89/ダイビング

「ジョー君!」


 天魔てんまの攻撃によって揺らいでいた意識をかろうじて持ち直していたジョーは、周囲に突然現れた濃霧に対して、どこか冷静にアスミの存在そんざい変動律へんどうりつを感じ取っていた。


 あるいは、幼少時に共に時間を過ごした長さゆえなのか、名前を呼ばれた声色だけで、現れたアスミは一時撤退する気なのだとジョーは理解した。自分の思考も天魔の強さの前に興奮からは冷め、自然と、陸奥むつがいない状態では勝てないと考えていた。


 無様でもいい。まずは生存をと地面を這うようにジョーも建物の出口に向かって駆け出す。霧の中、巨大生物群が自分を追ってくるのを感じる。がむしゃらな逃走の中、触れ合う距離までアスミと志麻と合流したのは出口の一歩手前。ラグビーでダイビングのトライを決めるかのように、三人、出口に向かって飛び込む。


 濃霧の中から、夏の光に照らされた外へと飛び出した三人は各々にアスファルトの地面で受身を取る。さらに駆け出す前に、自然と振り向いて確認する。超女王は、天魔を始め使役された男たちは、そして生物群は、結界の外までは追ってこなかった。


 S市中心地を本格的な戦場にしてまで戦う気は、まだ超女王にはない、ということだろうか。


 アスミがくいっとあごでうながしたので、志麻もジョーも走り始める。


 撤退の手際の良さ。アスミと志麻は、あるいはこれまでも経験したことがあるのかもしれない。ただ、ジョーにとってはスポーツではない本物の戦闘における、初めての完膚なきまでの敗走であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!