180/隠し場所

 ジョー組に遅れること数分。国道に入ったアスミと志麻組は、S市に侵入した最新機の行く先に懸念を抱いていた。


「この方向、やっぱり大白山おおしろやまに向かっていると思う?」


 ネット経由の最新情報から総合的にそう割り出した志麻は、意見を求めるというより、判断を仰ぐようにアスミに声をかけた。


 大白山はS市西部の、まだ田園、森、山といった風景が残った箇所にある、標高300メートルほどの山であるが、中腹に神社がある。


「何らかの形で、敵は察知してるという前提で動くべきでしょうね」


 アスミの返答は、戦闘は大白山に到達する前、つまり一般人が多い国道で成されることを決断していた。


 ある理由から二人がまだジョーにも告げていない事柄であるが、二人が守り続けてきた絶対に奪われてならないもの。S市近郊のオントロジカの集積体が物理的に収束している存在、空瀬アリカ作『理想的な人間像』は、大白山中腹の神社に隠してあるからである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!