懐中の罠

大量の爆竹が破裂するような音が、響き渡った。


ダンテ・タクトロスやトンスがいるのではないかと、ルーアたちが眼を付けたアジトに、間もなく到着するという所である。


前を走るテラントとデリフィスが、眼で合図をする。


目的のアジトは、廃れた商店街にあった。


その光景に、全員足を止める。


アジトの両隣の家は、土台から崩れていた。


路面が陥没し、十数人の軍人たちが倒れている。


アジトの壁も崩れていた。


一階に、兵士が二人。

その奥に、右腕を吊したトンス。


横手に、階段があった。

二階へ上がる途中を、大柄な兵士が塞いでいる。


そして、壁が崩れ屋内が丸見えな二階から、ルーアたちを見下ろす者がいる。


切れ長の眼、通った鼻筋、伸ばした頭髪。


「……女?」


美形の女だと、ルーアは思った。


「……私は、女ではない」


冷たく見下ろす瞳。

声は少し高く、女のものにしか聞こえない。


「……ラフ。ダンテ・タクトロスの右腕のような存在の奴だってよ。ちなみに、男だ」


資料を取り出し、テラントが言った。


ラフとやらが、眼を細める。


「私たちにとっては、面白くない物を持っているようだな。渡してもらおうか」


「『ヒロンの霊薬』となら交換してやるぞ」


テラントが軽口を言いながら、懐に資料を仕舞う。


「……馬鹿が」


ラフが、右腕の袖を捲った。


「うわっ……」


ユファレートが、怖気を含んだ呻きを漏らす。


そこにあるのは、無数の眼。


(『悪魔憑き』か……)


ぼろぼろと、眼球が転がり落ちる。


ゆらゆらと宙をたゆたい向かってきた。


デリフィスが、剣を抜き踏み出す。


なにかおかしい。

ルーアはそう感じた。


眼球は、斬れと言わんばかりのゆったりとした速度で移動している。


ラフの、余裕の表情。

破裂音。破壊の光景。倒れた軍人たち。


「待てっ!」


ルーアが制止した時には、すでにデリフィスは後方に跳躍していた。


歴戦の経験が、なにかを察したのだろう。


「ユファレート、防御頼む」


ルーアは眼球の一つに指先を向けた。


「ライトニング・ボルト!」

「ルーン・シールド!」


同時に、ユファレートの凜とした声が響いた。


電撃が眼球を貫く。


ルーアたちを包み込むように、ユファレートの魔力障壁が展開する。


電撃が命中した眼球が、破裂した。


衝撃が周囲の眼球にも伝播し、次々と破裂が連鎖していく。


魔力障壁越しにも、衝撃が伝わってきた。


「厄介な力だな……!」


衝撃波が収まり、ルーアはラフを睨み上げた。


衝撃のためか片膝をついたラフの右腕からは、今なお眼球が落ち続けている。


下手をしたら自分自身も巻き込む恐れがある能力だが、上手く使われたら近付くこともできない。


「フォトン・ブレイザー!」


ラフに放った光線は、あっさりと魔力障壁で防がれた。


魔法使いとしての実力があることは、今の魔法だけでもわかる。


眼球が、二階から転がり落ちてくる。


遠距離からの魔法も簡単に通用しないのならば、眼球に動きを制限される前に、とにかく接近戦に持ち込むことだ。


デリフィスが、階段へと向かう。


集まり始めた野次馬を気にしながら、ルーアはデリフィスに続いた。


一階では、ユファレートが放った光線が兵士を撃っていた。


転がりながらかわした兵士は、テラントに顎を踏み砕かれている。

そのままトンスに迫るテラント。


「フレン・フィールド!」


力場を発生させて、押し返そうとするトンス。


トンスは、テラントとユファレートに任せていいだろう。


まだ負傷の影響はあるはずだ。

そんな状態で、二人をあしらえるはずがない。


ならばこちらは、デリフィスと共にラフを潰す。


階段の上から、大柄な兵士が大剣を振り下ろす。


受け止めるデリフィス。

その肩や膨ら脛の筋肉が膨張する。


兵士を押し返し、体勢を崩させたところで頭蓋を断ち割っていた。


その脇を通り抜け、ルーアは階段を駆け上がる。


舌打ちした。

ラフとの間に、すでに無数の眼球が浮かんでいる。


破裂させればラフを巻き込めるだろうが、同時に自分たちも只では済まない距離。


(だったら……!)


ルーアは、瞬間移動の魔法を発動させた。


まだ眼球のない、ラフの背後に転移する。


瞬間移動は、術者にかかる負担がでかい。

眼が回るような感覚。

それでもルーアは、剣を振り上げた。


「……!?」


息が詰まるような圧力。

眼前に、光が点ったラフの掌。


魔力の流れを読んだか、こちらの行動を見透かしていたか。


トンスから、負傷した時の状況を聞いていたのかもしれない。


「フォトン・ブレイザー!」


至近距離から、光線が撃ち出される。


間一髪。

身をよじり光線をかわす。


体勢を崩していた。

この距離はまずい。


せっかく詰めた距離だが、ルーアは床を転がり間合いを取っていた。

間を、眼球が埋めていく。


ラフが、微笑んだ。


「じゃあな」


その姿が消える。

瞬間移動の魔法。


伝わる魔法の波動は、二つ。

一階のトンスも、瞬間移動の魔法を発動させたのだろう。


行き先を探るべく、魔力の流れを読んでいく。

天井裏と、外。


仕掛けがあったのか、見上げた天井が、大きく開いていた。


「げっ!?」


事前に設置されていたのだろう、何十の、いや、何百という眼球が転がり落ちてくる。


窓からも、眼球が入り込んできているようだ。


アジトの周辺全てを、取り囲んでいる。


魔法が使えないテラントとデリフィスには、脱出口がない。


「みんな集まって!」


ユファレートの叫び声。


デリフィスが、階段の手摺りを跳び越える。


なぜ、兵士が少ないことに違和感を覚えなかったのか。


このアジトは、罠だったのだ。

敵を殲滅するための、巨大な罠。


歯噛みしながら、瞬間移動を発動させてユファレートと合流する。


目眩を感じて、ルーアは膝をついた。


テラントは、すでに身を低くしている。


「ラウラ・バリア!」


ユファレートの声が響き渡り、ルーアたちの全身を淡い光の衣が包む。


魔法を連発、それも瞬間移動を発動させかなり辛いが、ルーアも魔力障壁を展開させていた。


さらにそれを覆い被すように、ユファレートの魔力障壁が拡がる。


「バルムス・ウィンド!」


外。おそらく、トンスの声だろう。


暴風がアジトを揺るがし、それが眼球へと伝わり、そして破裂した。


「う……おおお……!?」


「ぐっ……!」


二重の魔力障壁、そして光の衣の上から、何百回分の衝撃に体を叩かれ、みなの口から苦悶の声が漏れる。


しばらくして衝撃が収まったあとは、視界が暗かった。


どうやら、崩れた屋根や壁に生き埋めになっているようだ。


力場を発生させて押し拡げ、瓦礫をどかしていく。


テラントとデリフィスがすぐに立ち上がった。


ユファレートは、倒れ込んでいる。


負傷はしていないが、身を起こせないようだ。


衝撃や瓦礫のほとんどは、ユファレートが魔力障壁で受け止めた。


その分負担は、ユファレートにかかる。


ルーアとユファレートの役割が逆転していたら、ルーアは魔力を使い切っていただろう。


金属の澄んだ音がした。

眼をやると、短剣が石畳の路面で撥ねている。


トンスが、投げ付けられた短剣を力場で弾いたようだ。


トンスとラフが睨む先にいるのは、パナとドーラを連れたティア。


テラントとデリフィスが、ラフとトンスとの距離を詰めていく。


ティアも、小剣を抜いていた。


路地に駆け込むラフとトンス。


ルーアも、二人を追った。


「止まれ、ティア!」


路地に入りかけたティアを、テラントが制止した。


デリフィスも、路地に入らず踏み止まっている。


ルーアも、路地の入り口にいるティアたちに追い付いた。


「ちっ!」


路地に入ることができない。


すでに、眼球がいくつも浮かんでいた。


その向こうに、逃走するラフとトンスの姿。


魔法で狙撃するにも、無数の眼球が邪魔である。


間を通すには精密な制御が必要であり、自信はない。


もし眼球を破裂させれば、衝撃はこちらまで至るだろう。


攻撃魔法を放った直後の魔力障壁で、果たして防ぎきれるか。


これも自信はない。

防御魔法は人並みにしか使えないのだ。


「そうか!」


なにも、魔法で狙撃する必要はない。


あらゆる武器の扱いを、ストラームとランディに仕込まれてきた。


「よこせ!」


ルーアは、ティアのスカートの中に手を突っ込んだ。


「んぎゃああああっ!? ちょっ……!?」


確か、ティアの右太股に巻き付けてあるホルダーには、投擲用の短剣が差してあるはずだ。


短剣の投擲ならば、細かい魔法の制御よりも余程自信がある。


もし失敗しても、しっかりと魔力障壁を発生させることができる。


短剣を、眼球の間を通すように投げ付けてやれば。


拳。


「ぶっ!?」


なぜかいきなり、ティアに拳を鼻面に叩き込まれて、横転する。


「いっ……!」


鼻腔の奥に血の匂いを感じながら、ルーアは跳ね起きた。


「……いきなりなにすんだ、お前は!?」


「こっちの台詞よ! なにいきなり堂々とセクハラかましてきてんのよ!?」


「はぁっ!? なに言って……」


「阿呆……」


ぼそりとデリフィスが呟き、別の道を捜す。


路地を回り込むつもりなのだろうが、すでにラフとトンスの姿はない。


瞬間移動の魔力の波動だけが伝わってきた。


ある程度本体と距離が離れると、存在を保てないのかもしれない。

眼球は、宙に解け崩れていく。


もう追跡は無理だろう。


「……お前のせいで、逃がしたじゃねえか」


「あたしのせい!? あたしのせいなの!? ルーアが悪いんじゃない! ねえ、どう思う、テラント!?」


「……ん……まあ、なんつーか……戦闘バカが戦闘にのめり込むとこうなるんだな……天然て怖いなと思った」


かつん、と背後で音がした。

ダメージが抜けたのか、杖で路面を叩いたユファレートが立っていた。


かなり厳しい視線をルーアに向けている。


「ねえ、ルーアって魔法使いよね……?」


「ん? おお、そりゃまあ、一応……」


「なんで魔法で撃たなかったのよ?」


路地の状況は、ユファレートの位置からでも見えていたのだろう。


そして、はっきりと不機嫌だった。


「……いや、だってな、あの状況じゃ、魔法を通すなんてできないだろ………」


「で・き・る・わ・よ!」


余りの剣幕に、後ずさってしまう。


ユファレートから、衝撃波が放たれた。

近くの街路樹を撃つ。

舞い落ちる、何十もの葉。


次いで、ユファレートは杖を振った。


光弾が、宙を舞う葉を貫いていく。


「いきなりなにを……」


呻くルーアの横で、ユファレートが無言で風を操り、落ち葉を足下に集める。


何十の葉は、全て中央を撃ち抜かれているようだった。


超がつくほどの精密なコントロール。


「この程度の魔法制御、わたしは小学校低学年のうちからできたわ」


「……いやぁ、ユファレートさん……。あなたと一般の魔法使いを比べるのは、どうかと……」


「精進が足りないのよ!」


「……あ、はい、すみません……」


ぴしゃりと言い放つユファレートに、ルーアはうなだれた。


魔法が関わると、ユファレートは人格が変わる。

こうなると、誰も逆らえない。


ユファレートも、いきなり殴り付けてきたティアも、ルーアのことを睨みつけている。


(なんで懸命に戦ったってのに、俺ばっかりこんな眼に遭わないといけないんだ……)


左右から睨まれて肩身が狭い想いをしながら、ルーアは痛む鼻を摩った。


◇◆◇◆◇◆◇◆


警察の眼が、崩壊した『コミュニティ』のアジトに向いている間に、ルーアたちは場を離れた。


事情聴取など受けている暇はない。


公園に戻った。

ユリマが入院していた病院の近くの公園である。


「……なんでユリマが攫われる?」


ティアから病院で起きた出来事を聞き、ルーアは呻いた。


テラントを見ると、難しい顔をして腕組みしている。


ユリマは標的にならないと言ったのは、テラントである。

その説明に、ルーアも納得した。


『コミュニティ』の目的は、王宮に保管されている『ヒロンの霊薬』の奪取であり、そのためにキュイに脅しをかけている節があった。


ユリマは、キュイの知人である。

重病人でもあった。


完治には『ヒロンの霊薬』が必要であり、残された時間は余りない。


ユリマを攫わなくとも、人質にしてるような状態だった。


協力して『ヒロンの霊薬』を手に入れなければ、ユリマは死ぬぞ、と。


「目的が、変わった……?」


ユリマを拉致し、なにをするのか。


「ロデンゼラーにおける『コミュニティ』の戦力は、激減している」


テラントが、資料をめくりながら言った。


「王宮の『ヒロンの霊薬』を奪うなど、不可能に近いだろ。それくらいの判断は、つくはずだ。だったら、どうするか。お前なら、デリフィス?」


「ロデンゼラーに留まるのは、得策ではない。俺なら、速やかに街を脱出する」


ティアの話では、ダンテ・タクトロスは『氷狼の棺』を持っていたらしい。


冷蔵保存ができる魔法道具である。


中身は、熱や湿気に弱い『ヒロンの霊薬』と考えていいだろう。


それをラグマ政府に奪われることだけは、避けたいはずだ。


今のロデンゼラーに留まり続けることは、ダンテたちには危険過ぎるだろう。


「街から脱出か……」


資料の一枚を、テラントはテーブルに置いた。


詳細なロデンゼラーの地図であり、脱出に使われるであろうルートが描かれている。


ユファレートが、地図のラグマ王国全土の頁を開き、隣に置く。


方角が逆であり、無言でティアが向きを直した。


「一番使われる可能性が高いとされているのは、西の脱出ルートだな。次に、南東。北東も有り得るが……」


「西か……」


ルーアは、地図を見つめた。


西にロデンゼラーを出れば、すぐにズターエ王国との国境である。


国境を越えて数日行けば、ズターエ王国王都アスハレムだった。


ラグマ王国とズターエ王国は、大陸南部を二分しているが、互いの王都が国境に近い。


長年敵対しているからかもしれない。


引く気はないという、意地の張り合いに思えた。


南東には、バーフィールという村があったはずだ。


北東にも街や村があり、そこからさらに東は砂漠地帯、北はレボベルフアセテ地方で山深い。


「……俺なら、西に行くな」


地形を思い浮かべ、ルーアは言った。


国境を越えるのは困難だが、ズターエ王国に逃亡すればラグマ政府は手出しできない。


「アスハレムまで逃げてしまえば……あそこは、まだごたごたしてるだろうからな」


アスハレムでは、二ヶ月ほど前に事件が起きた。


まだ、街は落ち着いていないだろう。


他国から流れてきた『コミュニティ』の構成員に、構う余裕はないはずだ。


「……じゃあさ、ユリマちゃんを攫ったのは、人質として国境の警備とか突破するため?」


「そういうこと……なんだろうけどな……」


聞いてきたティアに、ルーアは返した。


「うーん……」


ティアが唸る。

ユファレートは、小首を傾げていた。


ルーアも、釈然としないものを感じた。


人質にするならば、もっと適した人材がいるだろう。


ユリマは重病に侵されている。

余り考えたくはないが、人質として盾にする前に、命が尽きることも有り得るだろう。


なぜ、ダンテ・タクトロスはユリマを拉致したのか。

本当に、人質目的なのか。


ラグマ政府が、少女一人を人質にされたくらいで、『ヒロンの霊薬』を所持する者の逃亡を許すのか。


ユリマ。

キュイの知人の忘れ形見。


拉致された事実にもっとも動揺するのは、キュイだろう。


ロデンゼラー南西を守備する、ラグマ王国の副将軍。


南西の山々に拠る、ラグマ政府に帰順していない少数民族への備えである。


閃くものがあった。


「わかった……」


呟いて、ルーアは手元に地図を引き寄せた。

みんなが注目するのがわかる。


「あるじゃねえかよ……ズターエよりもずっと近くで、尚且つラグマ政府が手を出しにくい所が……」


ルーアの地図を見つめる視線を追ったか、テラントが短く声を漏らす。


ルーアは、頷いた。


「ロデンゼラー南西にある険しい山中。ここに、ラグマ政府に帰順していない、多くの少数民族が暮らしている。ここなら、ラグマ政府といえど、おいそれと手出しはできないはずだ」


「……今朝、マナ族の進攻があった、って言ってたな」


テラントが、眼付きを鋭くする。


マナ族を撃退したのは、キュイだという話だった。


「マナ族とは、比較的交渉が上手く進んでいたはずだ。それがいきなり攻めてきたってことはだ……」


「『コミュニティ』の謀略が働いているってことか、テラント?」


「おそらくな。マナ族の進攻は、『ヒロンの霊薬』奪取のための牽制だったんだろ。だとしたら、他の多くの民族にも、働き掛けがいってると考えていい。マナ族だけじゃ、たいした脅威にはならんからな」


「他の民族とも、繋がりがあるってことになる。まずいな……」


ダンテたちは少数民族に受け入れてもらいやすい状態にある、ということである。


そして、ラグマ政府は手を出しにくい。


少数民族を懐柔する政策を採っており、長年交渉を続けていた。


山へ攻め込めば、これまでの労苦が水の泡となる。


引き渡すように要請するにしても、見返りになにを要求されるかわからない。


強硬な態度をとったら、当然反発があるだろう。


「ダンテたちは、山へ逃げる気だ」


「でもさ、今朝の騒動で、山もラグマ王国の兵士に警戒されている状態じゃないの? 難しいんじゃない?」


ティアが指摘し、テラントは首を横に振った。


「そうでもないさ。ラグマの兵士っていってもな、全部が全部精鋭じゃない。王直属の部隊、ズターエやザッファーとの国境警備隊、進攻部隊……まあこの辺りが、最精鋭だな」


節くれだった太い指で、地図を指していく。


「少数民族の相対する部隊なんて、弱兵もいいとこだ。新兵や、老兵ばかり。余り圧力を掛けすぎると、交渉に支障が出るからな。ただ、例外はある」


例外がなにか、ルーアにはすぐにわかった。


「キュイさんの部隊だな」


「そうだ。キュイの奴が血眼になって調練してるからな。あの部隊だけは、傑出している」


「ユリマとかいう娘を人質に、部隊の動きを制限させる気か。だがそれで、あの男が止まるか?」


今度は、デリフィスが指摘した。


キュイは、生粋の軍人である。

命令があれば、誰が人質になっていようと突撃するだろう。


「直線的に、キュイに脅しをかけるつもりじゃないんだと思う」


テラントが言った。


「俺は元々、ラグマ王国に仕えてたからな。ロデンゼラー南西守備隊の総責任者を、少し知っている。キュイと同じ副将軍の位だが、立場はキュイよりも上。そして、キュイと上手くいってない」


キュイは、二十代半ばだったはずだ。


副将軍としては、かなり若い。

部隊の指揮能力は、卓抜したものがある。

当然、妬みなどはあるだろう。

出る杭は打たれる、というやつだ。


「そいつが、ユリマが捕まった事実を知ったら、裏切りを疑われキュイは待機命令を出されるだろう。手柄を立てる機会を奪うって意味もある」


「やっぱり、南西の山に逃げるつもりだろうな。急がねえと……」


ここは、街の南西地区である。

もう、ダンテたちは街を脱出しているかもしれない。


だが、ユファレートが疑問を投げ掛けた。


「南西の山に向かったって決め付けちゃっていいの? 他のルートは? この西とか……」


「……」


南東や北東のルートは、かなり遠い。


兵や警察が街に充満している今、脱出は不可能に近いだろう。


だが西地区は、ここから近い。

脱出に使われるであろうとされているのは水路だが、その近辺のアジトは制圧されていなかった。


ユリマを攫ったのは、こちらを惑わすためだけかもしれないのだ。


「ここで間違えたら、もう追い付けないような気がするの」


「そうだな……」


ルーアは、テラントとデリフィスに眼をやった。


二人とも、難しい顔で地図を睨んでいる。


「……本命は、南西だ。だから、念のため誰か西に行くとしても、余り人数を割くことはできない」


アスハレムでの一件の時もそうだったが、こういう時は人数の少なさが痛い。


単独行動を強いることになるかもしれない。


そして、単独だとしたら、ルーアかテラントかデリフィスが向かうしかないだろう。


一人でダンテたち全員と戦うのは厳しいため、軍や警察と衝突している隙を狙い、ユリマを助け『ヒロンの霊薬』を奪わなくてはならない。


ティアでは、危険過ぎるだろう。

パナやドーラは、そもそも戦えない。

ユファレートは、必ず道に迷う。


一人で行くとしたら、ルーアかテラントかデリフィスか。


デリフィスが、いきなり地図を手に取った。

無言で、凝視している。


「……デリフィス?」


「俺が行こう」


しばらくして、低い声音でそう言った。


意外な発言だった。


ルーアたちの中で、最も好戦的なところがあるのは、デリフィスだろう。


外れの可能性が高いところを、自ら選ぶとは。


「……いいのか?」


「ああ」


地図から眼を離さず、頷く。


「……なにかあるのか?」


「……いや、別に」


なにか理由はありそうだが、語る気はなさそうだ。


「……じゃあ、まあ、取り敢えず決定だな。デリフィスだけは西に行く。俺たちは南西だ。それで……」


「ちょっと待ちなよ」


今まで黙っていたパナが、遮った。


「あんたら、意図的に話すのを避けてるみたいだけど……そろそろはっきりさせた方がいいんじゃないかい?」


腰に手を当てて、ルーアたちの顔を見回す。


「『ヒロンの霊薬』を手に入れて、その後どうすんだい?」


「……」


みなが押し黙った。


『ヒロンの霊薬』が全土で不足している。

それが問題なのだ。


一度息をつき、ルーアは口を開いた。


「ラグマ王国執務官ジェイク・ギャメは、言ったんだってな。シーパルの命よりも、ロデンゼラーの子供たちの命の方が優先だと」


それを、責めるつもりはない。


命に優先順位があるのは、当然のことだと思う。


命は平等ではなく、平等に誰にでもある、というだけなのだから。


「俺にも、優先順位はある。シーパルの命は、見ず知らずのロデンゼラーの子供の命よりも、上だ。ユリマも……」


儚く、壊れそうな少女。

生きることを、諦めたような瞳。

重い病のため、明日をも知れぬ命。


「少しだけだが、面識がある。キュイさんにとって、大事な存在でもあるだろ。ロデンゼラーの他の子供よりは、優先するつもりだ」


「じゃあ……」


確認するように促すパナに、ルーアは頷いた。


「ダンテ・タクトロスから、『ヒロンの霊薬』を奪う。それで、シーパルとユリマを助ける」


「ラグマ政府を、敵に回してもかい?」


『ヒロンの霊薬』を私事で使用することは、ラグマ王国では反逆罪となる。


「リーザイ王国まで逃げ延びれば、大丈夫だ。俺は、英雄ストラーム・レイルの弟子で、元部下だからな」


ストラーム・レイルという男は、役職こそはリーザイ王国特殊部隊第八部隊隊長に過ぎないが、世界を三回破滅から救った英雄である。


その発言力は、時に一国の王さえ凌ぐ。


「それに、考えがある……」


「ダンテ・タクトロスか」


さすがにデリフィスは鋭い。


「そうだ。この際、ダンテ・タクトロスに罪は全部被ってもらおう」


ダンテ・タクトロスは、これまでの経緯を見ても、敵である。


生きている間は、これからも敵であり続けるだろう。


そして、ルーアには敵に容赦するつもりはなかった。


倒すということは、殺すと同義である。


『コミュニティ』を相手取る時は、いつもそうだった。


ダンテ・タクトロスを殺害し、罪をなすりつける。

死人に口無し、という訳である。


ただし、当然すっきりするやり方ではない。


「……ダンテ・タクトロスを倒し、奪い、罪をなすりつける。つまり、やろうとしていることは悪党以下の糞のすることだ。だから、嫌なら手を引いてもらっていいと思っている」


これは、主にティアとユファレートに向かって言った。


テラントとデリフィスは、人を指揮する立場にあった。


部下に、死ねと言っているも同然の命令を出したこともあるだろう。


策略を用いて、敵を罠に嵌めたこともあるはずだ。


汚れることを知っている。


「もう一つ、考え方だが……」


胸の奥に、重い感情がある。


「このままだと、ダンテたちは山に逃げ込む。それを阻止して百本の『ヒロンの霊薬』を奪うってことはだ……」


喉の渇きを感じて、ルーアは唾を呑み込んだ。


「余った『ヒロンの霊薬』は、ラグマ政府に譲る。だから考えようによっては、シーパルとユリマを助けたついでに、『メスティニ病』に苦しむロデンゼラーの子供九十八人を救うってことにもなる。でも、それでも……」


強く、頭を掻いた。


「百人の子供ではなく、九十八人の子供しか救えない。二人、死なせてしまう。そう考えるべきだと思う。背負うべきだと思う」


かなり重たいことだろう。

一生引きずることである。

そして、背負うことから逃げるわけにはいかない。


こういうことには、完全な正解はないのだろう。

きっと、完全な間違いもない。


「わたしはね……シーパルを助けたい。シーパルが倒れたのは、わたしを助けたせいだから」


ユファレートが、小声で呟くように言った。


「オースターは?」


「あたしは……」


ティアは、表情を殺している感じだった。

ただ、口だけを動かす。


「できれば、全員に助かって欲しい。それが無理なら、シーパルやユリマちゃんを選ぶよ……。他人よりも仲間や友達、家族を優先するのは、もしかしたら嫌な考えかもしれないけど、当然なことだと思うから……」


「……決まりだな」


また、犠牲が出る。

ルーアは眼を閉じた。


これまでもそうだった。

無関係な人々を、巻き込み死なせてきた。


仲間や、友人を死なせたこともあった。


ランディがそうだし、シーナもそうだ。


今、シーパルが犠牲になろうとしている。


仲間を、友人を、協力者を、無関係な人々を、敵さえも。

誰も死なせずに剣や魔法を用いた争いを収めるなど、不可能なことなのだろう。


「行こう。ただ、さっきの罠を見ても、ダンテたちは撤退戦に慣れている。油断は一切できないからな」


誰も犠牲にならない戦いなど、誰かのお話か妄想の中にしかないのかもしれない。

現実は、そこまで甘くはない。


それでも、やれるだけのことはやる。


犠牲を減らすために、全力を尽くす。


それが、これまでに犠牲になってきた人々への、礼儀だと思えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます