電嵐城殺人事件

作者 稲葉孝太郎

フォロー 1話目から読む

ゲームと現実の世界で交互にくりひろげられる、推理サバイバルゲーム 稲葉孝太郎

主人公ルーズは、人気VRMMOの辺境サーバ【オブデロードの復讐】でチート行為を繰り返す小悪党。そのサーバが閉鎖される迄あと七日に迫ったとき、オブデロード卿と名乗る者から、一通の招待状が届いた。電嵐城において、推理ゲームを開催するのだと言う。世界崩壊までに犯人を見つけ出した者は、現実通貨で一億円の賞金を約束されていた。現地へおもむいたルーズを待ち受けていたのは、九人のライバルと、ひとつの死体。これは本当に殺人事件なのか、それともコロシアイなのか?

捜査に乗り出したルーズは、全参加者の陰惨な過去に突き当たる。そして、現実の世界にも、犯人の魔の手は伸び始めた。

登場人物の推理と思惑が交差する、サスペンスミステリ。
※小説家になろうにおいても公開中です。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

電嵐城殺人事件

@saeculum_aureum
執筆状況
完結済
エピソード
24話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ミステリー
セルフレイティング
暴力描写有り
タグ
VRMMO ファンタジー シリアス サスペンス 少年 少女 大学生 陰謀
総文字数
104,141文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
11人
応援コメント
0件
小説フォロー数
27

アクセス数

作者

稲葉孝太郎 @saeculum_aureum

はじめまして。稲葉です。 仕事柄文章を書く機会が多く、小説は趣味で嗜んでいます。好きな作家は、ドストエフス…もっと見る

近況ノート

もっと見る 7

同じ作者の他の小説

もっと見る 5

この作者のおすすめレビュー

もっと見る 4