Ⅰ-6 LaS Kanore

 『高天原タカマガハラ』の動きが止まった。


 頭部だけとなったぼくの機体は、力なくゆっくりと地に下ろされた。

 急いでコックピットから降り、ぼくたちの家へと駆け寄る。


那美ナミ……!」


 コックピットのハッチが開かれたと思ったら、そのまま重力に逆らわず、ゆらりと力なく落ちていく。

 あわてて上空から落下する妹を受け止める。

 改めて抱きとめてみると、こんなにも小さく、脆く崩れ去りそうな身体なのかと気付かされる。


那美ナミ! 大丈夫か、那美ナミ!」

「ん……」

「よかった……! 無事か……!」


 ちょっと顔色はすぐれないけど意識ははっきりしているようで、ひとまず胸をなで下ろす。


「お兄ちゃん」

「……どうした?」

「パパの声が……聞こえたんだ……」

「ああ、ぼくもだよ……立てるか? 那美ナミ

「うん……ありがとう。これ以上は、迷惑をかけられない」

「そんなこと考えなくていい」


 その場で少し休んで顔色はよくなったみたいだけど、それでも疲労の色は隠しきれないようだった。

 どんな時でも表情をほとんど変えることのなかった妹がこれだけ苦しそうにしているのを見るのは、常に一緒にいたぼくでさえはじめてなくらいだ。


 ……こよみはどうやら撤退したらしい。いつのまにか姿を消していた。

 神出鬼没というか、なんというかそんな次元さえ超越しているというか。

 まあ、今はそんなことどうでもいい。

 

 それよりも……ぼくはともかくとして、那美ナミには休息する時間が必要だ。

 ただでさえ『セルツェ』システムと脳波をリンクさせるのは心身共に大きな負担となる。

 さっきのような予期せぬ動作をしたなら、なおさらだろう。



 ――しかし、あれはなんだったんだろう。

 あの『高天原タカマガハラ』が人型に変形するだなんて……パパからも全く聞かされていなかったけど……

 そんな疑問を見透かしたかのように、妹はつぶやいた。



「ラス・カノレ」



「え?」


「『ラス・カノレ』……それがあの人型形態のコードネーム」


「そ、そうなのか……?」

「うん。パパがあの機体の中で教えてくれた」


「パパが……!? どういう意味だ……?」


那美ナミも詳しくはわからない。だけど、那美ナミとお兄ちゃん、この2人で乗ることが前提になってるシステム……らしい。この2人の調和が崩れたり、ほかのひとが乗ったりすると、さっきみたいな暴走を起こしちゃうらしい……」


 よくわからないけど、さっき暴走を起こしたのは、那美ナミだけしか乗らず、おまけにこよみという『異物』が入り込んだからなのだろうか……?

 

 パパはなんでこんなシステムを……?


 いやそれもそうだけど、この『ラス・カノレ』――『高天原タカマガハラ』は、最初からぼくと那美ナミだけが乗るように設計されていた、ということか……? どうしてわざわざそんな……

 もしかして、パパは初めからぼくたちに託すつもりで……? 

 でも、だったらぼく達には教えてくれてたって――……ああもう、わからないことだらけだ。



 ……それに、あのこよみとかいう女のこともそうだ。



 身体を休めるのはもちろんだけど、このあたりのことをはじめから整理しておきたい。

 ひとまずは場所を変えよう。さっきまでの戦闘のせいで、この道がいつ崩れてもおかしくないだろうしね……。

 どこかに適当な町があればいいけど――


「行こうか……立ち止まって考えるのは、それからにしよう」

 ナミも小さくうなづいた。そして小さく一歩を踏み出したその時だった。



「さっきはよくもやってくれたな。……追いついたぞ」

 振り返ると、先程ラーメン屋で遭遇した兵士達。完全に取り囲まれている。

 

 くそっ……もう追いつかれたのか。

 心を鬼にして撃ち落とすべきだったのだろうか。

 ……いや、それはできなかっただろうな。だってぼく達は兵隊じゃない。死ぬ覚悟もないし、死なせる覚悟もないのだから。


「ずいぶん派手に暴れてくれたようだな。まぁ、おかげでお前らの居場所が特定できたんだがな」


「くっ……『ヴォーラ』……!」

「おっ、おい、那美ナミ、今のお前には無茶だ……!」

「……あっ」

那美ナミっ!」

 

 ほら、言わんこっちゃない……! 

 ガクリと膝を落とした那美ナミを、慌てて抱き止める。

 この状態の那美ナミを連れて逃げても捕まるのは時間の問題だろう。ましてぼく独力では『セルツェ』の加護を得ることもできないからね……

 まったく使えない兄貴だよな、イズミナギ――!


「大人しく来ていただこうか。世界の再編のために。我がファーシャスタン連合へ」

 そうして、やむなくボクとナミは彼らの軍隊に捕らえられたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料