62/ひぃじーじに尋ねる

「ジョーか」


 鍵がかけられていないひい祖父のアパートの玄関のドアをそっと開けると、すぐにひい祖父には察知された。


 ひい祖父は古流柔術の達人でもある。ジョーがまがりなりにも学生の柔道の範囲で全国大会まで行けたのは、ひい祖父に少し特殊な技術を教わっていたからでもある。


 奥の一室まで入っていくと、ひい祖父は小さなハンドライトの光だけを隅に置いて、布団の上にあぐらをかいて座していた。横には、ウイスキーの瓶とガラスコップが置いてある。


「ひぃじーじ」

「こんな時間になんじゃ」


 普段はゲームばかりやっているひい祖父だが、暗闇の中で酒を片手にこちらを睨む眼光には力がある。その人間の奥にある重厚な何かは、老齢で身体が弱っている事実とは、また異相が異なる類のものだった。


「大事な人が二人いて、どちらかしか助けられないのだとしたら、どうすればイイんだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます