジョンに潜る。

 因みに、20個ある能力上昇の装飾品をフル装備している。

 [トズマホ]の計算によると、俺は今、普通の人の1000倍近くのスピードで動けるみたい。


 だからこのダンジョン、12時までには30週はできると思う。

 


 さて、周回できるだけ周回しますかね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます