狙撃

「日照権の問題とかで、訴えられろ」


四階建ての館を見上げながら、ルーアは呻いた。

テラントの両親の家である。


王城の側だった。

間違いなく一等地だろう。


辺りには、必要以上に巨大な館が、いくつも並んでいる。


正午を過ぎていた。

朝からなにも食べていない。


招き入れられて豪勢なランチでも、と考えていたのに、理不尽にもルーアとティアは、足を踏み入れることは許されなかった。


『坊ちゃまの大親友です』と主張しても、なぜか信用されない。


テラントにフォローを求めても、汚物を見るような視線を送ってくるだけだった。


「なぜ俺のことを信用しない……いつも紳士的に振る舞っているというのに……」


館の様子が気になるのか、塀の外でぴょんぴょん跳ねていたティアが、動きを止める。


ルーアに視線を送り、なにか言いたいことがあるのか口を開きかけ、だが思い止まったのか、また館に視線を戻す。


「俺はここに格差社会を見た。裏でなんかやましいことをしているに違いない」


門番たちが、あからさまに不審者を警戒するような雰囲気で、ルーアたちを見ている。


通りすがりの通行人たちも、訝しそうに眺めてくる。


「喉は潤ったが、腹が減った。客人の持て成し方を知らんのか」


家政婦らしいふくよかな女性が紅茶を持ってきてくれたが、すでに飲み干している。


ティーカップは、迷惑そうな顔をしている門番たちに返した。


「とにかく……」


「ねえ、ルーア」


館から聞こえてくる怒鳴り声を気にしていたティアが、溜息をついた。


「さっきからぶつぶつうるさい」


「……納得いかねえんだよ。なんで締め出されねえといけないんだ」


「だって……ルーアって基本、あれじゃない」


「あれ?」


「赤チンピラ、みたいな」


「うるせえんだよ、必殺料理人め」


怒鳴り声は、テラントが館に入った時からずっと続いていた。

テラントの父親のものらしい。


外まで聞こえるくらいだから、相当の声量だろう。


最初はテラントも怒鳴り返していたようだが、今は父親の声しか聞こえない。


内容を聞き取りたいのか、ティアはずっと聞き耳を立てていた。


ルーアは、あまり気にならなかった。


親子の確執など、どこにでも転がっている話だ。


テラントのことだから、怒鳴られてしょんぼりというわけではないだろう。


きっと、シラけた表情で片方の耳に小指を突っ込み、ほじくっていたりしているに違いない。


待つことしばし。


疲れた様子のテラントが、のろのろと館を出てくる。


追い掛けるように怒鳴り声も聞こえてくるが、テラントが玄関を閉ざすとそれも聞こえなくなった。


苛々しながら、ルーアたちの方へ向かってくる。


「くっそ……、こっちの話なんか聞きやしねえ」


ぼやくテラントに、ルーアは口の端を上げた。


「いい気味だ」


「あー、すっげえストレス溜まる。なんかに八つ当たりしたい。誰でもいいから殴りたい」


「物騒なこと言いながら俺の胸元掴んでんじゃねえ!」


「それで、結局どうなの?」


ティアに問われ、テラントが顔をしかめる。


「取り付く島もなかったよ」


息子が危機だというのに追い返すとは、確執は根深いものなのかもしれない。


あるいは、息子なら大丈夫と信用しているのか。


そうだとしたら、なかなか歪んだ父親の愛情である。


「どうするの?」


ティアが、ルーアとテラントを見比べる。


ルーアは、テラントの手を振りほどいた。


「キュイさんの館に戻るしかねえだろ」


結局は、振り出しに戻ることになるのか。


キュイの館を出て、かなりの時間が過ぎている。


ユファレートやデリフィス、ルシタは無事だろうか。


時刻を確かめる感覚で、空を見上げる。


「!?」


いきなり、空を電光が駆け抜けた。

立て続けに、二発、三発。


「なんだ!?」


魔法による遠距離狙撃。それはわかる。


誰が放ち、誰が攻撃されているのか。


発射地点も着弾地点も、ここから何百メートルも離れている。


通りの向こうに見えるビル。


アパートだろうか、屋上から電光は放たれているようだ。


攻撃されているのは。


「……王宮?」


その方角だった。


(……『コミュニティ』か?)


王宮にある『ヒロンの霊薬』を、『コミュニティ』は狙っている。

動き出したのかもしれない。


アパートと王城。

アパートの方がわずかに近いか。


それだけの理由で、ルーアはアパートへ駆け出した。


走りながら、判断が遅れてやってくる。

間違えてはいない。


王城ならば、対魔法使いの部隊もいるだろう。


おそらく、堅固な防護フィールドで守られてもいる。


そちらへ向かうよりも、狙撃手を討つことが最大の援護になるはずだ。


テラントが、すぐに横に並ぶ。


「無理してついてくるなよ!」


少し遅れている背後のティアに、ルーアは大声を上げた。


安全そうな所に、隠れていてくれてもいい。


ある程度の判断力は、ティアにもあるはずだ。


ティアは、黙してついてくる。


どこまでも、安全な所で待つという選択ができない女だ。


ルーアは溜息をついた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


突然だった。

感じ取った、破壊の魔力の波動。


ユファレートは、馬車から飛び出した。


打ち下ろすような角度で、電光が向かってくる。


反射的に魔力障壁を張り巡らすが、電光はユファレートたちを直撃しなかった。


城壁に当たり、不可視の防護フィールドに掻き消される。


だが、再度電光は放たれていた。

防護フィールドの力場の影響か、いびつに軌跡が捩曲がり、堀へと着弾して巨大な水柱を立てる。


三発目。

今度こそ、ユファレートたちに直撃するコースで向かってきていた。


『ヒロンの霊薬』の入手の失敗に、打ちひしがれている場合ではない。


「ルーン・シールド!」


魔力障壁を張り直し、電光を受け止める。


強烈。魔力障壁越しに伝わる衝撃に、ユファレ

ートは歯を噛み締めた。


(わたしたちを、狙って……)


まず、間違いないだろう。

そして、修正に成功したか、狙いが正確になってきている。


突然開始された戦闘に、通りの人々は騒然となっていた。


その民衆の間から、見え隠れするいくつかの殺意。


剣を抜いたデリフィスが、前に出た。


城門が開き、ロデンゼラーの兵士の一団が出てくる。


鎧が対魔処理されているのが、ユファレートにはわかった。

対魔法使い用の部隊だろう。


ユファレートは、馬車の位置まで後退した。


「パナさん、ドーラさん! いざとなったら、お城の方へ逃げてください!」


人々の間を縫い、『コミュニティ』の兵士が向かってくる。


デリフィスが剣を振り上げた。

巨大なハンマーで殴り付けたような鈍い音と共に、兵士の体が真っ二つになる。


民衆から、悲鳴が上がった。

ユファレートはすっかり慣れてしまったが、一般人には刺激が強すぎる光景だろう。


一般人が多い。

直線的な魔法を使うと、巻き込んでしまう。


できるだけ引き付けてから、ユファレートは魔法を発動させた。


「ヴォルト・アクス!」


近接用の電撃魔法が、兵士二人を灼き払う。


すぐに、ユファレートは狙撃されることに意識を向けた。

だが、攻撃はこない。


左右から襲いくる兵士を、ほとんど同時にデリフィスが斬り倒す。


「ヴォルト・アクス!」


ユファレートは同じ魔法を発動させて、また兵士二人を倒した。


そこで、はっと気付く。


「デリフィス、伏せて!」


背後からデリフィスにしがみつき、押し倒す。


これまでよりも数段強力な電光が、遠距離から放たれていた。


狙いは正確になっている。

間が開いたのは、より強烈な一撃をお見舞いするためか。


「ルーン・シールド!」


片膝をついた状態で、周囲の一般人も包み込めるように、できるだけ広域に魔力障壁を展開する。


直後に、衝撃が襲い掛かってきた。


「……っ!」


意識が眩む。

それでも、ユファレートは防ぎきっていた。


おそらく、誰も死んでいない。

だが、魔力の余波を浴びたのだろう。

倒れている人々が大勢いる。


「大丈夫ですかっ!?」


声を上げて立ち上がり。


「ユファレート!」


デリフィスの警告。


「……!」


高度な魔法を放った直後だからだろう。

ごく小さな電光が向かってくる。

だがそれは、死角からの一撃。


視野の死角ではない。


簡単に目視できる。


魔力を探知できる、魔法使いの死角だと表現すればいいだろうか。


魔力が視え、肌で感じ取れる魔法使いは、肉眼よりもまずその感覚で他者の魔法を察知する傾向にある。

ユファレートも例外ではない。


そして、現在は強力な魔法が炸裂した余波で、感覚が乱れている。

そこを突いての一撃だった。


「くっ!」


魔力障壁を発生させるが、不意を衝かれすぎた。


脆い障壁が破壊されて、電光がユファレートの左の掌を撃つ。


「つっ……!」


「ユファレート!」


「大丈夫……!」


顔をしかめながら、ユファレートはロデンゼラーの兵士団に眼を向けた。

キュイも混ざっているようだ。


「デリフィス! パナさんとドーラさんつれて逃げて!」


兵士団は、高度な対魔装備をしている。


盾にすれば電光にも耐えられるだろう。


キュイがいるから、誤解で攻撃されることもないはず。


「お前は、ユファレート?」


「わたしは……止めてくる!」


デリフィスは強いが、それでも遠距離狙撃には無力に近いだろう。


ユファレートが止めるしかないのだ。


瞬間移動の魔法を発動させて、建物の陰へと身を潜ませる。


距離があるため、魔力の波動で行き先を追うことはできないはずだ。


(信用してるからね、誰かさん)


治癒の魔法で、左手を癒していく。


(見失った腹いせに、無差別攻撃なんてしないでよね!)


傷を癒すうちに、少しずつだが冷静になっていった。

冷静にならないといけないのだ。


怪我をしたのは、また左手である。


まるで、なにかの教訓であるかのようだった。


ヴァトムでは、左手首を折られた。

アスハレムでは、左肩に短剣を突き立てられた。

今度は、左の掌を灼かれた。


ヴァトムの時は、ティアがやられたと思い慌てていた。


アスハレムでは、走り回り魔法を連発したため、酸欠に近い状況になっていた。


今は、人々の容態が気になっていた。


いずれも、思考が鈍くなり冷静さを失った時に負傷している。


(冷静になるのよ……)


ユファレートよりも場慣れしているシーパルなら、多分傷付くことなく防ぎきっていた。


割と簡単に冷静さを失うルーアは、それでもなぜか判断を間違えない。


(冷静に、ならなくちゃ……)


電光の発射地点を捜す。


(シーパルが倒れたのは、わたしのせいなんだから……。わたしが、シーパルの分も戦わないと!)


電光の軌跡を、体が覚えている。


見付けた、発射地点。

ビルの屋上。


魔法を撃ち返そうかとも思うが、ビルはアパートのように見える。


下の階層の者が危険だろう。


(もっと近付かないと……)


ユファレートは、建物の陰から飛び出した。


「フライト!」


魔力を探知される恐れがあるから危険だが、飛行の魔法を発動させる。


人は、ユファレートのことを方向音痴だと言う。

だが、追うのは魔法の余韻だ。

迷ったりはしない。


できれば、逃がしたくない。

止めるだけではなく倒したい。


これだけ形振り構わない攻撃を仕掛けてきたのだ。


逃がしたら、今後なにをしてくるかわからない。


まだ数百メートルあるが、探知された。


電光が降ってくる。


飛行の魔法を制御して、なんとかかわした。


恐怖が、腹の底から競り上がってくる。


飛行の魔法は、高度な魔法である。


発動中は、魔力障壁を発生させることができない。

電光が直撃したら、即死だろう。


一旦飛行の魔法を解除するべきか。


だがそれだと、狙い撃ちになるだけ。


(……大丈夫よ、わたしなら!)


唇を噛み締め、死の恐怖を噛み殺す。

全部当たらない。全部かわせる。


ここは、自分の魔法使いとしての腕に自惚れるところだ。

魔法しか、取り柄はないのだから。


唯一できることに自信を持たなくて、今後戦っていけるものか。


降り注ぐ電光をかわしていく。

ビルまでは、あとわずか。


「!」


ユファレートは、前方の人影に気付いた。


ビルに駆け込む、ルーアとテラント。

かなり遅れて、ティアの姿。


(予定変更ね……!)


ビルは十階ほどだろう。

その距離ならば、屋上にいる何者かはティアたちに気付いていないはず。


あの三人がいるのならば、必ずしもユファレートが倒す必要はない。


ならば、囮として敵の攻撃を引き付ける。


ビルまで到着した。

敵の狙いを外すためならビルの裏に回るべきだが、それでは囮の意味がない。


飛行の魔法の高度を変えるのは、さらに術者に負担が掛かる。

重力操作が難しいのだ。


それでも、ビルの壁に張り付くような距離まで近付き、ユファレートは高度を上げていった。

角度の関係で狙撃しにくいはず。


高度を上げる度、体内の魔力がぐんぐん減っていく。


構わず、ユファレートは上昇していった。


ほぼ真上から撃ち落とされる電光を、五回、六回とかわし、ユファレートは屋上へと踊り出た。


屋上に描かれた巨大な魔法陣。

魔法陣の上、狙撃のためにビルの屋上の端に立つローブを着た男の姿。


焦燥した様子なのに、なぜか茫洋とした表情に見える長身の男。


「くっ!」


男が、ユファレートに掌を向ける。


飛行の魔法を発動させているのだ。


受けることも反撃もできない。

かわすしかない。


屋上の扉が蹴り破られた。


駆け出したテラントが、抜き身の剣を男に投げ付ける。


咄嗟に力場を発生させて、剣を弾き返す男。

その背後の中空に、現れる影。


瞬間移動の魔法を使ったルーアだった。

頭上の剣を振り下ろす。


男が身を翻すが、遅い。

男の右の前腕が、ルーアの剣により半ばまで斬り裂かれる。


「あっ……!」


短く悲鳴を上げ血を撒き散らしながら、男はよろけビルから転落していく。


着地したルーアもよろけた。

瞬間移動を発動させたあと、一時的に平衡感覚を失う魔法使いは多い。


飛行の魔法を解除して、ユファレートはビルの端に駆け寄った。


落下していく男の姿。

助かる高さではない。

普通に落下すれば、である。


落下の途中で、男の姿が掻き消えた。

瞬間移動の魔法。


(……やるわね)


男は、魔法を連発していた。

重傷を負い、高所から落下していった。

瞬間移動の魔法は、高難度の魔法である。


失敗する要素はいくらでもあるのに、男は見事に発動させた。


「どうだ?」


テラントも、駆け寄ってくる。


「逃げられたわ」


もっとも、ビルの周辺にはロデンゼラーの兵士たちが集まってきていた。


瞬間移動でどこにいったかわからないが、男は重傷を負っている。


逃げ延びられない可能性も高いだろう。


「まあ、追跡は任せていいんじゃねえの?」


瞬間移動の影響で目眩でもするのか、頭を振りながらルーアが言う。


遅れてきたティアが、息を呑んだ。


屋上の出入り口の側に、焼死体が三体転がっている。


服も焦げ付いているためわかりにくいが、おそらく二人は警官だろう。


一人は、アパートの住民かもしれない。


事前に始末されていたのか、男の暴挙を止めようとして返り討ちにあったか。


「また、犠牲でちゃった……」


陰鬱に、ユファレートは呟いた。

眼を閉じる。


飛行の魔法を長時間使い続けた。

かなりの疲労があるが、それだけが原因ではないだろう。


「ごめん、みんな……。シーパルが……」


「……ユファ?」


ユファレートは眼を開いて、ルーアとテラントの裾を掴んだ。


「来て」


説明しなければ、全てを。

そして、みんなで考えよう。


みんなで知恵を出し合えば、きっとシーパルを助ける方法が見つかる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます