第102話 ミカのレベル上げ-3

 少し進んだ先に、次の部屋があった。

 

 次の敵は、蔓の触手が生えている食虫植物のようなCランクの魔物、フレッシュイーター。


 本当は、奴に咲いている花の色は赤いのだが、それが青い。あいつも亜種なんだろう。


 ミカにあいつを倒せるか聞いてみる。



「倒してみる? Cランクの亜種なんだけど、あいつ」

「うーん、やってみようかな。ちょっとさっきより本気だすね」



 そう言って、彼女は弓を構えて放った。本数は10本。さらに技も使った。だが、相手は瀕死ではあるが倒れなかった。



「えー、今ので倒れないの? じゃもう一回」



 ミカは一本矢を放ち、フレッシュイーターは倒れた。

 奴からは3個、Cランクの魔核が出現する。

 俺は一瞬のうちに、フレッシュイーターの全てを回収しておいた。



「早いって、回収するの。目で姿追えないんだけど」


 

 俺の愛しのガールフレンドはそう言った。


 俺らは先に進む。このダンジョンはどうやら、先に進んでも、来た道は閉ざされないっぽい。

 なんという親切設計。



 次の部屋の敵はローズドスネーク、Bランクモンスター。

 その名の通り、頭にラフレシアぐらいの大きさのバラが咲いていて、胴とは別に茨を纏っている蛇だ。

 あれ? ラフレシアで例えない方が良かったかな?

 ともかく、そんな巨大な薔薇と同じくらいの大きさの頭部。

 その頭部に見合った胴。かなり大きい。


 さらに、本来だったら薔薇の色がアリムの髪のように真紅なんだけど、これは濃い赤。

 なんて言うんだっけあれ、ベルサイユの薔薇だったか?



「今回は俺に任せて、ミカ」

「うん、そうする」



 俺は自分を、"周りが遅いように見える"状態となった。

 ちょっと厨二病っぽいけど、今後これを"ゾーン"と呼ぼう。


 ゾーンを発動したら、蛇の動きも、ミカの動きもかなり遅く…いや、俺には止まって見える。

 今だったらミカに好き勝手できるけど、そんなことしないぞ! …..本当だぞ。


 俺は気痛剣を取り出し、4回ほど斬った。そこそこオーバーキルだけど、念のため。

 そしてゾーンを解く。


 ズシンと、ローズドスネークは倒れた。



「……いま、何があったの?」


 

 と、ミカが言うから、



「4回ほど切り刻んだ」



 と、答えた。ミカは肩を潜めた。

 俺は蛇の魔核、2個と素材を回収。



 ここでひとつ、気が着いたことがある。

 この部屋の次が、どうやらボスステージ。あの  巨大な門なのだ。

 目の前にあることを、ローズドスネークに気をとられて門があることに気づかなかった。


 えー、もう終わり? つまんないの。

 ミカも『もう終わりなの?』と言っている。

 

 つまんね。なんかないの?


 そう思って、俺は周りを見渡してみる。


 ………………。


 ………………見つけた。ひとつ異常な場所を。

 ここのダンジョン、実は人工的なのは床だけで、壁や天井は、普通の洞穴の壁みたいになっているんだけど、この部屋の右側の壁の一箇所のスキマが若干、紫色に光っている。

 さらによく見ると、その光っている箇所の下のレンガが数枚、濃い紫色だ。


 あれ、どう見たって隠しルートだろ。


 そのことを、帰ろうとしていたミカに伝える。



「え、すごい! 本当だ! 行こ、いってみよ!」



 俺らはその箇所の前に立ち、スキマを覗いてみた。

 道が続いている。

 この壁を殴って崩した。目の前に広がるのは、紫色のレンガの床の道。


 俺は警戒し、念のために吸魔剣を出しておき、1000のMPを吸わせた。



「ミカ、少し警戒して」

「うん」



 俺らは進み、またひとつの部屋に辿り着いた。

 その瞬間に、頭の中にメッセージが流れる。



【ヘルの森「怒り」のダンジョン の、シークレットステージに入りました。ここでは、ミッションが出されまさす。

 そのミッションをクリアすると、宝箱が現れます。クリアした際の達成度によって、手に入る宝箱の中身が変化します】



 な…なんというゲーム的な場所なんだろう。


 因みに、今、俺らの目の前に亀がいる。しかも背中の甲羅にミニチュアサイズの森ができている。

 こいつはSランクモンスターのフォレストタートル。

 だがこの個体、俗に言う劣化種だろう。


 劣化種とはその魔物の個体の劣化個体で、強さや大きさ、でる魔核は通常種より劣る。

 それでも、前のランクか前のランクの亜種程度の強さはある。

 素材は劣る場合と劣らない場合があるらしいけど、見たところ、こいつは素材は劣らないらしい。

 まぁ、本当のファレストタートルよりも採れる部位は少なくなるけど。

 

 頭の中のメッセージはこう続けた。



【フォレストタートル劣化種を3分以内に倒せ。早ければ早いほど手に入る宝箱の中身が良くなる。それでは、ミッション開始】

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます