姉妹

あの日、焚火の前で誓った。


お父さんとお母さんを死なせて、友達を死なせて、集落の人たちを死なせて。


連れてこられた、新たな集落。

でも、受け入れてもらえなくて。

外。焚火の前で、二人で震えて。


全部あたしのせいなのに。


それなのに、リィルはあたしのことをお姉ちゃんて呼んでくれる。


だから、誓った。


なにがあっても、リィルだけは守ってみせる。


約束した。


あたしたち姉妹は、ずっと。


ずっと一緒だ。


◇◆◇◆◇◆◇◆


シーナの動きが止まった。

薄れた霧の向こうに、姉妹の姿が見える。


「わたしは、ここにいるから……」


シーナの背中に回した、リィルの手。


強く、優しく、シーナの体を抱きしめている。


「わたしたちは、なにがあっても、ずっと一緒だから……」


シーナが、微かに呻く。


声は、届いているのか。

きっと、届いている。

ずっと一緒に暮らしてきた姉妹なのだから。


「ルーアさん。お願いします……」


リィルは、なにを言っているのだろう。


自分諸とも、などと考えているのだろうか。


(……そんな訳、いくか)


どれだけの訓練を受けてきたか。

どれだけ、剣を振ってきたか。


シーナが動きを止めている今なら。

霧が薄れた今なら。


確実に、シーナだけを斬ることができる。


(シーナ……)


殺すことができる。


ルーアは、歯を軋ませた。


(……迷うな!)


それは、リィルの、覚悟を、決意を。


(……躊躇うな!)


シーナの、想いを、願いを。


(……背負うことから、逃げるな!)


踏みにじることになる。


シーナが、いきなりもがき出した。

リィルを引きはがす。


衣服が破れ、引っ掻き傷が残った。


リィルの指先にも、血。

爪が剥がれたのだろう。


「……リィルと一緒なんて、やだよ」


いつも通りの、シーナの台詞。

いつも通りの、言い方。


だからきっと、いつも通り、悪戯っぽく笑いながら。


ルーアは、叫び声を上げていた。


叫びながら、駆け出していた。


リィルが、手を伸ばす。

それを、ティアが抱き着いて止めた。


二人を、シーパルの防御魔法が包む。


できれば、リィルの眼を覆って欲しい。


だが、無理か。


半狂乱になっているリィルを押さえ込むことで、ティアは精一杯のようだ。


無防備なシーナの背中。


腹は駄目だ。

腹の傷は、すぐに死ねなかった時に苦しむ。


だから、シーナの背中から胸に、ルーアは剣を突き立てた。


シーナの体が震える。


リィルの悲鳴。


剣を引き抜き、シーナの体を抱き止めた。


急速に抜けていく。


命が、魂が。


温もりが。


「ありが、と……」


「礼なんて、言うな……」


静かに、傷だらけのシーナの体を横たわらせた。


「ごめんね……リィル……」


呟き。


シーナは、眼を閉じた。


リィルが、姉に縋り付く。


ルーアは、空を仰いだ。

だがすぐに、姉妹に眼を戻した。

眼を逸らしてはならない。


また、ルーアは歯を軋ませた。


これだから、手に馴染んでいない剣は嫌なのだ。


柄を握り締める手。


その掌が、どうしようもなく痛んだ。


◇◆◇◆◇◆◇◆


先を歩くズィニアに、追い付けない。


デリフィスがいくら速く足を動かしても、ユファレートが飛行の魔法を使っても、その距離は縮まらなかった。


「空間が……歪められてる?」


息を切らしながら、隣で走るユファレートが言った。


ゴーンの魔法なのだろうか。


ズィニアの目的は、デリフィスたちを引き付けることにあるのかもしれない。


ならば、このまま追い続けることは無意味なのか。


だが、ズィニアから眼を離していいものだろうか。


ズィニアが立ち止まった。

反射的に、デリフィスたちも立ち止まる。


「残念だったな」


振り返ったズィニアが言った。


「連絡が入った。シーナ、死んじまったよ」


「なにを……」


ユファレートが、杖を振り上げた。


衝撃波が、地面を壊しながら突き進んだ。


だが、ズィニアに届く前に消失する。


「なっ!?」


「無駄だ。届きゃしねえよ。追い付くこともできなかったろ? クロイツがその気になったら、誰も敵いはしねえ」


「……クロイツ?」


デリフィスは、初めて聞く名前だった。


「シーナが死んだって、どういうこと?」


ユファレートが、怒りを隠すことなく言った。


「どうって……そのまんまの意味さ。シーナは、お亡くなりになりました。シーナには、『百人部隊』に加わるだけの力はありませんでした」


「『百人部隊』……?」


「『コミュニティ』の、特殊能力者だけで構成された部隊だ」


ユファレートに教えてやる。

デリフィスも、詳しくは知らないが。

対戦したこともない。


「欠員が出ちまってな。まあ、いつも苛酷な任務を行っていたからな。欠員が出たら、補充しなくちゃな」


「それで、シーナか……」


デリフィスは、ズィニアに剣を向けた。


届かないと聞かされても、構えるのをやめる気にはならない。


「ずっと前から、眼をつけられていたからな。けど、いくら強力でも、制御する力がまったく育っていなかった。そんなの、使い物にならんだろ? まあせめて、兵士を量産してもらおうとな……」


「ふざけないで……」


ユファレートが、また魔法を放つ。


だが、やはり途中で消えた。


「そう怒るな。俺だって、後味悪い任務だったんだからよ」


ズィニアは、小剣を収めた。


「二人相手だと、万が一がある。だから、退け。それが、今受けた指令だ。胸クソ悪い」


凶悪な笑みを浮かべる。


「退却する前に、質問だ。テラント・エセンツのお友達よ。まあ、答えなくてもいいけどな」


「……なんだ?」


「なんで、俺はあいつに命を狙われなくちゃならない?」


「……テラントの妻を、お前が殺したからだろう」


ズィニアが、難しい顔をする。


「……本当に、殺したのは、俺?」


「……」


デリフィスは、エスとのやり取りを思い出していた。


テラントは実際には見ていない。

マリィが殺された瞬間も、ズィニアが殺す瞬間も。


「……まあ、どうでもいいんだけどな。火の粉は払うだけだ」


いとも気楽に、ズィニアはそう言った。


「伝言頼むわ。俺はこれからズターエ王国にいる友達に会いに行く。なんなら、追ってこい、ってな」


そして、ユファレートを嫌らしい眼つきで見て、笑う。


クロイツとやらの魔法か。


ズィニアの姿が消えた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


シーナの遺体に縋り付いて泣きじゃくるリィル。


放心したような表情でそれを見つめるルーア。


座り込んでいたシーパルは立ち上がった。


「……シーパル」


声をかけてきたティアに、シーパルは頷いた。


「テラントの所へ戻ります」


「……一人で、大丈夫か?」


ルーアだった。

もう、戦う気力など残っていないだろうに。


「大丈夫ですよ」


「……じゃあ、頼む」


「はい」


テラントたちがいる方へ、歩き出す。


本当は飛行の魔法で飛んでいきたいが、頭部を負傷している状態では、思うように制御できない。


歩きながら、治癒の魔法を発動させた。


(……なんだろう?)


なにか体がおかしい。

喉だけでなく、肺まで渇いた感じがする。


重たい感情が、胸の内にある。


出血を止めたところで、シーパルは飛行の魔法を発動させた。


集落で過ごして、まだほんの数日。


姉妹と交わした会話は、数えるほどしかない。


友人と呼べるほどの付き合い方はしていなかった。


だが、この感情は。

紛れも無い、怒りと悲しみだった。


テラントの周囲で瞬間移動を繰り返し、剣を振るうゴーン。


それを、テラントは傷だらけの体で凌いでいた。


「テラント!」


名前を呼びながら、着地する。


「……よお」


さすがに、疲弊しきっている。

今にも卒倒しそうな顔色だった。


そんな状態で、そして片手片足で、テラントはゴーンの相手を続けていた。


ゴーンが、離れた所へ瞬間移動した。


「あとは、僕が」


「ああ、任せる……」


言い終える前に、テラントは倒れ込んだ。


「すぐに終わらせます」


警戒の色を見せているゴーンと対峙する。


幾度となく、瞬間移動を発動させたのだろう。


さすがにゴーンは、肩で息をしていた。

背中の負傷もある。


魔法の発動速度も、精度も、かなり落ちるはずだ。


表情。

焦っているようにも、怯えているようにも見える。


その姿が消えた。


(瞬間移動? 長距離転移? いや……)


魔力の残滓を読んでいく。

おそらくは、先程の灰色の世界のように、別の空間へ転移した。


都合がいい。


逃亡する可能性が高いとは思っていた。


長距離転移をされては、追うことはできなかった。


ズィニアと合流されるのを、最も恐れていたのだが。


自分の世界に閉じこもっているのならば。


強引に、その扉を開けてしまえばいい。


ゴーンの空間。

ここにある。


「時間……空間。……封印……解放」


呟きながら、読み取っていく。

空間を、世界を。


「…………見つけた」


手を伸ばし、触れる。


「空間……と……解放。……侵食」


自身の魔力を、空間へと注ぎ込んでいく。


単純な魔力の強度ならば、シーパルの方が上。


空間系統の魔法の精度ならば、ゴーンの方が上。


だがゴーンは、空間を維持し、なおかつ守らなくてはならない。


シーパルは、ただ穴を開けてやるだけでいい。

人が一人通れるだけの穴を。


空間が軋む。

亀裂が走る。


強引に、シーパルは空間をこじ開け、穴を拡げていった。


魔力を放出し続けながら、シーパルは空間へと侵入した。


撒き散らす魔力が、空間の形成するゴーンの魔力と結合する。


シーパルは、立ちくらみを感じた。


コツは掴んだつもりだが、空間に穴を開けるなどの荒業、やはり消耗が激しい。


空間の隅で、ゴーンが悲鳴を上げた。


先程の灰色の世界に比べたら、ずっと狭い。

ジンの集落ほどの広さだろうか。


ゴーンが魔法を使おうとして、だが失敗する。


この空間の外へ脱出しようとしたのである。


「……無駄ですよ。すでにこの空間には、僕の魔力も浸透させています。ここはもう、あなただけの世界じゃない」


ゴーンが消えた。

背後に瞬間移動。


背中の傷と、テラントとの戦闘で消耗しているのだろう。

これまでのような切れがない。


「ルーン・バインド!」


魔法の縄が、ゴーンの剣に絡み付く。


ゴーンは剣を捨てて、瞬間移動で逃げた。


他人の魔力に侵された道具を持っては、瞬間移動の魔法はさらに難易度を増す。


焦燥したゴーンが、また瞬間移動を発動させた。


そのまま、連続で発動させ続ける。


おそらく、こちらに隙ができるのを待つつもりだろうが。


(……時間と空間……封印と解放……)


思い出せ。

あの訓練を。


一日中、時間の流れを読んだ。

風の流れを。

草木のざわめきを。


鳥はどこからどこへ飛んでいくか。

蛇は。

蟻は。


ゴーンは、次はどこへ瞬間移動するのか。


読み取れ。

時間を、空間を。


「ルーン・バインド!」


ゴーンの右腕に、魔力の縄が巻き付く。


驚愕した表情が見えた。

それでも、瞬間移動で逃げ続ける。


だが、発動速度が顕著に落ちていた。


他人の魔力を引っ張りながらでは、ゴーンといえども思うように瞬間移動を使えない。


魔力の縄が、ゴーンの四肢を封じ、そして胴体に絡み付く。


それで、ゴーンは瞬間移動を発動させることができなくなった。


この魔法、実はかなり脆い。

簡単な攻撃魔法で破壊できるし、身体能力が高い者なら、腕力で強引に引きちぎることも可能だった。


だが、ゴーンにはその両方がない。


身動きが取れなくなったゴーンに、シーパルは歩み寄っていった。


「……た、助け……」


「シーナは一度も命乞いをしませんでしたよ。自分の命乞いはね」


「……」


シーパルは、ゴーンの前で立ち止まった。


(時間と空間。封印と解放……)


それが、ヨゥロ族の真髄。

おそらく、まだ理解し切れていない。


だが、それでも。


「今日から僕が、ヨゥロ族の族長です」


これは、宣戦布告。

『コミュニティ』への。

あの、ソフィアという女への。

そして、ヨゥロ族を壊滅させた、何者かへの。


シーパルは、ゴーンの顔へ掌を向けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます