58/アスミからの伝達事項(2)

「それともう一つ」


 アスミの声のトーンは暗い。


 図書館に隣接する地下鉄の駅からは、疎らに帰宅途中の人々が出てきては、各々の目指す方角に向かって歩みを進めていく。そんな家路へ向かう流れからは切り取られたように、図書館脇の石のベンチにアスミは座っている。


「明日以降の戦いの中で、ジョー君が私と志麻、どちらかしか助けられないという場面になったら」


 アスミは、自分の中では長い時間かけて考え抜いていて、結論が出ていることを、ただ共有してほしい。そんな事務的とも取れる口調でジョーに告げた。


「絶対に志麻の方を選んで」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!