119/特攻

 芯が砕けてしまったようにいう事を聞かない体をジョーは無理やり引き起こした。


 目にしたのは、アスミの特攻だった。


 アスミは『ハニヤ』の光球をその身に纏い、彗星のように大巨神の背部に突撃チャージを仕掛けた。志麻、と口が動いたように見える。大巨神の眼前には、上体が粉砕された元ガンディーラだった何か。アスミはこの地の守人としてというよりは、純粋に友達の志麻を助けたかったのだと思う。


 しかし、おそらくは残された『ハニヤ』の最後の時間と力を込めたアスミのその突撃も、大巨神に傷一つつけることはできなかった。背中に何か当たっている。その程度だ。とでもいったように大巨神テンマは意に介さない。


 アスミの『ハニヤ』に関してお金の例を出したのはジョーだった。その例えで言うならば、借金も含めて四億円分のエネルギーを外界に出現させたアスミだったが、大巨神テンマは既に兆の世界の住人であるかのようだった。


 一点、アスミの意志が報われたのは、大巨神がトドメの一撃を志麻に振り下ろす前に、意識をアスミの方に向けさせ、振り返らせた点である。大巨神は空中で発光し続けるアスミをその大きな手で掴むと、光をアスミが潰される寸前まで圧縮してしまった。今やアスミは、大巨神の手の握りから肩から上だけを出して、最後の『ハニヤ』の光で握りつぶされるのに抵抗している。しかし、アスミのその最後の抵抗可能時間、『ハニヤ』の起動時間もあと僅かまで迫っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!