怪奇喰らいと怪奇譚

作者 浅田湊

9

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

淡々とした語り口調で熱くならない冷静な主人公。自分の弱さも人の弱さも痛みもわかっている。強くなれるはずなのにあえて弱い自分を受け入れています。それは弱い他の人も受け入れるということ。平凡に描かれているけれど十分魅力的な主人公です。さらに魔女先輩との絡みは心まで読まれていて一人語りに合いの手が入っているような会話になっています。一人語りが多いのがちょっとネックのようですが。
裏で蠢いているのはなんなのか? やっとこの物語が始まったばかりです。

★★★ Excellent!!!

最初、主人公がすごく淡白に感じた
でも、本当に優しい人は淡白なのかもしれない
最後まで諦めない強い人は、自分の弱さを認められる人だ
目を背けるのは簡単で容易
しかし、真実は見えては来ない

最後まで読むまでは他の作品に浮気出来ないほどの作品

続きが読みたい
だってまだ始まったばかりなのだから