盤上の駒たち

「んじゃ、作戦会議的なことを始めようと思う」


テラントが言うのを、ルーアは冷めた眼で見ていた。


宿に戻った。


部屋は目茶苦茶になっていたので、別の部屋である。


宿の主人は心底嫌そうな顔をしながら、ルーアたちを案内した。


エスが、新しい部屋を注文しなおしていたらしい。


ベッドが四台並んでいる。


ルーアは、背中を壁に預け、足を投げ出しベッドに座っていた。


レイブル、ジグ戦から、思うように体が動かない。


部屋には他に、ティア、ユファレート、テラント、シーパル、そして、デリフィスという剣士がいた。


みなそれぞれ、思い思いに椅子やベッドに座っている。


「お前らが出ている間に、エスから連絡があった」


テラントが、シーパルを見ながら言った。


「あいつらは、ヘリクハイト北西の元集落をアジトにしているらしい」


「元集落?」


ティアが小首を傾げた。


「何年か前に、伝染病で住人が全滅した集落だと。それと、時間が制限された」


外を見る。

すっかり明るくなっていた。


「軍と警察を押さえてられるのが、最長で二日、だそうだ。それまでに、けりをつけてくれってことだ」


テラントは、試すような視線をルーアに送ってきた。


「念を押されたよ。ランディ以外を倒してくれと。どうしても、お前の手でランディを殺させたいみたいだな」


「……」


「相手は、あと二十人くらいだろう。そして、ランディと『悪魔憑き』が一人重傷。これは、戦力が半減したと考えていい」


テラントが、指を鳴らした。


「兵士は、死体と時間があれば量産できる。だから、その前に叩くべきだと思う。が、ルーア、動けるか?」


「すぐは無理ですよぉ」


のんびりと答えたのは、シーパルだった。


「普通だったら、四、五日は安静にしないといけないくらい衰弱しています」


「シーパル、お前が回復してやるとして、どのくらいかかる?」


「多分、半日……一日はかからないと思います」


「ユファレートと二人がかりなら?」


「三時間くらいですかね?」


「そうね」


ユファレートが頷く。


「よし」


テラントは立ち上がった。


「シーパルとユファレートは、ルーアの回復と護衛を頼む。俺とデリフィスで、アジトを一度叩く」


「……あたしは?」


ティアが、自分の顔を指した。


「あたしも戦える」


「……兵士はな、造られた命で、人間とは違う。けど、斬るときの感触は、人の体のそれだ。痛みもあれば、感情もある。断末魔の悲鳴もあげる」


「わかってる」


「殺せるのか? 友達の兄貴を捜すためって理由で」


「……あたしが育った孤児院はね、国境沿いにあったの。何度も戦火に巻き込まれた。王都が近かったから、軍はそっちを守るのに必死で、あたしたちのことは見向きもしなかった。だから、盗賊団に襲われたりもした」


ティアは、腰の小剣に触れていた。


「家族に守られるだけとか、待つだけとか嫌だったから、あたしは戦い方を学んだわ。あたしの剣は飾りじゃないの。オースター孤児院の出身者は、女子供だって戦える」


「……わかったよ。一緒にこい」


「おい、テラント……」


デリフィスが、不服そうな声を出す。


見返すテラントの眼は、じゃあお前が説得しろ、と語っていた。


デリフィスは、舌打ちして顔をそらした。


「じゃあ、決まりってことで。いいか、ルーア?」


「……勝手にすればいいさ」


投げやりな気分でルーアは答えた。


仲間だとは思っていない。


まだ知り合ったばかりの連中である。


それこそ、寝首をかかれても不思議ではない。


戦いたければ、勝手に戦えばいい。


回復してくれるならば、利用してやる。


だが、信用はしない。


仲間とも思わない。


仲間に裏切られる辛さを、ルーアはよく知っていた。


二度と味わいたくはない。


「……勝手に、すればいい」


もう一度、ルーアは呟いた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


連れて来られたのは、小さな村の跡だった。


いや、村にも満たないかもしれない。


砂や岩が多く、植物が少ない。


ランディが与えられた家には、屋根と壁が残っていた。


ベッドには、マットもある。


外では、グリップが顔を赤くし唾を飛ばしながら、兵士に配置の指示を出していた。


『悪魔憑き』の男が、頭部にひどい傷を負って戻ってきた。


兵士も、かなり失ったらしい。


ランディは、腹を押さえながら、ベッドに座った。


傷は塞がっているが、痛みがまだある。


血を失ったためか、立ち続けるのが億劫に感じられた。


(望み通りの展開で、満足か?)


『そうでもない』


エスの声。


『まだまだ、守護者候補の力を試さなくてはならない』


少し焦っているように、ランディには聞こえた。


気のせいかもしれない。


『もし、君に勝ち生き延びることができたら、私はルーアの力を認める。失いがたいとな』


(だから、守護者か)


『ルーアは、バーダ第八部隊に所属していた二年と半年、ストラームに守られていた。ストラームがいたから、『コミュニティ』は手出しができなかった』


(そうだな)


『リーザイを出てからの半年は、私が情報の力で守ってきた。もっとも、彼に守られているという自覚はないだろうが』


もしエスがいなかったら、ルーアはリーザイを発ったその日のうちに、『コミュニティ』に消されていただろう。


(これからも、あなたが守ればいい)


ランディは、思考に皮肉を込めた。


『君は、私の忙しさを理解していないと見える。王都を留守にしている間に、どれだけの仕事が山積していることか』


外を見ると、グリップはいくらか落ち着きを取り戻していた。


『君の件が終わったら、私は王都へと戻らなくてはならない。ルーアを守護する存在が必要となる』


「その力の見極めのためだけに、彼らは利用される。駒としては、彼らが最も憐れだな」


声に出してみる。


『……まさか、彼らに同情などしてないだろうな』


聞いてはいなかった。


腹から熱いものが込み上げてきて、ランディは激しく咳き込んだ。


異常に気付いて、グリップが家へと飛び込んでくる。


口を押さえた掌が、赤く染まっていた。


これは、はらわたをえぐられたせいではない。


ランディは、乱暴に口許を拭った。


「ランディ、あんた、やっぱり病気なんだな?」


グリップが、無表情に言った。


「いつ、気がついた?」


「腹の治療を受けてるときさ。痩せかたがおかしかったからな」


病気だと気付いていたのか。


それでも仲間だと思ってくれたか。


「どんな具合なんだ?」


「医者には、もってあと二年と言われたな。一年前の話だ」


「そうか……そうかよ」


グリップが、額を手で覆った。


「騙すつもりはなかったが、騙したことになるのだろうな。すまない」


「謝るなよ……」


力なく、グリップが言った。


「あんたが仲間に加わってようやく、『コミュニティ』に対して、少し希望が見えたところだったのにな」


「そう、『コミュニティ』。聞きたいことがあるのだが、レイブルやジグを呼んできてくれないか?」


「俺は、いる」


ジグが、腹から蛇を生やした姿を見せた。


「レイブルは無理だ。動けそうにない」


「そうか、ならばお前たちにだけでも聞きたい」


ランディは、グリップとジグに眼をやった。


「『コミュニティ』に復讐したいという気持ちはわかる。だが」


グリップは家族を、ジグとレイブルは自身の体を失っていた。


「今後、同士を集め、組織を潰し、復讐を成し遂げる。それが可能なことだと思っているか?」


グリップは、黙って腕を組み、眼を伏せた。


ジグは、表情を変えなかった。


表情自体がないのかもしれない。


のっぺりとした顔には、眼と口しか残っていない。


その口が、開いた。


「ほぼ不可能だとは理解している。だが、なにもしなかったら、ただ『コミュニティ』の刺客に殺されるのを待つばかりではないか」


「では、復讐を諦めるのならば、安全な場所を与える、と言ったら、どうする?」


グリップが、視線を上げた。


「それは、願ったりだが、『コミュニティ』の手が届かない場所など、この世界のどこにある?」


「あるさ」


家の中を見渡す。


ランディたち三人以外は、誰もいない。


「エス、出てきてくれ」


呼び掛ける。


だが、姿を現さない。

声も聞こえない。


グリップたちは訝し気な顔をしている。


「私は、私の目的を達成した。ルーアの件は降りてもいいのだぞ」


ゲンク・ヒルの他にも、多くの『コミュニティ』と繋がりがある者を消してきた。


少なからず、『コミュニティ』に打撃は与えたはずだ。


もっと倒したいところだが、残念ながら時間切れだった。


「私が『コミュニティ』の前に姿を現すことが、どれだけ危険か、君は理解していないのか?」


エス。

その白い姿。


グリップたちが身構える。


「私の協力者だ」


言葉で、グリップたちを止める。


「彼らは、『コミュニティ』ではなく、裏切った者たちだ」


「同じだ。『コミュニティ』の刺客に眼を付けられているだろうからな」


エスは、憤りを隠していない。

珍しいことだった。


「いつも安全な場所にばかりいないで、たまには盤上に出るのもいいだろう。駒の視界を知れば、指し方の幅も拡がるというものだ」


「……君のことは、第八部隊の隊員の中で、最もまともだと評価していた」


「ありがたいことだ」


「だが、根本の部分は、他の隊員と変わらんな。師弟揃って私を不愉快にさせる」


ランディは、小さく笑った。


「この男は」


ランディは、グリップたちの方へ向き直った。


「お前たちと、私を追うルーアの仲間たちを、戦わそうとしている」


「? なんのために?」


「力を、見極めるためだ」


「……話がよくわからんのだが」


グリップが、難しい顔をする。


「エス。彼らがルーアの仲間たちとの戦いに勝ち、生き残ることができたなら、彼らの方が、今後の戦いに必要になる存在だと思わないか?」


「なにが言いたいのかね?」


「彼らが勝ったら、彼らをストラームの元へ案内してくれ」


「ストラームが、果たして『コミュニティ』の元メンバーを受け入れるかな」


「私の名前を出せばいい」


「……ストラームって、あのストラーム・レイルだよな?」


グリップが口を挟む。


「そうだ。これからの戦いでお前たちが勝てば、このエスに、ストラームの所へと案内させる。ストラームの元ならば、『コミュニティ』も手は出せない」


「その安全な所で、復讐を忘れて、平和に暮らせと」


「……嫌か?」


「……いや、構わんよ。ジグ、お前は?」


「無駄死によりは、ずっとましだな」


「てことだ」


「ずっと、安全ということはないと思う。いずれ、ストラームは『コミュニティ』を潰すために、大きく動き出す。そのときは、ストラームの力になってほしい」


「いいぜ。組織に復讐するために、戦ってやるさ」


「復讐のためではなく、ストラームのために、戦ってくれ」


エスが、鼻から息を抜いた。


「……まったく、私を置いて、話を進めてくれるものだな」


「あなたは、彼らを捨て駒としか見ていないだろうが、私は違う。彼らが勝つ可能性も十分ある。生き残ったときに、道が残っていたほうが、彼らだけでなく、あなたやストラームのためにもなる」


「……いいだろう。君の意見を採用しようではないか」


エスの姿が消えた。


しばらくは、誰もなにも喋らなかった。


やがて、グリップが呟くようにぽつりと言った。


「勝てばいいんだな」


「ああ」


「そうか」


ジグと二人で、部屋を出ていく。


立ち去る際に、勝てばいいんだな、ともう一度呟くのが聞こえた。


面白くなる、とランディは思った。


多分これまで、グリップたちは暗闇の中で戦ってきたようなものなのだ。


いつ、『コミュニティ』に消されるかわからない、という恐怖の中で。


それが、希望を持った。


「……手強いぞ」


ルーアの仲間たちのことは、よく知らない。


だからルーアに向かって、ランディは呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます