蘇秦の連縦策、成る


 ここに蘇秦そしんは連縦策の中心・要となり、並びにこれまで説いてきた六つの国の相を兼務することとなりました。そして結果を北へもどり趙に知らせ、乗っている車、随従の騎や輜重しちょうを王者にらしました。


 ここから胡三省の注が考証を試みています。


史記しき』の蘇秦伝には、「秦の兵はあえて函谷関かんこくかんうかがわないこと十五年。」とあり、「その後、秦は犀首さいしゅをして齊、魏をあざむかせ、ともに趙をたせたので、蘇秦は趙を去って連縦策がみな解けた。」とあるとされます、この事について胡三省は触れています。


 確かに実際に十五年も從約が続けばすごいのですが、齊、魏が趙を伐って、連縦策が敗れたのは、胡三省の指摘によると、明年つぎのとしにあるとされます。その事実がそれぞれ『史記』と違っていることはこのようだと、胡三省は誇っています。


 秦本紀には、「惠文王けいぶんおうの七年、公子こうが魏と戦い、その将、龍賈りょうかとりこにす」とあり、これは蘇秦が趙に連縦策の完成を報告して後、二年の事になります。


 どうして秦がを函谷関を窺わないことが十五年もあっただろう!そう胡三省は語っています。


 このような十五年という誇張こちょうは、游談ゆうだんの士が蘇秦を誇大に表現してそういっただけだ、と胡三省は言っています。今、『通鑑』の表現をみてみると、その『史記』の「十五年間の空白」の表現をとっていません。


 六つの大国を束ね、口先三寸だけで十五年もの間、その国々をまとめて秦に立ち向かわせる。そのようなことができれば、確かに蘇秦は英雄です。しかし、最後の楚への弁舌で軽々しい約束を行っているように、利で釣って連縦策をまとめた面もあり、実際にどこまで連合がなされたかは疑問です。


 二つの大国の利害を調節するだけでも苦労するのが現実だと思います。それを六つもの巨大な国々を自分の意のままに操ろうとしたのですから、蘇秦の苦労したのも、よくわかるのではないのでしょうか。


 蘇秦の弁舌を聴いていると、蘇秦の弁は非常に爽やかで聞き心地がいい、そして相手を褒め続けている。しかしその弁舌には秦を敵にし、自らがよい待遇を得ようという面もあり、術策的な面もあったのでしょうか。


 しかし連縦策が一度はなったとしたら、あれだけの巨大な国々を、あれだけの広大な地域を行き来してまとめ上げ、もし二年だけだとしても、まとめあげることができたのならば、蘇秦はただものではなかったのでしょう。


 胡三省はあまり蘇秦を評価していないようにも感じます。それは蘇秦の行く末を知っていたからだとも思いますが、その成し遂げた足跡は大きかったのではないしょうか。どうなのか、私にはわかりません。


 ともかくここは蘇秦の到達点でした。六つの国をまとめあげ、実権を握った。しかしここからの蘇秦の運命はどうだったか。詳しいところは、以下を読んでいただければと思います。


 さて、蘇秦が連縦策の中心人物となったのち、齊の威王いおうこうじ、子の宣王せんおう闢強へききょうが立ちました。成侯せいこう田忌でんきを売ったことを知り、そこで田忌を召して再び用いました。


 燕の文公ぶんこうが薨じ、子の易王いおうが立ちました。


 衛の成侯せいこうが薨じ、子の平侯へいこうが立ちました。


 二つ成侯が出てきていますが、齊の成侯と、衛の成侯は別人物です。区分けして読んでいただければ。


 この年、三人の君主が亡くなり、王が交代しました。このような中で連縦の策は結ばれています。


 周の顯王けんおうの三十七年(B.C.三三二)


 秦の惠王が犀首をして齊、魏を欺き、ともに趙を伐たせました。そこで連縦の策は敗れ、趙の肅侯しゅくこうは蘇秦をめました。蘇秦は恐れ、燕に使いし、必ず齊に報じると請いました。蘇秦が趙を去ると連縦の策はみな解けました。趙人は河(黄河か?)の水をきってその水を齊、魏の師(軍隊)に注ぎました。齊と魏の師はそこで去りました。


 魏は陰晉いんしんで秦と講和しました。(実際は華陰かいんという土地でだったようです。)


 齊王は燕を伐ち、十城を取りました。しばらくしてそれを帰しました。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます