苦悩

『ヒロンの霊薬』という薬がある。


あらゆる病気の症状に劇的な効果があるとされる、最も万能薬に近い薬である。


ヒロンという植物の実からエキスを抽出し生成されるが、問題があった。


この植物は、寒冷地方でしか育たない。


『ヒロンの霊薬』も、熱や湿気に非常に弱い。


鮮やかなエメラルドグリーンの液体だが、熱に当てると、これが赤みがかってくる。


赤黒くなると、薬の効果は完全に失われることになるのだ。


そのため、寒冷地方では、少し高価な薬といった値段だが、高温多湿なラグマでは、黄金並の価値を持つ。


管理にも、相当な費用が掛かる。

冷蔵保存しなければならなく、魔法道具を利用することが多いからだ。


大陸南の国々と、北の国々では、平均寿命が五年以上違うと言われている。


この薬の影響は、少なからずあるだろう。


『長生きしたければ北(ホルン王国)に住め』


ラグマ王国に昔からある格言である。


今年の夏の初め、ラグマ王国国王ベルフ・ガーラック・ラグマは、ある政策を立てた。


国内にある全ての『ヒロンの霊薬』を、政府で保管する、と。


思い切った政策ではある。

高価な品物の流通を止めるということであり、経済に与える影響は大きいだろう。


反発も大きかった。

主に、『ヒロンの霊薬』の売買で儲けていた商人たちと、『ヒロンの霊薬』を購入することができる、財力がある者たちからの反発である。


その中には、多くの貴族も含まれていた。


王は、政府や人民にも敵を抱えたということになる。


だが、王は間違ってはいない。キュイは、そう思っていた。


隣国であるズターエやザッファーでも、数年前から同じような政策は取られていた。


民間に売買を任せると、貧しい生活を強いられている者には、薬は行き渡らない。


それを考えると、ラグマ政府の動きは遅すぎるくらいだ。


『メスティニ病』という病がある。


二十年前に、ラグマ全土で大流行した伝染病である。


その時は、約百万人が死亡したとされているが、古代の文献がなければ、もっと被害は拡大していただろう。


旧人類の時代にも、似たような伝染病があり、研究されていた。


それによると、鼠などの小動物を媒介に、病が拡がっていくということだった。


より正確には、菌に冒された鼠の血を吸った蚤から、人間に感染するという。


致死率はかなり高く、七割を超える。


街の衛生を保つことと、感染者の隔離により、二十年前は終息したのだが。


その『メスティニ病』が、今年の春、ロデンゼラーで流行の兆しを見せた。


すぐさま感染者は隔離されたが、それでも約一万の民草が発症していた。


キュイは、ロデンゼラーの街並みの向こうに見える、壁へと眼をやった。


城壁よりも高い壁。

その向こうに、約一万の感染者が隔離されている。


致死率七割。つまり、このままでは約七千人が死ぬ。


薬が開発されてはいるが、効果は薄い。


『ヒロンの霊薬』が集められているのは、そのためだった。


感染者のほとんどは、低所得者である。


王は、無償で『メスティニ病』の感染者に投与するつもりなのだ。


現在集められた『ヒロンの霊薬』は、約五千本。

五千人は助けられる計算となる。


かなり強引な方法で、徴発されてきたが、まだ不足していた。


徴発に逆らう者は、死罪である。

その累は、一族にまで及ぶ。


反乱が起きることも、覚悟の上だろう。


一万人の反乱を鎮めるために、兵の二万は投入しなければならない。


北のホルンも、西のズターエも、北東のザッファーも、ラグマ王国の隙を狙っているはずだ。


それでも王は、断固たる姿勢を崩そうとはしなかった。


無償の配布は、経済に打撃を与えるだろう。


だが、政府が『ヒロンの霊薬』を完全に管理できるようになれば、十年後、二十年後には利益となるはず。

今は、一部の商人が儲け過ぎているのだ。

そこまで見通しての強権である。


任務が与えられた。


キュイの通常の任務は、南西にある山々に暮らす、ラグマ政府に帰順していない民族への備えである。


四百の部下を抱えているが、二百を備えに残し、キュイはもう二百の手勢を率いて、ロデンゼラーの南東にある村、バーフィールへと向かった。


新たに、『ヒロンの霊薬』が十三本徴発されたのである。


薬を、バーフィールからロデンゼラーの王宮にある保管所まで届ける。

それが、任務だった。


キュイは、『氷狼の棺』に触れた。


一抱えほどある青い箱で、冷蔵保管できる魔法道具である。


この中に、十三本の『ヒロンの霊薬』がある。

十三人の尊い命が救われる。


「ここから先はお前が、『ヒロンの霊薬』を保管所まで持っていけ」


近くにいる部隊長の男に、キュイは言った。


王宮は、もうそれほど遠くではない。

兵の指揮を任せても問題ないだろう。


個人の売買が禁じられたため、闇市などで『ヒロンの霊薬』はさらに値を上げていた。


元々黄金並みの価値があったが、今ではミスリル銀ほどの価値となっている。


十三本の『ヒロンの霊薬』を、強奪することを考える者もいるだろう。


軍が出動して薬を運ぶのは、そのためだった。


だがさすがに、ロデンゼラーの街中で、二百の兵を相手には仕掛けられないはずだ。


なにかあれば、すぐに他の部隊が急行してくるだろう。


そうなれば、騒ぎどころの話ではなく、小さな戦争になるといえた。


キュイは、部下に兵を預け、馬も返した。


自分の愛馬のロンは、蹄を痛めていたため、部下の馬を借りていたのだ。


少し、用事がある。

一人で、そして自分の足で、キュイは近くにある国立の病院へと向かった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


受付に要件を告げると、すぐに診察室の一つに案内された。


キュイを待っていたのは、見慣れた医者である。


挨拶もそこそこに、キュイは尋ねた。


「ユリマの容態は?」


知人の娘である。

そして、彼女の両親はすでに亡い。


自分が殺したも同然だと、キュイは思っていた。


「非常に厳しい状態です」


ユリマの担当医が、表情を曇らせる。


ユリマは、『サット症候群』という病に冒されていた。


原因不明、治療方法も判明していない病である。


手足が萎えて、身動きが取れなくなる。


時には、血を吐き呼吸困難にもなる。


連日してその発作が起きると、もう助からないと言われていた。


「このところ、発作の間隔が短くなってきています」


医師が、さらに沈痛な面持ちになる。


「……なんとか、なりませんか?」


両親を失ったユリマには、親戚もいない。


入院や治療の費用は、キュイが用立てていた。


そのことを、ユリマは知らない。

善意の寄付があったと、彼女には伝わっているはずだ。


「私たちも、できるだけのことはしていますが……」


ユリマの左足は、動かなくなっていた。


症状がひどい時は、両腕と右足も動かなくなり、寝たきりとなる。


発作の間隔が、短くなっているという。


覚悟を決めなければならないのか。


診察室を出た。


廊下を行き交う医師や看護師、患者たちの姿が、なぜか妙に白々しく見えた。


ユリマは、助からないのか。

まだ、十歳なのだ。


両親を奪ったのは、自分だ。

そして、病に苦しむ彼女を、救うこともできない。


『ヒロンの霊薬』。

それが、度々頭に浮かぶ。


万能薬に、最も近い薬。

『サット症候群』に対する効果も、認められている。


もう助からないとされていた患者が、この薬の力で劇的な回復を見せ、病を克服したこともあるという。


『ヒロンの霊薬』があれば。

あの運んだ十三本から、一本だけ奪ってしまえば。


馬鹿な。

キュイは、かぶりを振った。


『ヒロンの霊薬』は、『メスティニ病』の患者に投与されると決定している。


そして、キュイは軍人だった。

王と、王国に忠誠を誓っている。


『ヒロンの霊薬』を私的に扱うことは、現在のラグマ王国では、反逆罪に当たることだった。

当然、死罪である。


自分だけならいい。

だが、妻のルシタと、彼女の両親、つまり義理の両親にまで、その累は及ぶ。


「あ。キュイさん見つけた」


気楽な声。


当人としてはどうかわからないが、キュイには気楽な声に聞こえた。


客人として館に招いている、ティア・オースターという少女。


「おい、オースター……この荷物持ち。結局、俺一人で持ってんじゃねえか……」


もう一人、両手一杯に買い物袋を持った、長い赤毛の少年もいた。


あまり、病院を出入りするに相応しい格好ではない。

人のことは言えないが。


キュイは、ラグマの黒い軍服を着たままだった。


「どうしたのですか、お二人揃って?」


聞いたその時、背後で松葉杖を付く音がした。


「キュイおじさん……?」


胸が、締め付けられたような気がする。


振り返った先に、長い銀髪の少女がいた。


「ユリマ……」


少女の名前を、キュイは呟くように口にした。


◇◆◇◆◇◆◇◆


言葉にも表情にも、覇気を漲らせている男。


キュイのことを、ルーアはそう思っていた。


だがこの男も、こんなにも弱々しくなるのか。


ユリマという、松葉杖を付いた銀髪の少女に語りかけるキュイは、風が吹けば倒れてしまいそうだった。


「……いいのか? 病室を抜け出して」


「今日は、体の調子がいいですから。そういう時は、出てもいいんです」


小さな声だった。

意図的に小声で話しているというよりも、それ以上声が出せないのではないか。


そう思わせるほど、少女は儚く見えた。


「可愛い……」


ぽそっとティアが呟くのを、多分ルーアだけが聞いていた。


確かに、少女は可憐だった。

透き通るような肌をしている。

銀髪と相俟って、まるで人形のようにも見えた。


「今日は、なにしに病院に来たんですか?」


「……部下が、一人、入院しててね。その……見舞いだよ」


「そうですか……」


重苦しい空気。

とても、口を挟める雰囲気ではなかった。


そもそも、この場にいること自体が間違いなのではないか。


知るべきではない込み入った事情が、二人にはあるような気がする。


「もう、戻りますね……」


短い沈黙のあと、少女が言った。


「ユリマ……!」


思わず、といった感じで、キュイが呼び止める。


「なにか、必要な物とかないか? 私で用立てできる物なら……」


ユリマが振り返った。


「じゃあ、パパとママを返してください」


「……っ!」


キュイが、わずかに顔を伏せる。


「……すまない。それは、私には……」


「冗談ですよ」


ユリマが微笑を浮かべた。

そして、松葉杖を付きながら去っていく。


キュイは、苦渋の表情をして、拳を震わせていた。


「あの……えと、キュイさん……」


ティアが、遠慮がちに声を掛ける。


少し間を置いてから振り返ったキュイは、笑顔だった。


ただし、無理をしているのが伝わる強張った笑顔。


「……すみません、ティアさん、ルーアさん。私は、部隊をまとめなければなりませんので、お先に失礼します」


「あ……はい……」


「はいよ」


キュイは一礼すると、足早に立ち去っていく。


無言で、ティアはその背中を見つめていた。


(……よし)


ルーアは、廊下の壁に背を預け、天井を見上げた。


(なにも、見なかったことにしよう)


誰にでも、話したくない事情の一つや二つはあるだろう。


だから、なにも見なかったことにする。


なにも聞かなかったことにする。


天井の染みを見つめながら、ルーアはそう決めた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ユリマの父親の名前は、カラという。


キュイと同郷で、旧くからの顔馴染みだった。


キュイよりは三つ年長で、共にテラントの部隊に配属されたこともあり、なにくれとなく面倒を見てくれたものだ。


キュイが副将軍に昇格した時、自分から志願して、年下であるキュイの下に付いてくれた。


そして、未熟なキュイを支えてくれた。


戦争があった。

南の山中に拠る民族との戦争だ。

去年の話である。


キュイの部隊には、先鋒の側面援護の任が与えられた。


構成されたばかりの部隊であり、まだ若い兵が多かった。


そして、斥候を若い兵ばかりに任せてしまい、その報告を信じた。


なぜ、熟練の兵士に任せなかったのか。


結果として、伏兵に気付くことができずに、山の間を縫うように進んでいたキュイの部隊は、四方から奇襲を受けることになった。


全滅しても、おかしくなかっただろう。


救ってくれたのは、カラだった。

彼が先頭で包囲を突破し、それから殿軍も務めた。


殿軍として残るのは、死地に立つも同然だった。


そして、キュイの眼には、他に殿軍を任せられる者を見つけることができなかった。


自分が残れば、それだけ踏み止まる兵が増え、犠牲も増すだろう。


カラと殿軍に残った者の奮闘により、奇襲を受けたにしては被害は小さかった。


だが、殿軍は全滅だった。

カラも死んだ。


回収されたカラの遺体は、首を落とされていた。


自分の未熟さが、彼を殺したも同然だった。


カラの娘であるユリマは病気を患っていたが、難病であることは知らなかった。


治療費の工面に独りで苦労することになり、疲れきったユリマの母親は、ある日ビルの屋上から身を投げた。


元々、心の弱い女だった。

カラの支えがあったから、娘の難病に向き合えていた。


ユリマは、両親を失った。

幼いユリマから、まともに歩くこともできない少女から、自分が奪った。


病院の近くにある小さな公園のベンチで、キュイは顔を覆っていた。


この上、ユリマは命も失うのか。

まだ十歳ではないか。


「よいしょっと」


わざとらしく言いながら、同じベンチに腰掛ける者がいる。


顔を上げて、そしてキュイは驚愕した。


「貴様はっ……!?」


「おー、いい反応してくれるねえ」


小柄な体躯、長い両腕、左耳の古傷。


「ズィニア……スティマ……!」


「やっぱ俺のことを知ってるか、ラグマの副将軍キュイ様よ」


テラントにとって妻の仇である男が、隣にいた。


手を伸ばせば、届く距離。


「……っ!」


「おっと。こんなとこで抜くなよ?」


知らず知らずのうちに、キュイは腰の剣の柄に手をやっていた。


住宅街の中にある公園である。

母親と幼い子供の親子連れが目立つ。


「それに、抜く前に死ぬぞ」


「……」


あのテラントが、完膚なきまでに負けたと認めた男である。


自分の剣が通用しないであろうことは、想像できた。


汗が噴き出す。


「……なにが目的だ?」


ズィニアが、口の端を上げた。


「お前に、用があってな」


「……私に?」


テラントたちと、敵対している男である。


キュイを捕らえ、どこか優位な場所にテラントたちをおびき寄せる。


それくらいしか、ズィニアにとっての自分の利用価値を、キュイは思いつかなかった。


「アスハレムで奴らに協力していたな。今もだ。ちょっと調べてみようか、というつもりにはなる。キュイ、ラグマの副将軍か」


どういうつもりなのか。


もし、自分のせいでテラントたちが窮地に陥り、死ぬことになるのならば。


キュイは、剣を握る手に力を篭めた。


自決する覚悟くらいある。

ズィニアに斬り掛かってもいい。

この男は、迷うことなくキュイを殺すだろう。


「忠誠無比、質実剛健。王からの信頼も厚い。最近は、『ヒロンの霊薬』の護送を命じられることが多いらしいな。今は、十三本の『ヒロンの霊薬』を運んだばかりか」


「……」


目的は『ヒロンの霊薬』だろうか。


十三本でも、かなりの大金に変わるだろう。


だが、ズィニアは『コミュニティ』の人間である。


個人としては莫大な金額だろうが、組織全体から見れば、端金に過ぎないのではないか。


「ラグマ王国執務官であり、現在、王宮にある『ヒロンの霊薬』の管理を任されているジェイク・ギャメとは、友人関係にある」


ジェイクも、カラと同じくキュイと同郷だった。


以前は、よく三人で飲み明かした。


「……それが、なんだ?」


「お前なら、さ……色々と詳しく調べられるだろ? 王宮のどこに『ヒロンの霊薬』が保管されているか、警備体制、その他諸々。魔法道具でロックされるくらいはしてそうだよなぁ。解錠方法とかさ、お前なら、聞き出せるんじゃねえの?」


目的は、五千本の『ヒロンの霊薬』だというのか。


「……まさか、私が貴様らに協力するとでも?」


「お前のことは調べた、って言ったよな? 忠誠無比、質実剛健。だが、実にわかりやすいアキレス腱が二本ある」


「まさか、貴様っ……!?」


ルシタを、そしてユリマを盾に脅すつもりか。


ズィニアが笑った。


(落ち着け……!)


動揺する姿を見せては、ズィニアの思う壷だ。


ルシタの側には、テラントやその仲間が、いつも数人はいる。


彼らがどれだけ頼りになる存在かは、よくわかっている。


近くには、キュイの部下たちも控えているのだ。


ルシタの危険性はそれ程でもないだろう。


だが、ユリマは。

病院の警備体制など、高が知れている。


「別に、あのお嬢ちゃんを取って喰ったりはしねえから、安心しな」


見透かしたように、ズィニアが言った。


「必要ないからなぁ。人質に取るまでもない。いつ死ぬかわからない不憫な少女。助けるために、欲しいだろ、『ヒロンの霊薬』が?」


「……っ!」


「協力してくれたら、漏れなく一本プレゼントってな」


心の中で、風が吹き荒れている。


だが、なにかおかしいとも感じていた。


「……取り引きとしては、余りにお粗末だな、ズィニア・スティマ」


「ん?」


「貴様たちに協力しなくても、『ヒロンの霊薬』を手に入れることはできる。私は、薬を護送しているのだぞ。懐に忍ばせる好機など、いくらでもある」


『ヒロンの霊薬』を我が物にするということは、国を裏切るということである。


裏切るのならば、せめて『コミュニティ』の利にならない形を取るだろう。


そして、そんなつもりは毛頭ない。


「本当の目的はなんだ、ズィニア・スティマ?」


「……」


ズィニアは、動揺する姿を見せない。

ただ、にやついている。


「私のことを、忠誠無比と評価したのは、貴様だ。ならば、動かしにくいとわかるはずだ。他に、もっと裏切らせやすい者がいたはずだ」


そもそも、誰かを裏切らせる必要もないのではないか。


『コミュニティ』は、どの国の政府にも構成員を潜伏させている。


『ヒロンの霊薬』の保管状況を調べるくらい、容易だろう。


例え魔法で施錠されていたとしても、ズィニアが持つ魔法剣は魔法を消せるという。


「……猪突猛進な奴だと思っていたが、意外と頭回るねえ」


ズィニアが、にやついたまま眼を細めた。


「お前さんの言う通り、確かにお粗末な取り引きだ。けど、それでいいのさ」


「……どういうことだ?」


「お前さんは、動揺してくれた。俺にとっては、それで充分な収穫だ」


「……意味がわからないな」


キュイが動揺して、それがなんだというのだ。


ズィニアが、そして『コミュニティ』が、なにを得するというのだ。


「これ以上説明してやる義理はないなぁ」


ひどく気軽に、ズィニアが立ち上がった。


「待て……!」


「待たねえよ」


一言。そして投げかけてくる殺意。


それだけで、キュイの体は凍り付いた。


抜けば、斬られる。

去ることを阻めば、殺される。


人のものとは思えない、異質な殺意。


「……いい子だ」


動けないでいるキュイに、ズィニアが笑いかけた。

そして、悠然と去っていく。


その背中を見送り、姿が見えなくなったところで、キュイはベンチの座席部分に手をついた。


あんな男がいるのか。

あんな殺気を放つ男が。


(……将軍は、あんな者を敵として……)


勝てるのか。


そして、ズィニア・スティマの真の目的はなんだ。


自分を揺さぶり動揺させることに、なんの意味が。


幼子が母親を呼ぶ、無邪気な声が聞こえた。


キュイは、額の汗を拭った。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ユファレート・パーターは、ハウザードにとって大きな存在なのだろう。


それは、余り好ましい状態とは言えない。


ハウザードの中身は、空っぽであればいいのだから。


ユファレート・パーター。

『コミュニティ』にとって、最も邪魔な存在。

だから、消せ。

それが、クロイツからの依頼。

今のズィニアの、最優先となる仕事。


第二の標的は、シーパル・ヨゥロになるか。


これは、ズィニアが個人的に警戒しているから。


ユファレート・パーターと並ぶ力を持つ魔法使いだという。


六人で旅をしている。

彼らのことは、調査し直した。

主に、性格や、混乱時の行動の傾向。


ユファレート・パーターやシーパル・ヨゥロを殺すのは、それ程難しくはないだろう。


一人一人が、かなり戦える。

これが六人揃っていては、厄介だった。


戦闘を仕掛けても、返り討ちになるだけかもしれない。


だが彼らは、簡単に戦力を分断させる。


それぞれが実力に自信があるのか、単独行動を取ることも多い。


独りでいる時を狙えば、ユファレート・パーターもシーパル・ヨゥロも、容易く殺せる。


計算外のことがあった。


キュイという男。

ラグマ王国の副将軍であり、六人の一人、テラント・エセンツと知己である。


彼は、六人を自分の館に招き入れた。


当の六人よりも、余程危機感を持っている。


近くには四百の部下を置き、周辺をいつも警戒させている。

近付くこともままならない。


六人が行動を別々にすることも、ほとんどなくなった。


たまに市街地へ出掛ける者がいるが、部下たちがしっかりと警護に付いていく。


部下たちも、キュイの教育が行き届いているのか、寝返りそうな者などはいなかった。


隙らしい隙がない。


唯一、元々キュイの上司だったというテラント・エセンツだけは気ままに単独行動をしている。


目的を知っているのだろう、キュイも止めることはできないようだ。


今のところ、テラント・エセンツを殺すつもりはない。

餌になる可能性がある。


殺すつもりはないのが、あと二人。


組織の構成員でもごく一部にしか伝えられていないが、クロイツはルーアに利用価値を見出だし、『ヴァトムの塔』の力を吸収したティア・オースターに興味を持っている。


だから、できるだけ殺さないでおいてやる。


クロイツとしては、二人が死んでも構わないという感覚だろう。


ほとんどの構成員に、ルーアやティア・オースターをただの敵だと認識させているのは、そのためだ。


ズィニアは、隠れ家としている廃屋にいた。


そんな場所が、ここロデンゼラーに何箇所もある。


汚いソファーに座り、意味もなく壁の亀裂を眼でなぞる。


キュイに接触した。

彼は、動揺しただろう。

やり方を、間違えてはいないはずだ。


六人を調査して、気付いたことがある。


彼らは、誰かのために戦うことが多い。


ヴァトムでは、住民を守るために戦った。

あるいは、リトイ・ハーリペットを守るためでもあったかもしれない。


ヤンリの村では、憐れなシーナとその妹を救うために戦った。

集落の住民を守るために、そのシーナとも戦っている。


アスハレムでも、住民と、サンとエミリア親子のために。


キュイを精神的に追い込み苦しめれば、どうなるか。


キュイは、苦心を隠そうとするかもしれない。


だが、彼らは変化に気付くだろう。


馬鹿はいない。全員が鋭く、あるいは聡い。


特に、古くからの知り合いであるテラント・エセンツには、見抜かれるのではないか。


キュイの苦心を、このズィニアが、『コミュニティ』が接触したことを知れば、彼らはどうするか。


キュイを助けようと動き出す可能性が高い。


今、六人はキュイの館で固く守られている。


動けば、隙もできるというものだ。


ズィニアは、視線を玄関へと向けた。


廃屋に、足を踏み入れる者が、三人いる。


敵意も殺意もない。

しかし、微かな怒気は感じる。


そんなものをズィニアに向けてくる者はまれだった。


『コミュニティ』のメンバーともなれば、尚更である。


三人のうち、二人は左右に分かれる。


「……どうしたよ、ダンテ・タクトロス?」


正面、痩身の男に、ズィニアは言った。


涼しげな眼をしているが、怒気を投げ掛けているのはこのダンテである。


「……なにをぼんやりとしているのかと思ってな、ズィニア・スティマ」


「そう見えたんなら残念だな。俺としては、知的に思案しているつもりだったんだが」


「それは失礼な勘違いをした」


会話の間に、他の二人はズィニアの左右を挟むように移動していた。


右に、女と間違えてしまいそうな顔立ちの青年。


左に、茫洋とした雰囲気の、長身の男。


名前は確か、ラフとトンスだったか。


「あのキュイに眼を付けていたのは、俺たちだ」


正面のダンテが言った。


「そうだな」


視線はダンテに、だが意識は三人に向ける。


さりげなく立っているだけだが、立派に陣形になっていた。


「勝手な真似をされては困るのだ、ズィニア・スティマ」


「勝手、ねえ……」


刺がある言い方。

ズィニアの実力も性格も知ってのことである。


「俺は、協力したつもりなんだがな」


「いらぬ世話だ」


ロデンゼラーで活動している『コミュニティ』のメンバーを纏めているのが、ダンテだった。


現在は、王宮にある『ヒロンの霊薬』の回収を目論んでいる。


ルーアたちのことも、意識していた。


『コミュニティ』の敵とされている。


自分の領域に、敵がいる。

だから潰す。

そういう感覚だろう。


「協力し合うつもりはないってか?」


「ないな。俺たちには、俺たちの計画がある。お前はお前で、勝手にやればいい。だが、邪魔はするな」


「ふーん……」


ダンテも、ラフもトンスも魔法を使う。

腕はいい。

そして、取り囲んでいる。


強気な姿勢でいるのは、ズィニアと争うことになっても勝てる自信があるからだろう。


ズィニアは、意識を張り詰めていった。


争うことになったら。


一人は、確実に殺せる。

二人目も、おそらく殺せるだろう。

三人とも殺せるかは、微妙なところだった。


(……やめたやめた。アホらし)


同じ組織のメンバーではないか。

それが殺し合っても仕方ない。


ダンテも、それはわかっているだろう。


争えば、部下が死ぬ。


自分自身が死ぬ可能性があることも、わかっているだろう。


それでも、ズィニアに対して強気の姿勢を崩さない。


よそ者のズィニアが勝手をすることを、認めない。


プライドが高いのだろう。

死ぬ覚悟を持って、ズィニアに抗議している。


「……わかったよ、ダンテ。邪魔はしないようにするさ」


「……そうか」


ダンテが手を上げると、ラフとトンスがゆっくりと動き出した。


ダンテの元に集結する。


「用件はそれだけだ、ズィニア・スティマ。俺たちの邪魔をしないのならば、お前がなにをしようと構いはしない。好きなだけ暴れるがいいさ」


「ダンテ、お前さ……」


背を向けかけたダンテを、ズィニアは止めた。


「キュイを、裏切らせることができると思ってんのか? 無理だと思うぞ」


「……そうかもしれん。そうじゃないかもしれん。いずれにせよ、これまで通り真綿で首を絞めるように、少しずつ追い込んでいくさ。奴が勝手に追い込まれているだけだがな」


キュイが気に掛けている知人の娘は、日に日に衰弱していた。


病状が進めば進むだけ、キュイは葛藤するだろう。


ぎりぎりまで追い詰めてから、キュイに取り引きを持ち込むつもりだったはずだ。


キュイの指摘通り、お粗末な取り引きである。


もっとも、ダンテもそれは理解している。


王宮の攻略のために、ダンテは多くのラグマ政府の者と接触していた。


裏切る可能性がある一人として、キュイのことも観察していた、というだけ。


つまり、ダンテにとってキュイは、特別に重要な存在ではない。


それでも、キュイに接触したズィニアに腹を立てた。


「無駄にプライド高いねえ」


三人が立ち去ってから、ズィニアは呟いてソファーに寝転がった。


あのプライドの高さは、枷となるか、それとも力の源となるか。


「まあ、どうでもいいけど……」


協力を要請されることはないだろう。


そして、近いうちにルーアたちとぶつかる。


ダンテたちは、甘くはない。


必ず、隙ができる。

ユファレート・パーターと、シーパル・ヨゥロを殺せる隙が。


(それまで、のんびりとさせてもらうさ)


欠伸をしながら、ズィニアは眼を閉じた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


「おい、オースター。やっぱやめとけって……」


病院の廊下を先に歩くティアに、もう何度目になるか、ルーアは声を掛けた。


病室の入り口前に掛けられた名札を確認しながら、ティアは進んでいる。


キュイの知り合いである、ユリマという少女の病室へ向かっているのだ。


「絶対関わらん方がいいって……」


「そうかもしんないけどさ……」


「あと、荷物……」


両手一杯の荷物に、いい加減肩まで痛い。

荷物持ちは、ティアの役割だった。


「それは置いといて」


「……おい」


「だって、あんなキュイさん見たら、ほっとけないわよ。もしかしたら、あたしたちで解決できるかもしれないじゃない」


「できねえよ……」


ここは病院である。

ユリマがなんの病気かはわからないが、治すのは医者で、ルーアたちの役割ではない。


『パパとママを返して』という、ユリマの台詞。


なにがあったか、少しは想像できる。


そして、簡単に解決できるとはとても思わない。


「……とか言って、ルーアも気になるくせに」


「全然なってない」


「じゃあ、先帰ればいいじゃない」


「そういう訳にもいかんだろ……」


ティアを、一人にするのは危険だった。


『コミュニティ』に狙われる、という危険もあるが、一人にするとなにをやらかすかわからない、という危険もある。


「あと、荷物なんだが……」


「この辺りのはずなんだけどなぁ……」


「……」


意地でも持たないつもりか。


キュイが去ったあの後。


ティアは、すぐに病院の受付に行き、ユリマの病室を尋ねていた。


教えてもらえるとは、思わなかった。


買い物袋を抱えた、武装している男女。


自分で言うのはなんだが、まったく見舞いに来ているようには見えない。


それでもティアは、愛想よい笑顔と話術で、ユリマの病室を聞き出していた。


ユリマの知り合いだと主張していたようだ。


知り合いではなく、一方的にちょっと知っているだけだというのに。


さすがに剣は預けることになったが、見舞いにきた者だと認識されることに成功していた。


素晴らしいティアの行動力と話術だが、無駄にしか思えないのはなぜだろう。


警備体制が甘すぎると、匿名の手紙を出して指摘しようかと、半ば本気でルーアは考えてしまった。


「見つけた」


ティアが病室の前で立ち止まり、ルーアは回想を止めた。


「なぁ……やっぱやめとけって」


ティアが、気軽に扉をノックする。


(シカトかよ……)


返事があった。

薄く、消え入りそうな声。


物おじすることなく、扉を開いて病室に入っていくティア。


買い物袋を手に、一人廊下で突っ立っているわけにもいかず、ルーアも続いた。


ベッドの上で上体を起こしていたユリマが、警戒の色を見せる。


看護師か他の見舞い客でも、想像していたのだろう。


ティアは、やはり気軽に手を振ると、愛想よい笑みを浮かべた。


怪訝な顔をしながら、遠慮がちにユリマも頭を下げる。


「あなたたちは、キュイおじさんの……」


ユリマとは会話をすることもなかったが、キュイと立ち話をしているところは見られている。


ルーアたちのことを覚えていた。


まあ、一杯の買い物袋を抱えて病院をうろつく者など、そうはいないからだろうが。


「こんにちは、ユリマちゃん。あたしはティア。よろしくね。あっちのはルーア。ロリコンだから、近付かれたら大声出してね」


「……おい」


「ねえ、座っていい? いいよね?」


返事を待たずに、ティアが椅子を引く。


少し慌てて、ユリマは頷いた。

勢いに呑まれている感じはする。


「あの……あなたたちは?」


「あたしたちね、キュイさんの家でお世話になってるの」


荷物を床に置いて、ベッドには近付かず、ルーアは壁にもたれた。


関わるべきではないという意見は、変わっていない。


「キュイおじさんの……」


「うん。それでね……」


そこで、はたとティアの口が止まる。


聞きたいことははっきりしているが、切り出し方がわからなくなったのだろう。


ユリマが、ティアを見つめている。


銀色の髪。日焼けを知らない透き通るような肌。華奢な体つき。


こういった印象を持つのは我ながら最低だと思うが、病室が似合うような儚さを感じる。


微かな溜息が聞こえた。


「キュイおじさんに、様子を見てくるように頼まれたんですか?」


「え? いや、えと……」


「違うよ」


ルーアは口を挟んで、ティアを指差した。


「そいつが、キュイさんと君になにがあったか、聞きたいんだとよ。教えてくれるか?」


早く終わらせたくなり、ルーアは単刀直入に言った。


正直、余り長居はしたくない。

ユリマも、歓迎はしていないだろう。


すぐに話してくれるならそれで良し。

話すのを拒絶するなら、帰る理由ができるというものだ。


「別にいいですけど……」


ユリマが語っていく。

父親のこと。母親のこと。自身のこと。キュイのこと。


ルーアもティアも、知らず知らずのうちに絶句していた。


ユリマの父親は軍人で、キュイの部下だったが、作戦中に死亡。


母親は、難病のユリマを残して、自殺している。


残酷と言っていい現実を、まるで人事のようにユリマは淡々と口にしていく。


十やそこらの子供とは思えない話し方だった。


「あの……それでさ……」


ティアが、なんとか声を搾り出す。


「病気って……」


「治る見込みはないそうです。いつ死んでもおかしくないって、お医者さんとキュイおじさんが話しているとこを、聞いちゃいました」


「……」


諦めているような口調と表情。


現実を受け入れているのではなく、ただ流されているようにルーアには感じられた。


こんな幼い子供が、こんな表情をできるものなのか。


両親を失い、孤独になり、現実に抗うこともできない。

ただ、流されるしかない。


そこから生じる、諦めの表情なのだろうか。


重い事実をあっさりと話してくれたのも、諦めているからかもしれない。


もうなにもかも、どうでもいいと思っているのではないか。


「バカですよね。別に、キュイおじさんのせいじゃないのに、勝手に気にして……」


キュイのせいではないと、ユリマは思っているのか。


それでも、どこかで恨んでしまっているのかもしれない。


『パパとママを返してください』


痛烈な言葉が、耳に響く。


うなだれた弱々しいキュイの姿が、脳裏に浮かんだ。


きっとあの男は、自分のせいだと思っているのだろう。


アスハレムの一件で、何度も謝罪する姿を思い出す。


キュイは、責任を一身に背負い込む。そういう性格なのだろう。


「キュイおじさんのお屋敷に、お世話になってるんですよね? どうでしたか?」


「どうって……」


ティアが、小首を傾げる。


「……お馬さん、何匹いましたか?」


「……白馬がいるだけだけど」


馬は、普通は匹ではなく頭と数える。

突っ込みたくなるのを、ルーアは我慢した。


年齢にそぐわぬ話し方を、ユリマはしていた。


それを考えると、些細な誤りが年齢相応で、むしろほっとする。


ちなみに、白馬ではなく葦毛の馬である。

まあこれも、今はどうでもいい。


「やっぱり……」


ユリマが、溜息をついた。


「キュイおじさん、五匹お馬さん飼ってたのに、売っちゃったんだ……」


「え?」


「治療費、キュイおじさんが払ってるんです。これも、たまたま聞いちゃったんですけど……」


ユリマの入院費や医療費を、キュイが支払っているのか。


かなりの高額なのだろう。


キュイの館には、必要最低限の物しかなかった。


立派な厩には、一頭の馬がいるだけだった。


生活を切り詰め、費用を捻出しているということか。


「バカな人……そんなことしたって、どうせわたしは助からないのに……」


舌打ちするのだけは耐えて、ルーアは頭を強く掻いた。


だから、関わるべきではないと言ったのだ。


椅子に座っているティアも、肩を落としている。


その姿が、小さく見えた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


キュイが、居間のソファーに腰掛けて思案している。


その前にあるテーブルに、テラントは酒瓶とグラスを二つ置いた。


キュイが、顔を上げる。


「……将軍」


「勝手に貰っている。が、一人で飲むのも寂しいからな。ちょっとだけ、付き合え」


「今は……」


「固いことは言うなよ。お互いが、二、三杯飲めばなくなる。それくらいの量だ」


テラントもキュイも、酒に弱くはない。


しかも、アルコール度の低い安酒である。


この程度で、酔いが回ることはない。


深夜である。

男同士が語り合うには、酒がある方が適当だろう。


キュイが館に戻ってきたのは、夕刻過ぎだった。


数日ぶりの帰宅となるが、いつもと同じようにルシタは出迎え、そしてキュイの様子は、少しおかしかった。


「カラの娘が、入院してるんだってな」


「……聞かれましたか」


「ああ」


テラントに話してくれたのは、ルーアだった。


迷いに迷ってから、テラントにだけは話しておこうと結論を出したらしい。


行動を共にする六人の中で、最もキュイと近いのが、テラントだからだろう。


ルシタがいるが、近すぎるため言えないこともある。

それに、女だ。


その点男同士なら、酔って殴り合うこともできる。


キュイは、堅苦しすぎる。

そして、一人で背負い込もうとする。


誰でもいい。

話して、愚痴や弱音の一つでも言えばいいのだ。


テラントも、全てを独りで背負い込もうとした。


妻のマリィが殺害され、その仇を討とうと旅に出た。


だが、なぜかその旅には、デリフィスが同道した。


それが、どれだけ救いになったことか。


テラントは、二つのグラスに酒を注いだ。


「カラは、なにもかも早かったな……」


結婚したのは、確か十五の時だった。

子ができるのも早かった。

そして、死ぬのも早かった。


豪放で、みんなに好かれていた。

他人の失敗を笑って許し、陰で後始末をしてやるような男だった。


「……私のせいなのです。私が、カラさんを死なせました。ユリマから、両親を奪いました」


「キュイ……」


テラントは、一気に呷りグラスを空けた。


敗戦について、なにがあったかは知っている。


全ての責任がキュイにあるかは、微妙なところだった。


だが、全ての責任は自分にあると、キュイは考えるだろう。


「お前は、もう少し踏ん反り返れ」


「踏ん反り返る……?」


「勝利は、自分のお陰。敗北は、全員のせい。それくらいまで、開き直ってみろ」


自分の地位に胡坐をかき、偉ぶる者には、こんなことは言わない。


どんな地位になろうとも、キュイは謙虚な姿勢を忘れないだろう。


「……私には、そういう風に考えることはできそうにありません」


「わかっている。けど俺は、敢えてそう言っている」


「……」


「その敗戦で、王が特別にお前を罰するようなことをしたか?」


「……いえ」


「そういうことだ」


テラントは、二杯目も一気に呷った。


キュイは、口をつけようともしない。


「……私からも、将軍にお伝えしなければならないことがありました」


「ん?」


「迷いましたが、やはり将軍にはお話ししておくべきなのだろうと思います」


「なんだ?」


「ズィニア・スティマが、私に接触してきました」


「……!」


「王宮にある『ヒロンの霊薬』を欲していて、私に協力を求めてきましたが……」


「……お前に?」


おかしい、と感じる。


キュイの人間性を少しでも知る者ならば、そんなものにキュイが応じるはずもないとわかるだろう。


ろくに調査もせずに、キュイに接触してきたとも考えにくい。


「その目的が、見えません。こうして、私の口から将軍にお伝えすることが目的なのかもしれません。ですから、お話しするべきかどうか迷ったのですが……」


「……いや、いい。あいつに関することは、全部話してくれ」


なにを企んでいるのか。


このロデンゼラーに来てから、足取りが掴めなくなった。


キュイと接触することに、なんの意味があるのか。


キュイが応じるはずがない。

では目的は、キュイではなく、その回りにいる者にあるのかもしれない。


「そういえば……」


ルシタの姿が思い浮かぶ。


「ルシタは、首の後ろに痣があったが……」


「……はい」


キュイの澄んだ眼に、テラントは口を噤んだ。


余計なことを言ってしまった。そう思う。


キュイが微笑した。


「将軍は、以前よりも考えが顔に出るようになりましたね」


「……そうか?」


「お察しの通りです。ルシタは幼い頃に『メスティニ病』を患いました。一命は取り留めましたが……」


二十年ほど前に、ラグマ王国内で大流行した伝染病である。


その死者は、百万に達したという。


感染者の全身の肌には、黒い痣ができる。


病が癒えたあとも、なぜか首の後ろには痣が残る。


髪で隠してはいたが、ルシタの首の後ろにも、それがあった。


「子供は?」


「おそらくは、望めません」


致死率は、七割を超える。

助かったとしても、生殖能力が著しく弱まる。


「……妾とかは、考えないのか?」


ルシタは傷付くだろうが、反対はできないはずだ。


ラグマ王国では、部将が妾を持つことは当然のこととされていた。


副将軍ともなれば、何人もの女を囲うのが普通である。


だが、キュイの周辺には、ルシタ以外に女の気配はない。


「……将軍は、妾を持とうと考えたことはありますか?」


「いや、ないな」


「それと、同じです。きっと」


マリィと出会ってからは、他の女のことを考えることはなくなった。


この女がいればいい。そう思った。


「もっと贅沢な暮らしができるはずですが、ルシタは不平の一つも口にしたことがありません。村の酒場で働いていました。充実していたようです。無理に、家の事をする必要はない、と言ったことがありますが」


館には、使用人がいない。

全ての家事を、ルシタは完璧に熟していた。


「いつも笑顔で私を送り出し、いつも笑顔で迎えてくれます。ルシタがいるから、私は安心して留守にすることができます。ルシタがいるから、館にいる間、満ち足りた気分でいることができるのです」


惚気話とは、少し違う。

感謝の気持ち。それを、誠実に語っている。


「村から、縁談話がきたんだったよな?」


「はい」


馴れ初めは、聞いたことがある。

キュイの館で世話になった初日、やはり夜で酒を飲みながらだった。


ルシタが暮らす村に、キュイの率いる部隊が駐留したことがあった。


その時に、躾が行き届いていなかった新兵が、村の若い娘に乱暴をしようとしたらしい。


止めたのは、ルシタだった。

駆け付けたキュイにも、説教をしたという。


笑いながら、キュイはその時のことを話してくれた。


「ルシタが『メスティニ病』を患った過去があることは、知っていました。ですが、縁談を受けようと思いました。後悔はしないと感じたからです。これまでに後悔したことはありません」


そして、これからも後悔することはないのだろう。


キュイとルシタの二人を見ていると、そう確信を持てる。


「子供についても、可能性が全くないわけではないのです。だから、私は諦めてはいません」


初めて、キュイがグラスに口をつけた。


一気に呷る。


「もう一杯だ」


微笑んで、テラントはキュイのグラスに酒を注いだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます