• 非幸福者同盟

  • 226/過去編――一九六一年・一~シル・ダリヤの河岸にて

226/過去編――一九六一年・一~シル・ダリヤの河岸にて

 過去編――一九六一年・一/


 一九六一年。四月。


 シル・ダリヤの河岸にて、スヴャトは天を貫いて飛翔していく、彼の歴史に刻まれた構築物の姿を見上げていた。搭乗者はスヴャトではない。図書館ですれ違った、陽気な青年の方だった。


 スヴャトは、地球の外に出る最初の人間には、選ばれなかったのだ。二番手、三番手のバックアップにすら選ばれなかった。頂点の集団との距離は、大きく思われた。


 幼少時から他人より優れ、不思議な力を見通し、何らかの大きな使命を帯びた人間だと、自分のことを思っていたのだけれど。


(僕は、世界で一番優れた人間ではなかったらしい)


 小柄な青年は選ばれて歴史にその名を刻んで。選ばれなかったスヴャトは歴史から忘却されていく。


 スヴャトは敗北という感情を知った。


 勇壮なる構築物が、人類の未来を切り開かんと天に向かっていく頃。近くには遠い過去から変わらない、穏やかな河が流れていた。幼年期の終わりの風景だ。


 思えば。


 歴史に残る大建造物が構築される影には、今では誰の記憶にも残っていない奴隷達がいたし。


 栄えていく戦争の勝者達の下には、収奪される敗北者達が横たわっているし。


 経済発展に向かう国がある裏側では、富を吸い取られている国があったり。


 世界に波及した物語がある一方で、誰にも読まれずに忘却されていく本があったり。


――"進展"とは"犠牲"の上に成立する。


 それが我々を覆っている真実のルールなのだとしたら。忘却され、棄却される側の「存在」とは、何のためにこの世界に生まれてきたのだろう?


 その疑念に答えを求めた時である。スヴャトの魂の核心から、一つの言葉が漏れ出てきた。


「『構築物コンストラクテッド・歴史図書館ヒストリア』」


 スヴャトの身体は、温かい紫色の光に包まれた。



  /過去編――一九六一年・一

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!