最悪の殺し屋

「クロイツに指示された。だから、ここに来た」


肩をすくませながら、ズィニアはそう言った。


「で、こんな所にいるお前は、誰だ?」


「はは……」


短く笑って、テラントは一歩進んだ。


「……そうか。俺のこと、覚えてないのかよ……。まあ、べつにいいさ……」


血が、憤怒が、全身を駆け回っている。

体が熱い。


「忘れたまま、死ね」


地面が陥没するほどに蹴りつけ、テラントはズィニアとの間合いを詰めた。


「う……おっ!?」


ズィニアが、顔を引き攣らす。

斬撃は、小剣に受け流された。


昔、相対した時は、初撃で左耳に傷を負わせた。


あの時よりは、腕を上げたということか。


そうこなくては。

簡単に終わってもらっては困る。


怒りを、憎しみを、存分にぶつけてやれる。


次々と斬撃を繰り出していく。

ズィニアが、後退しながら捌く。

僅かに、体勢を崩している。

見逃さず、テラントは踏み込んだ。


交錯する。


ズィニアの肩口を薙ぐはずだった。

だが、かわされた。


「ちっ……」


舌打ちをして、ふとテラントは、右腕を液体が伝うのを感じた。


皮一枚分だけ、ズィニアの小剣がかすめたようだ。


好機に、力んでしまったか。

やっと出会えたマリィの仇に、感情が高ぶっている。


「ったく……。お前、誰だって聞いてんのに、いきなり斬り掛かるなよ……」


ズィニアがぼやくが、聞いてはいなかった。

左手でも剣を抜く。


溜息をついて、ズィニアももう一本剣を抜いた。


背負っていた剣である。

腰の後ろにも、剣と鞘が見えた。


ズィニアが、両手に持った小剣を構える。


短く雄叫びを上げ、テラントは再度ズィニアに斬りつけた。


「やれやれ……」


剣を受け止め、あるいはかわしながら、ズィニアが呟く。


「何者なんだか、なんの恨みがあるか知らんが……」


散る火花の向こうで、ズィニアが手首を翻すのが見えた。


「もういいか。死ねよお前」


斬撃と斬撃の合間。

隙とは言えないその僅かな間に、ズィニアが小剣を突き出す。


予想よりも遥かに鋭い。

体を捩りかわすが、頬をかすめた。


受けに回るつもりはない。

かわした勢いそのままに体を回転して、斬撃を放つ。


ズィニアは、跳躍して後退した。

小柄な体格に相応しい身軽さだが、逃がすわけにはいかない。


「!?」


テラントが踏み出したタイミングで、いきなりズィニアが弾かれたように突進してきた。


体をぶつけるような勢いで、二本の小剣を振る。


受け止める。だが。

後方に弾かれてたたらを踏んだのは、体格で勝るテラントだった。


勢いをつけられた分、力負けしてしまったか。


体勢が崩れる。

それを見逃さず、ズィニアが襲ってくる。


横に回るようにして、テラントはかわした。


体を引っ張られるような衝撃。

地面を転がり、テラントは距離を稼いだ。


肩と腹に、軽い痛み。

小剣が、僅かにかすめた。


問題はない。

動きに支障が出るほどの傷ではない。


ズィニアが口笛を鳴らす。


「今のをかわすかよ……たいしたもんだ」


「……!」


上からの物言いに、とっくに沸騰している頭にさらに血が昇りそうになる。

なんとか、テラントは抑えた。


さっきから、何度も手傷を負っているのだ。


(怒りに身を任せては、勝てない、か……)


忌々しいがそれを認め、テラントは息をついた。


冷静になるのは無理だが、冷静に近い状態にはならなくては。


「……!?」


不意にそれに気付き、テラントは背後に跳んで間合いをとった。


冷めた眼付きでこちらを眺めるズィニア。

自然体に構えるその姿。


まるで、岩を背負わされているかのような圧迫感がある。


(……隙がねえ……)


こんな奴に、不用意に仕掛けていたのか。


指一本分ほど、ズィニアが前進した。


反射的に構え直す。

隙を見せたら殺られる。


直感で悟り、テラントは歯噛みした。


狩る立場のつもりだった。

仇を討たなければならないのだ。


(……なんでだ?)


斬れる気がしない。


二十数年、毎日剣を振ってきた。

何百、何千、あるいはもっと。

剣士として、ここ二十年の密度は誰にも負けていないはず。


何千万と繰り返した素振り。

地道な反復。


そうして積み重ねた基礎は、テラントの巨大で堅固な土台となった。


それがあったからこそ、これまで誰が相手でも遅れは取らなかった。


それなのに。


(……なんだ、こいつは!?)


腕は立つと自覚している。

だからこそわかってしまう。


テラントの何千万の積み重ねを軽く凌駕する、圧倒的なまでのズィニアの積み重ね。


何億、何十億という積み重ね。


(……ふざけんなっ! そんなわけねえだろっ!)


ズィニアは、テラントと同じくらいの年齢だろう。


そこまで積み重ねられるわけがない。

体が耐えられるわけがない。


だがそれならば、なぜここまで、あの小柄な体が大きく見えるのだ。


ズィニアの、まるでお手本のような、基本に忠実な二刀流の構え。


互いに隙はない。

先に動いた方が負ける。


それなのに、ズィニアが仕掛けてきた。


ズィニアには、こちらの隙が見えているのだろうか。


四本の剣が火花を散らし、あるいはすれ違い交錯する。


「っ!」


首を浅く斬られた。

頸動脈までは達していない。

戦慄が走る。


反撃はできなかった。

構えたズィニアは、やはり隙がない。


ズィニアが、前傾姿勢となった。

より攻撃的にくる。


テラントは僅かに後退した。

呑まれている。

隙はない。ないはずだ。


ズィニアが駆ける。

テラントは、守勢となった。


ズィニアが剣を振るたび、傷が増えていくように感じる。


ズィニアの斬撃は、基本に忠実だった。

だから、無駄がない。

無駄なく最短を小剣が通る。


基本に忠実だから隙もできず、反撃ができない。


そして、基本に忠実なのに、テラントにとっては未知の斬撃。


(……腕か!)


不格好なまでの長い両腕。

それがしなり、微妙な変化を生む。


ズィニアにとっては基本の斬撃が、テラントにとっては未知の斬撃となる。


肩口に小剣を叩き込まれた。


芯は外してある。


テラントは乱暴に剣を振り回し、なんとか距離を開けた。


傷を負いながらでなければ、間合いを取ることもできない。


一体、どれだけ斬られたのか。

浅手ばかりだが、全身が赤く染まっていた。

息が切れる。


(……まだ、なにかありやがるな……)


両腕の長さ以外に、まだなにかある。


ズィニアが小剣を振るたび、こちらのリズムに狂いが生じるのだ。


「いやあ……しぶとい奴だ」


テラントを見つめながら、ズィニアが呆れたように言う。


「けど、まあ。そろそろ終わらせるか」


上体を、ゆらゆらと揺らす。


「……?」


ゆっくりと、ズィニアは体を揺さ振った。


「!?」


ズィニアの姿は、視界の中。


それなのに、不意に見失ったと錯覚してしまった。


一瞬だけ、激しく体を上下させた。


その速さに、眼がついていけなかったのだ。


あっと言う間に懐に潜り込まれた。


迎撃するために剣を振り下ろそうとするが、ズィニアの肩に阻まれ腕が振れない。


体が密着した状態。

いくらなんでも近すぎる。


これでは、お互いに剣を振れない。


テラントは、ズィニアの脇腹に膝を突き立てようとした。


風を斬る音がする。

ズィニアの、テラントの首に回した長い左腕。


その手に持つ小剣の切っ先が、テラントの左の眼球を狙う。


とっさに屈んで、ズィニアの腕から逃れたが、額を斬り裂かれる。


ズィニアを突き飛ばすようにして、テラントは逃げた。

いくらか混乱している。


(なんだ今の技は……!?)


様々な流派と剣を合わせてきた。


多くの技を知っている。

知らない技でも、受けられる自信があった。


未知の剣術であろうと、他の剣術とどこかで共通点があるものだ。


だが、今のズィニアの技は、まったく予測ができなかった。


強いて言うなら、近接の格闘の、親指で眼球を潰す技法に近い。


「今のもかわすとはねえ……」


余裕のズィニア。

もう、隙がないなどとは言えなかった。


どれだけ防御を固めようと、ズィニアの小剣はテラントの体に達する。


このままでは、殺されるのを待つだけ。


テラントは、構えたまま突っ込んだ。


ズィニアに唯一勝るもの。

それは体格、つまり、筋力。


深手を負うことになろうと、とにかく接近して押し倒すつもりだった。


動きを封じれば、いくらなんでも為す術がないだろう。


ズィニアは、攻撃も回避も行わなかった。


正面から、テラントの突進を受け止める。

そして、ズィニアが腕を振る。


「……!?」


なにが起きたのか、すぐにはわからなかった。


わからないまま、テラントは地面を舐めていた。


(……俺を……腕一本の力だけで、吹っ飛ばした……!?)


馬鹿な。

どれだけ体格差があると思っているのだ。


あの小柄な体のどこに、そんな力が。


なにもかも通用しない。

経験も、技も、力も。


冷めた眼で、見下ろしているズィニア。

見上げるテラント。


絶望的なまでの実力差。

それを感じた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


(何者なのだ、ズィニア・スティマ?)


なにもかも白い世界。

エスが創造した世界。

そして、空間に映し出される、灰色の世界の情景。

そこで繰り広げられる戦闘。


エスが腕組みをして注視しているのは、テラント・エセンツとズィニア・スティマの戦闘だった。


(いくらなんでも強すぎる……)


強いのはわかっていた。

だが、相手はテラント・エセンツなのである。


剣だけに限定すれば、いずれはストラーム・レイルの高みまで至る可能性がある逸材。


それが、剣の勝負で一方的にやられている。


「驚くことではない」


白い世界。

エスの背後、白い扉が開き、踏み込んでくる者がいる。


エスの世界。

そこに、エス自身が閉じ込められていた。


外界を覗くことはできるが、接続は妨害されている状態だった。

助言の一つもできない。


今のエスは、ただの傍観者だった。


ここまでエスの力を封じ込めることができる存在は、この世に一人しかいない。


エスは、振り返った。


「……久しぶりだな、ケイ。十一番目の存在よ」


痩身で、中年の男がいる。

学者のような雰囲気を持った、紳士的なのに、どこか傲慢な印象を人に与える男。


眼のせいかもしれない。

まるで実験動物を見るかのような瞳。


全ての元凶。


「知っているだろう? そのコードは捨てた。私のことは、昔のようにクロイツと呼べばいい、サムエルよ」


「その名前は捨てた。私は、エスだ」


「エス……十九番目の存在か」


クロイツは笑うと、勝手に白い椅子を引き腰掛けた。


「あなたが、裏で糸を引いていたのだな。シーナに魔法陣を施したのも、あなただろう?」


テーブルの上に、コーヒーが注がれたカップが現れた。


優雅とも言える仕種で、クロイツがカップを手にする。


「今回だけではないな。ヴァトムの件も、あなたが裏にいた。『塔』に細工をしたのは、あなただ」


「わざわざ確認しなくてはならないほどのことか?」


クロイツが嗤った。

簡単な問題に頭を抱える者を、嘲笑うように。


「君が知りたいことは、もっと他にあるはずだが? 君の悪い癖だ。最大の疑問を隠そうとする。知らないことを、恥じるようにね」


見抜かれている。

エスは、映像に眼を移した。


テラントの傷が、また増えている。


いずれも浅い傷のようだが、全身が赤く染まっていた。


「ズィニア・スティマは、何者だ?」


「君の駒が一方的になぶられることが、そんなにも意外かね?」


「意外だな」


エスは、素直に認めた。


「テラント・エセンツが、剣のみの戦闘でまったく歯が立たない相手は、ストラームだけだと思っていた」


「随分と高い評価だ」


「間違っているか?」


「いや、概ね正しいが」


クロイツが、ゆっくりと歩み、エスの隣に立った。


コーヒーの香りが、鼻腔をくすぐる。


二人で、テラントとズィニアの戦闘を眺めた。


「テラント・エセンツは、確かに稀代の戦闘者といえよう。当代随一の剣士にもなれる存在だ。だが、その程度でズィニアの相手が務まるはずがない」


「……その程度……?」


「ズィニアは、本来なら、組織の一戦闘員として、その生涯を終えるはずだった」


「彼もまた、『コミュニティ』で生まれ育った存在なのだな」


現ヴァトム領主、リトイ・ハーリペットもそうだった。


『コミュニティ』の綿密なる計算により組み合わされた男女。


そして産まれた、組織のための人員。


「そうだな」


クロイツは肯定した。


「ズィニアが生まれ持った、小柄な体型に相応しくない両腕。それから繰り出される剣は、相手にとっては常にフェイントが織り交ぜられているような感覚を与えるだろう。彼は、手足の長さが、左右で数センチ違う。それが、相手のリズム感を狂わす」


戦闘というものをする必要のないエスには実感できないが、確かにそうなのだろう。


テラントは、ずっとぎこちない戦い方をしていた。


「だが、それだけの男だった。彼には魔力がない。接近戦で、他よりいくらか優れた存在。その程度で終わるはずだったが、ズィニアは、それを善しとしなかった」


「体格だけでは、説明がつかない強さではある」


「彼は望んだ。私の実験の被験者となることを」


「実験?」


「テラント・エセンツは、素晴らしい剣士だな」


クロイツは、血塗れとなっているテラントを見つめながら、そう言った。


「技術、身体能力、全てが抜きん出ている。だが、いつの時代にも、彼のような男はいた。優れた武芸者、剣豪と称されるような者は」


両腕を拡げる。

なにか、巨大なものを受け止めるように。


「旧人類の世界が滅び、七百十九年が過ぎた。その間に生まれた、数々の達人と評価された剣の使い手たち。その記憶を、ズィニアにダウンロードした」


「なんだと……!?」


「ズィニアの脳には、七百十九年分の血を吐くような修練の記憶、数々の技がある」


「馬鹿な……! そんなことをして、脳が耐えられるはずがない。体が、技術を扱い切れるはずがない……」


「脳は、途中で何度も壊れたさ。その度に、修復した。他人の記憶に破壊され、修復されたズィニアの今の人格が、実験前のズィニアの人格と同一か、非常に疑わしいところだがね」


「狂っている……」


「体は、別の方法で強化した。有り体に言えば、薬物の過剰摂取による強化だな」


「それで、テラント・エセンツをも凌ぐ身体能力を手に入れたと……」


「もっとも、代償は大きかったが。おそらく彼は、もうあと十年と生きられまい」


「愚かな……。狂っている……」


もう一度、エスは言った。


「愚か? 私は、そうは思わない」


クロイツは、ズィニアの無傷な体を見遣った。


小柄な体に、底が見えない戦闘能力を宿らす姿。


「彼は、平凡な強さを拒んだ。自分が、戦闘のためだけに生まれたことを自覚していたからだろう。より高みを目指し、狂気的な実験に身を投じ、人格も寿命も、ただ強さに捧げた」


「……」


「テラント・エセンツは、優れた剣士ではある。妻の仇を討つという執念も、かなりのものだろう。だが所詮、一介の剣士に過ぎないのだよ」


「ズィニアは……」


「テラント・エセンツの二十七年を、薄っぺらいとは言わない。それはそれで、重厚なものだろう。だが、ズィニアに届くものかよ。彼は、七百十九年を背負っているのだから」


クロイツは、映像に背を向けた。

勝敗の結果は見えていると言わんばかりに。


「エス。君は、ズィニアのことを狂っていると言ったな」


「言った。狂っているとしか思えない」


「確かに狂っている。だが、私は……」


振り返り、肩越しにズィニアを見る。


その瞳には、テラント・エセンツの姿は映っていない。


「彼の強さを求める執念。最悪の殺し屋であろうとする意志。それを、美しいとさえ思うよ」


ズィニア・スティマに送るクロイツの視線は、実験動物を見るものではなくなっていた。


優れた芸術品に心奪われた眼だった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


小剣が、脇腹をかすめる。

傷よりも、これまでの失血のために、テラントはよろめいた。


(ふっざ……けんなぁっ……!)


フラついている場合か。

今、眼前にマリィの仇がいるのだ。


ズィニア・スティマ。

この男を殺すためだけに、生きてきたのだ。


「らあっ!」


唾を飛ばしながら、テラントは体を捩り剣を振った。


体中の筋肉が悲鳴を上げるような、渾身の斬撃。


だが、ズィニアはびくともせずに受け止める。

また、弾き飛ばされた。


膝が震える。

倒れ込みそうになる。

両足の親指が地面に刺さるほど力を込めて、テラントは倒れることを拒否した。


「いい加減にしろよ、てめえ……」


ズィニアが、怒りを抑えるように言った。


「こんだけ俺が殺し損なうなんて、初めてだぞ。プライド、ずたずただ」


「そりゃ、こっちの台詞だ……」


無理矢理に、足を前に出す。

勝ち目は見えない。

だが、諦められるか。

それは、テラントの全ての否定となる。


「そろそろ、俺を殺したい理由くらい話せよ」


「……お前は、妻を殺した」


「……妻?」


ズィニアが、首を傾げる。

しばらくして、冷笑を浮かべた。


「どれのことか、わかんねえや。なにしろ、女だろうと子供だろうと、殺すのが俺の仕事だからな」


(……こいつ……!)


足を震わせている場合じゃない。

動け、動け、動け。


「で?」


「……なんだと?」


「たったそれだけの理由か? くだらね。お前だって、何人も殺してきただろうに」


「……う……!」


叫んでいた。

それと同時に、体が弾けたように動き出す。


殺す。こいつだけは、絶対に殺す。


まだ、これだけの力が残っていたのか。

まだ、いくらでも剣を振れる。

それなのに、届かない。

全て、防がれる。


ズィニアの両腕がしなった。

小剣もしなって見える。

テラントの剣に絡み付くような錯覚。

剣を弾かれた。

次いで、腹筋を蹴り抜かれる。


後退し、テラントは膝をつきそうになった。

それも、拒否した。


「……で、だ。名前も、まだ教えてもらってなかったな」


呼吸が苦しい。

すぐに足を動かすことはできなさそうだ。


「……テラント・エセンツだ」


「ふぅん……」


聞いておきながら、興味なさそうに呟く。


一歩ずつ、近付いてきた。


「……知らね」


また、一歩。

だがそこで、足を止めた。


「……エセンツ? テラント……エセンツ……。マリィ・エセンツ?」


訝し気な顔をする。


「俺が、マリアベルを殺した?」


「……マリアベル?」


「ふっ……ははっ……」


ズィニアが吹き出し笑った。

我慢仕切れないというように。

両手の小剣が淡く輝いた。

右手の小剣は銀色に。

左手の小剣は薄い黄色に。

魔法道具。


「殺して終わり、のつもりだったが、予定変更。悪く思うなよ」


「……?」


「剣術だけで向かってくる。だから、剣術だけで相手をするつもりだった。けど、お前さんは強い。加減ができない程度にはな。勢い余って殺してしまうかもしれない。だから、これ、使わせてもらう」


ズィニアが持つ魔法剣。

その能力はなんだ。


ズィニアが、気楽に間合いに入ってきた。

舐められている。

テラントは、光の剣を振った。


ズィニアが右手に持つ、銀色の剣身。


それに触れた瞬間、テラントの魔法道具から伸びていた、光の剣が消失する。


「なっ!?」


ズィニアが、左手を振る。

受け止めるために、テラントは左手の剣で合わそうとして、だが、眼を見開く。


ズィニアの左手の小剣、その薄く黄色い剣身が、消えていた。


交錯する。


「ふっ……ぐっ……!」


左の二の腕、そして右肩を斬り裂かれていた。


背後にズィニア。

振り返ることもできない。

後頭部に衝撃。

テラントは、崩れるように倒れた。

背中を踏み付けられる。


身動きが取れない。

両腕をやられた。

剣を振ることも難しいかもしれない。


「ネタばらし」


ズィニアが言った。


「使わざるをえなかった。それに、敬意を表してな。気になるだろ?」


テラントの頭の横に、小剣を突き立てる。


後頭部の方なので見えないが、銀色の小剣。


「これは、『拒絶の銀』。刃で触れれば、魔法と、魔法に準ずる力を消し去ることができる」


今度は眼の前に、左手の小剣を刺した。


薄い黄色の剣身。

それが、消えたり現れたりする。


「こっちには銘がない。能力はこの通り。眼に映らないようにできる。『インビジブル』、なんてクロイツは呼んでいたな。古代語で、不可視って意味らしいぜ」


ズィニアほどの剣士が、そんな武器を扱うのか。


これは、接近戦では誰の手にも負えないかもしれない。


かと言って、遠距離からの魔法攻撃も、『拒絶の銀』に消されるのか。


「さて、と」


ズィニアが、踏み付ける足に力を込める。


「急所は外した。だから、死ねないだろ? まあ、ずっとほっとけば失血死するだろうがな」


ズィニアが、体を動かした。

見えないが、なんとなく灰色の天を仰いだような気がする。


「クロイツさんよぉ。見てんだろ? 繋げろよ。こいつの記憶が見たい」


なにを言っているのだ。


(記憶を、見たい……?)


そして、クロイツとは何者だ。

ズィニアの背後に、まだ誰かいるのか。


ちくり、と頭部に小さな刺激を感じた。


頭皮ではなく、脳に直接針を刺されたような感覚。

痛くはない。


「マリィ……あの日、あの雨の日……」


ズィニアが囁く。

それで、まざまざとあの日の記憶が蘇った。


火がついた自宅。

リビングの中央に立つズィニア。

足下には、マリィ。

血。

ズィニアに斬り掛かり、剣はその左耳をかすめた。


テラントは、もがいた。

だが、立ち上がることができない。


ふっと、体が軽くなる。

ズィニアが、テラントを踏むのをやめたのだ。


笑い声を上げながら、歩いている。

おかしくて堪らない、という風に。


「……なにを……?」


「いやあ、だってなぁ……」


にやにやしながら、ズィニアは自分の左耳を摘んだ。


「この傷、綺麗さっぱり消すことはできたんだ。けどまあ、記念と言うか、戒めと言うか。なにしろ、初めて実戦でつけられた傷だからな。それで、残してある」


額に柄を押し付けるようにして、笑う。


「俺がいたな……。燃え盛る家に、俺がいた。マリアベルもいた。血を流して。俺が殺した? 俺が? そして、耳の傷……」


動けないテラントを見つめてる。

眼を見開き、口を笑みの形にして。


「傷をつけたのは、お前?」


ズィニアは高笑いを上げた。

近寄ってくる。

頭部を、踏まれた。


「面白えや、お前……。今は殺さないでやるからさ、生き延びろよ。いい餌になるかもしれねえからな」


意味不明なことを。

立ち上がれないか。戦えないか。

自分の体に聞いた。

左腕は無理だ。

完全に死んでいる。

右腕は、まだ動かせる。

まだ、終わっていない。


突然、灰色の世界に無数の亀裂が入った。

そして、空間が崩壊した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます