威王の御前会議

 桂陵けいりょうの戦いから十二年がちました。魏の子供たちは大きくなり、かつての大敗の傷も癒えました。


 龐涓ほうけんは趙の逃げ出した王子を追討することを名目にし、韓に攻め込みます。趙と秦とはよしみを結んでおきました。万全の状況を創って、攻め込んだわけです。


 東の大国、斉の威王いおうのもとでは、会議が開かれました。韓から危急ききゅうを告げる使者がやってきたからです。使者は、自国を救ってほしいという親書を持ってやってきていました。会議は割れました。


「速く救うべきであるか、遅く救うべきであるか、意見を述べよ」


 威王の御前ごぜんで会議は開かれました。


 しょうである成侯せいこう鄒忌すうきは親・魏国の立場を取りました。


「救わないことにこしたことはありません」


 魏は今なお中原の大国でした。その軍は強く、鋭く、力を蓄えた今となっては、国力は戻ってきていました。


「もし韓を救わなければ、膝を屈して魏の門下に下ってしまいますぞ」


 親・韓国派の代表は田忌でんきでした。


「速く救うにこしたこしたことはありません」


 双方が主張を繰り広げ、自説を述べました。


 韓と魏の国の代理戦争が、斉の王の目前で繰り広げられていました。


 韓のために斉が派兵すれば、韓が救われる可能性が高い。一方、斉が派兵を見送れば、魏が有利になる可能性が高い。それぞれの主張は重みをもっていました。


 威王は臣下の激論を聞いています。


 孫臏そんひんがついに発言しました。


「もし韓と魏の軍隊が消耗しあわないうちに韓を救えば、我が軍は韓に代わって魏の軍を受けることになります」


 田忌が何か言いたそうにしましたが、孫臏はそれを制しました。


「一方で魏には韓の国を制覇せいはしようという意図があります。韓が亡ぼされれば、必ず東に向かって我が国へと攻め込んでくることでしょう」


 今度は鄒忌が何か言いたそうにしましたが、孫臏はそれを無視しました。


「我々は状況を長引かせるのが上策です。韓との同盟を深く強いものにしつつ、両者が戦って疲れるのを待つべきです。そうすれば、自然と局面は我々に有利になり、尊ばれ、我々の名は輝くでしょう」


よろしい」


 田忌、鄒忌が何も言わないうちに、威王の言葉が響きました。


 斉は密かに韓の使者に兵の派兵を約束し、国許くにもとに返しました。韓はそのために斉をたのんで気が緩み、5回戦って、5回敗れました。魏の軍は韓を押し込みます。


 韓の催促さいそくの使者が、再び東へ、斉へと向かいました。ここに韓の依頼を受けて、斉はったのです。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます