暗躍

彼には、隠し扉を探索する技能などない。


魔法で隠蔽されていれば探知もできるが、人の手で巧妙に隠されていては、なかなか見つけられない。


一見ごく普通の民家であるこの家の主リパラー・ヨゥロに問い掛けても、隠し扉のことは話してくれそうになかった。


だから、彼はリパラーの妻を捕らえ、話さなければ殺す、と脅した。


隠し扉が開かれる。


その時点で彼は、リパラーの妻の、両手両足と喉を焼いた。


逃げられるわけにも、助けを呼ばれるわけにもいかない。


掴み掛かってきたリパラーの両腕も、焼いた。


あと少しの間だけは、殺さない。

確認しなければならないことがある。


隠し扉は、地下室へ続くものだった。


リパラーとその妻を先に蹴り転がし、彼も地下室へ降りた。


かび臭い広大な地下室である。

一体、いくつの本棚があるのか。

そして、何千冊の本が置かれているのか。


おそらく、この全てが、ヨゥロ族についての記録なのだろう。


「……余計なことなど、考えなければ良かったのにな」


ヨゥロ族は、憎い。

殺しても殺し足りない。


他の種族への憎しみはない。


ヨゥロ族に迫害され、追放された者には、憐れみさえ感じる。


苦痛と憎悪で表情を歪ませたリパラーの頭髪は、くすんだ緑色だった。


肌の色は、他のラグマ人と変わらない。


リパラーは、先祖に追放されたヨゥロ族を持つ。

決して、ヨゥロ族ではないのだ。


リパラーの妻の方は、ヨゥロ族の血が流れてはいない。


殺したくはない。


だがリパラーは、ヨゥロ族の秘匿についてのことを知っている。


それだけならまだ良いが、リパラーは秘匿を、シーパル・ヨゥロに伝えようとしている。


それで、消さなくてはならない存在となった。


彼は、地下室を見渡した。


「ヨゥロ族についての記録は、これだけか?」


リパラーが、憎々し気な視線を向けてくる。


「……ああ、これだけだ」


「……本当に?」


彼は、弱々しく呻くだけのリパラーの妻に、掌を向けた。


「待て! やめてくれ! 本当だ! 本当にこれだけなんだ!」


リパラーが青冷め、唾を飛ばしながら喚くように言う。


「……わかった、信じるよ、リパラー。けど、大声を出すのはやめてくれ。わかるな?」


「……あ、ああ……わかった……」


「秘匿について、誰かに話したか?」


「……誰にも、話していない」


「小学校に通う子供が、二人いるな、リパラー」


「なっ……!? 待っ……!」


「今頃、朝の授業を受けているところだろうか?」


「やめ……やめてくれ……頼む……頼む……」


リパラーは、這いつくばり、焼け爛れた両手を組み合わせて、涙ながらに懇願してきた。


「……まだ……誰にも話したことはない……頼む! 信じてくれ!」


「パナ・ヨゥロにも?」


「話してない!」


「……そうか」


嘘はついていないだろう。


這いつくばったままのリパラーを見て、彼はそう判断した。


リパラー・ヨゥロ。


なぜヨゥロ姓を名乗るのだ、と彼は思う。


ヨゥロ族がどんな仕打ちを先祖にしたか、知っているだろうに。


リパラーが、顔を上げた。


「……君が、ヨゥロ族を壊滅させたのだな」


「そうだよ」


隠すつもりもない。


リパラーの瞳に映る彼が、頷く。


緑色の頭髪に、青白い肌。


リパラーも、リパラーの妻も、彼のことを見てしまった。


ヨゥロ族ではない者を無闇には殺したくはないが、殺さないわけにもいかない。


記憶操作の魔法は、少し準備に手間が掛かる。


時間がないのだ。

間もなく、シーパル・ヨゥロがここに到着する。


(シーパル・ヨゥロか……)


ヨゥロ族族長候補だった男。

従兄弟であるパウロ・ヨゥロが死亡した現在、最も秘匿に近い存在だろう。


殺しておくべき者だが、彼が手を下す必要などない。


シーパル・ヨゥロは、ズィニア・スティマが殺そうとしているのだから。


ズィニアならば、彼よりも確実に殺してくれる。


人を殺すという一点において、ズィニア以上の存在などこの世にいない。


ソフィアよりもザイアムよりも、あのストラーム・レイルよりも、ズィニアは人殺しが上手であるはずだった。


ズィニア・スティマは、最悪の殺し屋なのだから。


(シーパル・ヨゥロは、ズィニアに任せればいいとして……)


リパラーとその妻の方は、そうはいかないだろう。


シーパル・ヨゥロが来る前に、消す。


この大量の蔵書も、処分しなければならない。


(やはり、燃やすか)


火事に見せ掛けて、焼く。


最初から考えていたことだった。


だから、リパラーやその妻を痛め付けるのも、炎でやった。


「苦しませはしない……」


彼の掌の先に、炎が生まれる。


「ヨゥロ族ではないのだからな……」


彼は、そう呟いた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


キュイの部下たちが準備してくれた馬車に、シーパルは揺られていた。

パナとドーラもいる。


馬車の周囲は、キュイの部下たちが十人で囲っていた。


物々しいとも思えるが、ありがたかった。


一人では、なにかあった時に、パナやドーラを守り切れる自信がない。


ラグマの軍人が率いる一行を遮るものなど、このロゼンデラーにそうはなく、快調に馬車は進んでいた。


「それで、そのリパラーさんという方のお宅へ、向かってるんですよね?」


対面の座席に座ったパナに、シーパルは聞いた。


ドーラは、狭苦しそうに体を縮めて、寡黙に腕組みをしている。


パナは、その隣で甘えるように彼にもたれていた。


「そうさ」


「どんな方なのでしょう?」


パナたちは、このロゼンデラーに滞在する間、リパラーの家に下宿しているという。


「ヨゥロ族の血を引く人さ」


「ヨゥロ族の……」


「そう。七百年前に追放された、ヨゥロ族のね」


「七百年前ですか……」


途方もない年月である。

そんな時代から、追放などという風習はあった。


そして、考えてみれば当然だが、追放されてそこで人生が終わりというわけではない。


結婚する者もいれば、子を授かる者もいるだろう。

そうして、命は連綿と続く。


「あたしたちはさ、あんま強い立場じゃないからさ」


パナは、フードを脱ぎ、マスクやマフラーも外していた。


「んで、ヨゥロ族の遺伝ってのは、なかなかしぶとくってね。子孫に特徴が残っちゃうことが多いんだよ」


緑色の頭髪、青白い肌、そういった身体的特徴が、望まなくても子々孫々受け継がれていくのだろう。


「一族を追放された者たちは、まず帰る所を失う。外見が違うものだから、社会に溶け込むのも簡単じゃない」


「ええ……」


「……言っとくけど、あんたを責めてるわけじゃないよ」


「わかってます」


シーパルが微笑むと、パナは咳払いを一つ入れた。


「まあ、とにかく、弱い立場だ。だから、弱い者同士、横で繋がるしかなかった。七百年だからね。結構な人数が繋がってるわけだ」


「ギルド……みたいな感じなんですかね?」


「……大分違うような気もするけど。とにかく、それらを管理統括する長……って横の繋がりにその言い方も変だけど……長みたいな人が、リパラーさんさ」


「なるほど……」


そのような立場ならば、多くの情報が流れてくるだろう。


「んで、リパラーさんの御先祖様である追放された人ってのが、元族長らしいのよ」


「えっ!?」


「驚くことでもないさ。魔力が乏しい者は、追放される。言い方を変えれば、魔法使いとして見込みがない者は、追放されるってことさ。族長になれる程の魔法使いが、ある日を境に魔法を使えなくなる。ないことじゃないだろ?」


「……そうですね」


例えば、脳を損傷するような大怪我をしてしまうと、命を取り留めても魔法が使えなくなることがある。


「……追放された、元族長」


ならば、当然知っているだろう。秘匿のことを。


それが、子孫へと受け継がれているのならば。


掌に、じっとりと汗が滲むのを、シーパルは感じていた。


核心に、一気に迫りつつあるのだ。


だが、シーパルは一度気持ちを鎮めた。


リパラーの家に着くまで、まだしばらく掛かる。


「リパラーさんは、普段はなにをされてるんですか?」


「あたしと同じ、薬師さ。あたしよりも、ずっと忙しいだろうけど」


「まあ、ヤンリの村とは人口が違いますからね」


「それだけじゃなくて、ほら、言っただろ。追放されたヨゥロ族の、長みたいな存在だって。たくさんの人の、相談を聞いたりしてるわけよ」


「へえ……」


忙しい人で、余り時間がないとは言っていたが、そういうことか。


「そういえば、お二人がヤンリの村を発ったのは、相当前のことでしたが」


「『メスティニ病』さ……」


パナの表情が、少し陰る。


「流行りかけて、結構患者が出てるだろ? 医者や薬師が集められてるってわけさ。まあ、それだけじゃないんだけどね」


「ん?」


「ほら、『ヒロンの霊薬』を、政府が管理し始めただろ。それはまあ、薬師としては困ることもあるわけよ」


南国では、黄金ほどの価値がある薬である。


確かに、個人で扱えなくなれば、薬師としては痛手なのだろう。


「んでまあ、薬師同士で集まって色々話し合われているんだけど……あとは、察しな」


苦笑しながら言う。


もしかしたら、抗議デモなど計画されているのかもしれない。


「リパラーさんの家まで、もう少しかかるね。なあ、あたしも聞きたいことがあるんだけど」


「なんでしょうか?」


「族長候補にもなると、おかしな訓練を受けなきゃいけないらしいじゃないか。あんたも、受けたんだろ?」


「ええ、そうですね」


幼い頃、従兄弟のパウロと変わった訓練を受けた。


一切の光を閉ざされた洞窟に、数日間閉じ込められたことがある。


一日中、外で突っ立っているよう命じられたこともある。


洞窟の中で、二ヶ月以上眠り続けたこともある。


肌で、感覚で、時間の流れを、空間の動きを把握しろ、と言われた。


心臓を呼吸を、周囲の時間を止めるつもりで、眠り続けろ、とも言われた。


未だに、訓練の必要性を理解しきれていない。


ただ、過去の訓練を思い出すと、妙に感覚が鋭く感じられることがある。


誰がどこで、なにをしているのか。

視界の外の出来事が、なぜかわかったりするのだ。


「一冬、寝て過ごしたりもするんだろ?」


「そうですね。もう、十何年も前にやったきりですけど」


「まるで冬眠だねえ。熊かっての」


パナはケタケタ笑いながら、熊のような夫の膝を叩いていた。


「まあ、あれだ。良家の坊ちゃんも、苦労してるってのはわかったよ」


「はは……」


シーパルは、愛想笑いを返し。

そこで、馬車が止まった。


「あれ? まだ……」


パナが、怪訝そうな顔をする。


窓から通りを見ると、人々が溢れていた。

通行人ではなく、野次馬である。


見つめる先に、立ち上る炎と煙が見えた。


「あの家って……」


パナが、唇を震わせた。


ヨゥロ族は、視力がいい。

時に、見たくないものまで見えてしまう。


ドーラも、眼を見開いていた。


「様子を見てきます」


キュイの部下の一人が、機転を利かせ人々の間を縫っていく。


(……なんだろう……この感じは……)


嫌な予感。胸騒ぎ。

それだけではない。


ズィニア・スティマと出会った時のような、ハウザードと対峙した時のような、背筋を貫くような圧迫感。


様子を見に行ったキュイの部下が、戻ってきた。


「リパラー・ヨゥロの家が、火事です。消防が鎮火に当たっていますが、成人した男女二人の遺体が発見されたようです。おそらくは……」


「……そんな……!」


パナが、頭を抱え呆然と声を上げる。


ドーラも、言葉を失っているようだ。


(……なんで……!?)


シーパルも、当然動揺していた。


真実まであと一歩というところで、リパラーが死んだというのか。


(いや……)


殺されたのではないか。

その考えが、頭を過ぎる。


ヨゥロ族は、壊滅させられた。

パウロも殺された。

秘匿を知る者は、みんな殺されていった。


リパラーも、そうなのではないか。


シーパルが、秘匿に近付いたから。


とにかく、この場にいるのはまずい。


「引き返してください。急いで!」


キュイの部下たちに、言った。

馬車が、転進する。


シーパルは、脳を必死に働かせていた。


(……リパラーさんは何者かに殺害されたとして……何者かの目的は、秘匿が人々に知られることの妨害だとして……)


「パナ、ドーラさん。ヨゥロ族の秘匿について、リパラーさんからなにかを聞いていますか?」


「……秘匿? いや、なにも聞いてないな」


答えたのは、ドーラである。

パナは平常心を失い、呆然としている。


(パナとドーラさんは聞いてない……)


ならば、リパラーを殺害した何者かに、狙われることはないかもしれない。


ここで別れた方がいいのかもしれなかった。


シーパルと一緒にいると、それだけで『コミュニティ』に命を狙われる可能性がある。


だが、何者かが、パナやドーラが秘匿について知っているかもしれない、と考えたら。


二人を、消そうと考えるかもしれない。


いや、それならシーパルの元を訪れる前に、襲えばいいだろう。


もしかしたら、今まで二人には手が回らなかっただけかもしれない。


二人と一緒にいるべきなのか、離れるべきなのか。


二人の危険が減るのは、どちらだ。


わからない。


敵がいることなのだ。

その思考まで完全に読めない限りは、はっきりしない。


キュイの部下たちと少し違う軍服を着た男が、一行の元へやってきた。


キュイの部下たちと短いやり取りをして、去っていく。


シーパルは、馬車の窓を開いた。


「どうしましたか?」


「……我々の守備範囲に、マナ族が軍を率いて侵入してきたとのことです」


「それは……」


「我々は、急ぎ戻って、本隊と合流しなければ。御者に一人残していきますので……」


「……わかりました」


心細いが、仕方ない。

王都南西の防衛が、彼ら本来の任務なのだから。


キュイの部下たちが、馬車の御者台にいる者を除き、去っていく。


不安な気持ちに駆られる。

少しずつ追い込まれていく。そんな気分だった。


せめて、パナとドーラの二人だけは守らなくては。


シーパルは、短槍を持つ手に力を篭めた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


街が慌ただしくなった、とテラントは感じていた。


『ゴミ捨て場』から購入した、ロゼンデラーに潜伏している『コミュニティ』のメンバーのリストは、かなり正確だった。


だが、今のところ役立っているとはいえない。


潜伏先へ向かうと、すでに軍や警察に制圧されたあとなのである。


すでに相当のメンバーが、捕縛されたようだ。


迅速過ぎる動きだった。


騒動が鎮静化するまでしばらく待とう、という気分になっていた。


テラントは、元々はラグマ王国の将軍だった。


故あって将軍の座を辞したが、軍人の中には、テラントが国を捨てた、と考える者もいるだろう。


あまり、軍や警察と関わりたくない。


この街の『コミュニティ』のメンバーのリーダー格である、ダンテ・タクトロスが捕らえられたという話や、百本の『ヒロンの霊薬』が回収された噂は、まだない。


テラントは、病院の前にいた。

ユリマが入院している病院である。


以前会ったのは、何年か前のことだった。


ユリマはまだ、六つか七つだっただろう。


利発な子供だから、それでもテラントのことは覚えているかもしれない。


時間潰しに見舞いでもしようかと考えたが、テラントは躊躇った。


ユリマはテラントのことを、『テラントおじさん』と呼ぶ。


テラントは、二十七歳だった。

我ながら狭量だとは思うが、『おじさん』と呼ばれるのは少しばかり抵抗がある。


もっとも、テラントもユリマくらいの年齢の頃は、似たようなものだっただろう。


十五歳の頃は、周りの同年代の少年たちと比較すると、一番長身だった。


だが、十歳の頃は、一番背が低かった。


幼いテラントから見たら、青年以上の男は見上げなければならないくらい大きく感じられ、誰彼構わずおじさん呼ばわりしていた記憶がある。


(……けどまあ……いざ自分がその立場になると……うーむ……)


「……坊ちゃま?」


「!」


背後から聞こえた声に、テラントは体が石化したように硬直するのを感じた。


それでも、関節をぎしぎし鳴らしながら振り向く。


食材が詰まった買い物袋を持った、五十手前くらいのふくよかな女性がいた。


「あらまあ。やっぱり坊ちゃま! お久しぶりでございます」


「や……あ、タタト……」


知っている女性である。

テラントが生まれる前から、父や母の身の回りの世話をしている家政婦だった。


「坊ちゃま、戻っておいでなら、旦那様にお会いになればいいですのに。きっと喜びますよ」


「ああ……うん……まあ、そのうち。……それよか、『坊ちゃま』はやめてくれ……」


『おじさん』呼ばわりは勘弁して欲しいが、それ以上に『坊ちゃま』はない。


「あらまあ、そうですか。わかりましたわ、坊ちゃま」


わざとじゃなかろうか。


「親父は……えっと……館だよな?」


「ええ、そうですわ、坊ちゃま」


父は軍人であり、戦争で片腕を失ってからは王子の剣術指南役だったが、先年、それも辞した。


現在は王宮の側の館で、早目の隠居生活である。


もう、両親とは何年も会っていない。


確か、マリィとの結婚が決まった辺りからだ。


若くして将軍となったテラントは、エセンツ家の誇りだっただろう。


貴族の娘との結婚を父は望んでいたようだが、テラントはマリィを選んだ。


マリィは、『放浪する医師団』という団体に所属していたが、ただの一市民である。


父は、結婚に反対した。

母は、父に従う人である。


両親に祝福されないまま、結婚した。


そして、将軍の座も捨てることになった。


勘当されたわけではないが、勘当に近い状態ではある。


「まあ……そのうちな。……そのうち」


別に、父を嫌いではない。

だが多分、まともな会話は成り立たないだろう。


「あらまあ、そうですか。……あ、わたしはもう戻らないと。坊ちゃま、失礼しますわ」


「あ、ああ……」


太った体を揺らし、タタトが去っていく。


見送りながら、テラントは溜息をついた。


(どっと疲れた……)


額が、嫌な汗でびっしょりとなっている。


(まったく……こんなとこ、誰か知ってる奴に見られでも……した……ら……)


その視線に気付き、ぎしりとまた体が硬直するのをテラントは感じた。


五メートルほど離れた所。

赤毛を長く伸ばした男と、茶色の髪の華奢な女が、無表情でこちらを見つめている。


テラントは、慌てて顔を逸らした。


(……いやぁ、疲れてるなぁ、俺。見間違い見間違い)


あれが、ルーアとティアのはずがない。


恐る恐る振り返り。


「うっ!?」


思わずテラントは、呻きつつ体をびくりとさせていた。


いつの間にか、体が当たるほどの距離までルーアが接近していて、無表情のままテラントの顔を見つめている。


(……近えよ)


顔を背けて。


「!?」


その先に、同じく触れるほどの距離まで近付いたティアが、やはり無表情でテラントを見つめていた。


左右から見られ、嫌な汗がだらだらと流れ続ける。


「……なんだよ、お前ら」


「……」


ティアは無言。

ルーアが、もそもそと口を動かした。


「……坊ちゃま」


「んぶっ!」


ティアが吹き出し、病院の塀にかじりつく。

肩をふるふると震わして。


「ふふ、うふふ……坊ちゃまって……テラントが坊ちゃまって……」


「……おい、ティア」


「ふはーっははは!」


背後で、高笑いがした。


「坊ちゃまーっはははっ! ふはっ! ふはっ! はふはふっ! うはははははははっ!」


石畳の上を、ルーアがばたばた転がっている。


「……」


「く……ふふ……っ……きゃはははははっ!」


「くくく……いひひ……坊ちゃ……ははははははははっ!」


いつ以来になるだろうか。

羞恥で、頬や耳どころか、首筋まで赤くなるのは。


「お前ら……笑いすぎだ……」


青筋を立てながら、テラントは凄んだ。

ぴたり、と笑い声が止まる。


ティアが、深呼吸をし始めた。

眼の端の涙を拭き取り、真面目な表情を向けてくる。


「あたしは、全然笑ってないからね、テラント」


「……」


ルーアが、すくりと立ち上がった。


衣服についた埃を払い、やはり真面目な表情で。


「俺はオースターみたいに嘘をつけないから、正直に言うな。……ちょっとだけ笑ったわ」


「あっ! なんか狡い、ルーア!」


「……」


「悪かった。でもよぉ、テラント……」


ルーアは、テラントの肩に手を置き、今まで見せたことのない凛々しい顔立ちになった。


「『坊ちゃま』だぜ!?」


「んぶふっ!」


ティアが、また吹き出す。


「あはははははっ! うふっ! あははははははっ!」


「ふわはははっ! あーっはっはっはっはっ……!」


「……」


どったんばったん転がるルーアを、テラントは結構本気で蹴りつけた。


「いてっ!? わははっ! いてっ! いてっ! 駄目だーっ! かわせねえ! なんて必殺技だ! ははははははっ!」


「きゃはははははっ!」


「ぶははははっ!」


「あはっ! はっ……あはははははっ!」


「……」


周囲の注目が集まる。

それでもルーアとティアは、ひとしきり笑い続けた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


あまりに目立ち過ぎる。

笑い転げる二人を、テラントは近くの公園まで引きずるように運んだ。


二人とも、ベンチの背もたれにしがみつくようにして座っている。


余程ツボに嵌まったか、ティアはまだ体をぴくぴくさせていた。


ルーアの方は、いくらか落ち着きを取り戻しているようである。


「笑ってる場合じゃねえし……」


「……ルーア、ティア、お前らなにしに来たんだ?」


「おう。聞いてくれ、ぼっ……ラント」


「……」


険悪に睨みつけるが、平然とルーアは経緯を話し始めた。


マナ族が侵攻してきたため、キュイの部隊が迎撃に出た。


キュイから少し違和感を覚えてしまう伝令があり、直後に『コミュニティ』からの襲撃があった。


『コミュニティ』の兵士は、真っ先にルシタを狙った。


「キュイさんは『コミュニティ』と事を構えてて、そのせいでルシタさんが狙われてしまったと考えたんだが……」


「それで、ユリマちゃんも危ないんじゃないかって、様子を見にきたの」


ようやく落ち着いたティアが言った。


「ふむ」


テラントは、顎に手を当てた。


「多分、ユリマは大丈夫だぞ」


「なんでだよ?」


「そうよ。キュイさん、あんなにユリマちゃんのこと気にしてたのに」


「『コミュニティ』の目的は、王宮にある『ヒロンの霊薬』だ。キュイは、『ヒロンの霊薬』の運搬をしていた」


「そういうことか……」


察したらしいルーアが、口の端を歪ませて前髪を掻き上げた。


「『ヒロンの霊薬』目的で、キュイさんに接触したわけだ。ユリマを助けたいだろ、みたいなことを言って」


「そうだ。『コミュニティ』に協力して『ヒロンの霊薬』を手に入れなければ、ユリマは助からない。人質に捕らなくても、人質になってるようなものさ」


ルーアは、空を仰いだ。


「キュイさんには、きっついな……」


キュイの性格上、王国を裏切ることも、『コミュニティ』に協力することもできそうにない。


「まあ、それについては、俺に考えがある」


ダンテ・タクトロスという男が、『ヒロンの霊薬』を隠し持っているという話がある。


それを奪えば、問題解決に大きく前進する。


「でも、なんか変な感じ。『コミュニティ』がそんな『ヒロンの霊薬』を欲しがるなんて」


ティアが言った。


「なにが変なんだ、ティア?」


「あ、うん、南国では物凄い価値があるのはわかってるんだけど。あたしが育った孤児院って、ホルン王国の北にあるから」


聞いたことはある。

大陸の北端に近い。


『ヒロンの霊薬』は、ヒロンという植物の実から採れるエキスが原材料だが、寒冷地方でしか育たない。


熱や湿気に弱い薬なため、北国と南国では、製造や管理に掛かる費用が、かなり違うだろう。


「北じゃあ、そこまでの価値はないからな」


「て言うか、あたしの孤児院で、て言うか村全体で、普通にヒロン栽培してた」


「マジか!?」


驚きはしたが、有り得ないことではない。


ヒロンが育つ条件は、寒冷地方であることなのだから。


「なんか勝手に貧しい孤児院を想像してたけど、そうでもなさそうだな」


「裕福ではなかったよ。国に安く買い叩かれてたから」


ともかく、『コミュニティ』が『ヒロンの霊薬』を求めることについて、ティアが違和感を持つ理由がわかった。


幼い頃から身近にあれば、高価な物だと聞かされても、ぴんとこないのだろう。


「なあ、ところで……」


ルーアが手を上げた。


「ユリマが狙われないなら、俺ら戻った方がいいよな?」


「そうだな。お前らは戻れ」


「テラント?」


「俺は、親父のとこ行ってくるわ」


「なんでだ?」


「こうなった以上、キュイのとこも安全とは言えないからな。親父のとこなら、王宮の近くだし、軍隊がいつも警邏している。ルシタだけでも匿ってもらえないか、頼んでみるわ」


「なるほど、いい考えだ」


ルーアが、頷いた。


「一人じゃ危ないからな。俺もついて行ってやるよ、ぼっ……ラント」


「そうね。面白そ……じゃなくて、心配だから、あたしもついてくよ、テラント」


「……」


絶対に、親に会わせたくない。

心から、テラントはそう思った。


逃げよう。


「……そうか、わかった。それじゃあ……」


言葉と微笑みで牽制して、いきなりテラントは駆け出した。

だが、読まれていたのだろう。


ルーアとティアに同時にタックルを喰らい、テラントは地面に倒されていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます