孔子の子孫・子順(下)

 しかし子順はこののち魏の相たることおよそ九月、大計をのべるごとに用いられず、そこで喟然いぜんとして慨嘆がいたんし申しました。


「言葉が用いられない、これは吾がげんが当たらないからだ。言葉が主に当たらない、それなのに人の官に居り、人の祿ろくむ、これは尸利しり素餐そさんするようなものだ。吾が罪は深い!」


 尸利とは、仕えていて道を行うことができずに言葉が利を主とするようになること、素餐とは、君の祿を空しく食みて言葉が為すことがあることができないこと、のようです。そのように注はとっているのではないでしょうか。ともかく子順はそこで退いて病をもって致仕ちし(退職)しました。


 人が子順にいって申しました。


「王はあなたを用いなかった。あなたは行かれるのか?」


 子順は答えました。


「行く?どこへ行くのだ?山東の国(函谷関かんこくかんより東の国々を指す)はまさに秦になろうとしている。秦は不義を為している、義の入る所などない」


 ついに家で寝っ転がって過ごしていました。


 新垣固しんえんこというものが子順に請うて申しました。


「賢者のあるところでは、必ずが興り治がいたります。今、あなたは魏に相たりて、まだ特別優れた政事を聞かないのにすぐさま自分から引退されました。おもうにこころざしを得なかったのでございましょう。ですがどうしてこれほど速く去られたのでしょう?」


 子順は申しました。


「特別優れた政事がないから,自ら退いたのではない、死病しびょうには良医りょういなどない。


 今、秦には天下を吞食どんしょくするの心がある。義で秦につかえるとも、もとより安じることをない。亡びるものを救うにはいとま(時間)がないのだ。それなのに何の教化が興こるであろう!


 昔、伊摯いし伊尹いいん・のちにいんの名宰相となる)がにあり、呂望りょぼう太公望たいこうぼう・のち周に仕え名軍師?となる)がしょう(殷)にあったことがある。そうであるのに、二人のような優秀な人物がいたのに二国は治まらなかった。どうして伊、呂が天下がおさまることを望まなかったであろうか?時の勢い(当時の形勢)が、亡国の勢いを止めることが無理であったのだ。


 当今、山東の国は、つかれて振わず、三晉さんしんは地をいてそしてあんを求め、二周(西周せいしゅう東周とうしゅう)は折れて秦に入っている。えんせいはすでに屈服している。このようなことを観るに、二十年を出ないうちに、天下はことごとく秦となるであろう!」


 子順はそのように言ったと伝えられています。


 これからのち、秦の始皇帝の二十五年に天下は併合されました。およそ三十八年が必要だったといわれていますが、子順の言葉は、ほぼ事実をついていたといえるかもしれません。。


 こののち『通鑑』は五十七年に入りますが、それまでにエピソードを挿んでいます。


 秦王は應侯おうこう范雎はんしょのためにきっとそのあだに報いようとしました。かって范雎をひどい目に合わせた魏齊ぎせい平原君へいげんくんの所にいるのを聞きました(魏齊が逃げたことは先に書いたはずです)。そこで應侯のために好言こうげんで平原君を誘い秦に至ったところでらえました。そして使つかいつかわして趙王に言って申しました。


「魏齊の首を得なければ、わたしは王弟(平原君)を關(函谷関)から出さないでしょう!」


 魏齊はきゅうし,虞卿ぐけいにあたりました。虞卿はしょうの印を棄て、魏齊とともげました。魏に至り、信陵君しんりょうくんによってそして楚へ走ろうとしました。信陵君のは魏齊にまみがたしとのことでした。魏齊は怒り、自殺しました。


 趙王はついにその首を取りそして秦に与えました。秦はそこで平原君を帰しました。


 ここでは、魏齊、虞卿の行動が描かれています。齊国派だった二人が、長平の敗退の直後だったのでしょうか、逃げ出した様子が描かれています。『史記』では、虞卿が友人の魏齊のために高い身分をなげうってともに逃げたように書いてあったかもしれません。ですが齊国派と秦国派との政争の流れ、長平の敗戦のあと逃げ出したととらえると、様相は違うかもしれません。


 なお、平原君はこの当時楚へ使者として派遣されたり、趙で政略を練ったり、様々な事象に関わっています。平原君が捕らえられ、交渉の材料にされたかどうかについても、このあたりの状況は錯綜しているようでよくわかりません。


 さて九月、秦の五大夫の王陵おうりょうがまた兵をひきいて趙を伐ちました。長平の戦いに続く、邯鄲の包囲戦の始まりです。武安君ぶあんくんは病で、行くことができませんでした。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます