040_0910 触れるに困る腫れ者Ⅱ~獣の剣~


 いつもならばこの時間、既に裂帛れっぱくの声と竹がぶつかる音が響いている。しかし今日の武道館は森閑しんかんとして、外から聞こえるセミの声がよく届く。

 広い板間の屋内に、剣道部員も薙刀部員もおらず、いるのは二人の人間だけだった。


 一人は、胴着はかま姿で竹刀を手にする、巨岩のような老人――剣道部外部コーチ・長瀬ながせ源水げんすい。竹刀の柄に手をかけず、刃部分の根元を左手で持ち、居合の姿勢で構えている。

 もう一人は、いつも通りの改造学生服に身を包んだ、小柄な少女――つつみ南十星なとせ。握りが中途半端な無手を構え、かかとをわずかに浮かせている。


 空気は張り詰めているが、殺気立ってはいない。だから十路と樹里は、物音を立てないように中に入り、隅に置かれた南十星の空間制御コンテナアイテムボックスを拾い上げ、二人の対決を見守る。

 根拠はないのだが、止めなくても問題ないと思えた。そこにいるのは生死を分かつつもりはなく、ただ純粋に修めた技の優劣を競おうとしている、二人の武人にしか見えなかった。

 屋外の音がなければ、時が止まったようにも思えるだろう。あと一歩で竹刀を持つ源水の、あと三歩で無手である南十星の、残る間合いを詰めずに制止している。


 不意に、セミの声が止んだ。

 それを合図に動いたのは、やはり源水だった。さやがないため形式的なものでしかないが、踏み込みながら竹刀を抜き放ち、南十星の頭に振り下ろす。


 南十星は動かない。いや、動く。


 交錯こうさくが、高い天井に響いた。

 南十星は避けずに、いわゆる真剣白刃取りを行おうとしたが、失敗した。昔のコントのように、竹刀が頭に振り下ろされた後に、頭上で合掌した。

 三秒ほど、そのまま間抜けな時間が過ぎて。


「のぉぉぉぉっ!? 痛す! 痛いっす!!」


 南十星が頭を抱えて板間を転がり回った。


「なっちゃん、大丈夫?」

「手加減されたから、コブができる程度……おーいて」


 心配げに駆け寄った樹里に、南十星は頭をなでながら答えて起き上がり。


「なにやってんだ……」

「おっちゃんの剣術を見たかったのさ」


 呆れる十路が差し出す空間制御コンテナアイテムボックスを受け取りながら、説明する。


初実剣しょじつけん理方一流りかたいちりゅう――ネットで調べたら、甲冑かっちゅう装着の抜刀術なんつー珍しい剣があるんだってさ。だからどーゆーモンか体験したくて頼んだ」

「ここに置かれていた練習刀は壊れてしたまったから、見せたとは言えぬがな」


 巨躯では短く見えてしまう竹刀を、杖のように両手で突き、源水が補足する。

 確かに珍しい。さほど武術流派に詳しいわけではないが、甲冑装着の抜刀術など、十路は聞いたこともない。

 もしもかたるならば、もっと知れ渡った流派を名乗るだろうから、本当に修めているのかもしれない。ただそれはそれで新たな疑問も生まれるが。


「そんで、兄貴とじゅりちゃんは、なにしにここ来たん?」


 南十星が問うのを無視して、十路は源水に話しかける。


「剣道部員と薙刀部員は?」

「今日より合宿だ」

「あぁ、今日からなのか……」


 ならば高遠たかとう和真かずまは、しばらく部室に来ないかと思い至る。ナージャが支援部に入部となれば、なにか言われそうだともチラリと考えたが、先のこととして捨て置く。

 今は部外者がいないことを、丁度いいとだけ考える。

 前に話したときは丁寧語を使っていたが、今は無礼を承知で、普段の口調で語りかける。正確に言うなら、十路は無礼とも思っていない。

 長瀬源水を名乗る男は、もはや礼節を守るべき相手ではない。


「アンタは行かないのか?」

「正式な顧問がおるでな、本来外部の者である我が行く要もない。それに短期の契約であったから、仕事は昨日で終わり、今日は片付けに来ただけだ」

「そんなところにウチの妹が無理を言ったみたいで、悪かったな」

「この程度は構わぬ。お主の妹も、なかなか面白いでな」


 源水は熊のようなヒゲ面を歪めて、豪快に無邪気な笑みを浮かべる。

 十路はそれに受けて、野良犬のふてぶてしい笑みを返し、言い放つ。


「じゃ、これからがアンタ本来の任務しごとか? 旧赤軍参謀本部情報総局、特殊偵察班長。暗号名『蜂蜜を喰らうものメドヴェーチ』――オレグ・リガチョフ元大佐」


 野依崎がたずさえた調査報告にあった名前で呼んでも、源水の表情はさして変わらない。日本人にしか見えない顔は『ようやく理解したか』とでも言たげに、むしろわずかに笑みが深まった気もする。


「社会体制崩壊以前からの生え抜きってことで、前に資料を見たことあるんだが……二〇年以上前のピンボケ顔写真だったから、会っても全然わからなかった」

「それでも我だとわかる顔写真を撮られていたとはな。日本の諜報機関もなかなか優秀なようだ」

「あと、まだ現場に出てるなんて考えてもなかった」

「我も歳だ。とうに引退しておるわ。だが古い知り合いに頼まれて、仕方なく引き受けることもある」

「ご苦労なことで」

「ところで、ナジェージダが我のことを吐いたのか」

「いいや、別口からの情報だ。ナージャは何度訊いても、アンタのことを話そうとしなかった」

「拷問してもか?」

「そこまでやってない」

「お主もぬるいな。《騎士ルイーツァリ》などと呼ばれている割に」

支援部ウチの顧問が、部員として引き入れる方針だったからな。あんまり手荒なことができなかった」


 きっと本来ならば出会わなかっただろう。過去に闇にまぎれて狩りを群れで行っていた熊と、孤独な戦いを強いられた元軍用犬の野良犬は、軍事組織という共通する小屋で飼われていたが、その性質と年齢が違いすぎる。

 なのに共通する古強者の空気を放ち、十路と、源水と偽名を語る男は、親友の再会のように笑い合う。

 長杖を構える樹里は、野依崎の報告を読んでいるから当然警戒している。

 南十星は緊張感の欠片もない態度と口調で、しかし空間制御コンテナアイテムボックスからトンファーを取り出しながら、兄に確認する。


「兄貴。つまり、このおっちゃんも敵なん?」

「それもとびきりのな。どこまで本当か知らないが、《騎士ナイト》だって言われてる」

「ふぇ? 《騎士ナイト》って……?」


 野依崎の持ってきた情報にはそこまで書かかれていなかったため、樹里がけわしかった顔を疑問で緩めて、源水オレグの姿を改めた。

 彼の年齢は、どう低く見積もっても老年の域に達している。つまり、最高齢でも三〇歳である《魔法使いソーサラー》であるはずがない。

 なのになぜ、不確定とはいえ、軍事兵器としての《魔法使いソーサラー》の代名詞で、その男が呼ばれるのか。


「何人倒せばとか、どう倒せばそう呼ばれるとか、《騎士ナイト》って呼び方に正確な定義はないんだが……どういうわけかそう言われてるんだ」


 十路もその理由は知らない。

 ただ、絶大な力を発揮する超人であっても、《魔法使いソーサラー》は人間である以上、弱点が存在する。


「《騎士ルイーツァリ》などとは、つまらぬ呼び名よ……中世に持てはやされた、戦場いくさばほまれなどとは無縁だというのに」


 そして特殊部隊員だった源水オルグが、自嘲めいた言い方をするのは、きっとその弱点を突いたことで《魔法使いソーサラー》を仕留めたからだろうと推測する。


「一応言っとくと、英語で騎士ナイト騎兵キャバリエが区別されるように、歴史上厳密な意味で『騎士』だった連中はごく一握りで、あとは一般市民より下っ端の浪人だったらしいぞ。あと職業軍人なんだから、諜報や暗殺に特化した連中もいて当然だ。アンタの考える『騎士』は飾りすぎてる」


 十路も《騎士ナイト》という呼び名を嫌っている。だが彼とは理由が異なる。

 だから余計な口を叩いて、本題に入る。


「ナージャがなにも言わないのは、アンタになにか恩義があるからか?」


 可能な限りの情報を得ようと、十路は疑問を投げかける。

 《魔法使いの杖アビスツール》と接続した樹里も南十星も、警告しないことから、源水オルグは火薬や金属のたぐいを一切持っていないだろう。距離を開けておけば、ひとまずは安心できる。


「恩義を感じてるのかは知らぬが、ナジェージダは我のことを『ペダゴーグ』――師匠と呼びおるから、相応の敬意は持っているのだろう」

「師匠ね……イジワル継母ままははと義理の姉にいじめられてた、哀れなシンデレラを見初みそめた王子様ってのは、アンタか?」

「あの娘をしかるべき場に連れていき、兵士としての根本を叩き込んだのは我だが、王子などというがらに思うか?」


 寝物語に聞いた過去を確認できた。

 だから未来の確認を取る。


「このままナージャは、ウチの部で引き受けるってことでいいのか?」

「ナジェージダはなんと言っておる?」

「そこのところがハッキリしないから、正直困ってる」

「そうか……あの娘も相変わらずで、困ったものよ」


 話している間、ほとんど顔色を変えなかった源水オルグが、ここに来て表情を動かし曇らせた。孫娘の優柔不断を心配する祖父にしか見えない。


「だが、こうなった以上は、我が出しゃばる問題ではない」


 部室でのナージャと、同じ言い方だった。

 やはり冷たい言い方に思えるが、先ほどの心配顔を見る限り、これが信頼のあかしなのかもしれない。


「ナージャが対外情報局SVRをクビになったのは、アンタらの作戦の一環じゃないってことか?」


 だが十路は用心を重ねる。答えは期待していないが。


「もしそうだと答えたら、お主らはどうする?」

「逆に聞きたいな。俺としてはトラブルご免だから、穏便に済むならそれに越したことはないんだが?」

「先ほど言った通り、今日は片付けをしに来ただけだ。大人しく引き下がるが、明日はどうなると思う?」


 互いが問いに答えることなく問いをぶつけ、言葉が途切れると不敵ににらみ合い、緊張が高まっていく。

 手合わせ程度は避けられない。そんな空気が高まったところに、外から異音が届いた。距離がある分小さいが、まるで映画の中で、突進した車がバリケードを突き破る音そのままだった。

 続いて火薬の爆発に似た音が響き、花火のようなヒュルヒュルと間の抜けた――だが正体に気づいた十路には、殺意を含んでいるとわかる音が届く。


「迫撃砲! 散開!」


 何者かが学院に強行突入し、駐車場から砲撃してきた。そう推測した十路は、樹里と南十星に警告し、武道場の隅へと避難する。

 そして砲弾が屋根に着弾した。

 爆発の衝撃波は基本、上や横に広がるため、下方向へは弱い。盛大に屋根を破壊し、破片が板間に降り注いだが、さほどの被害はない。迫撃砲は口径の大きなものではなかったのだろう。もしかすれば更に榴弾の炸薬も減らしていたのかもしれない。


 だが一発では終わらない。再度小さい砲撃音が数度、響く。駐車場から武道場までは、それなりの距離があるにも関わらず、破壊された屋根の穴から、砲手は正確に砲弾を撃ち込んだ。

 今度は榴弾ではない。瓦礫がれきに跳ね返って転がる砲弾は、白煙を噴き出し、視界を白濁させる。


「催涙ガスです!」


 樹里の報告を聞いてか聞かずか、南十星が動く。


「そこかぁ!」


 白い煙の中で人影がうごめいて、竹を打ちつける音が数度響く。

 催涙ガスの中で、南十星と源水オルグが戦っている。しかし《魔法使いの杖アビスツール》がなく、脳内センサーが発揮できない十路には、戦況がわからない。

 やがて、なにかが瓦礫に衝突する音と、源水オルグの声が届いた。


「次こそ剣を交えようぞ、若き戦士たち」


 つまりは宣戦布告。交戦の意思を伝えてきた。


 口元を手で押さえてまぶたを閉じて、催涙ガスを突っ切ろうにも瓦礫が邪魔をする。

 十路が破壊された武道場から出た時には、巨躯の老人の姿は既にない。代わりに駐車場から一際大きなエンジン音が響いたため、襲撃者たちと合流して逃走したのだと見当つける。


「こっちは会いたくないっての……」


 粘膜ねんまくへの刺激と、つばとを一緒に、十路は吐き出す。

 今度は特殊部隊と戦わなければならないらしい。それもいつ、どこで狙われるかわからない状態で。


「ぶはぁっ!」


 遅れて樹里と南十星が、催涙ガスの中から飛び出してきた。


「大丈夫か?」

「けほっ、けほっ……ばい゛……」


 感覚が鋭敏な樹里には、催涙ガスは人一倍苦しいのかもしれない。涙をボロボロこぼし、あまり大丈夫には見えないが、気丈に返事する。


「兄貴、おっちゃんは?」


 催涙ガスの中で打ち負けたのだろう。南十星は脇腹を押さえて顔をしかめている。


「逃げられた。やっぱり俺たちのトラブルは、りあって解決するしかないらしい」

「今に始まったことじゃないんじゃないの?」

「まぁな。むしろ宣言してくれた分、マシかもな」


 自分たちの境遇を考えて、十路は早々に諦めをつけて、アッサリと言い切り。


(……でも、どうやって事態を把握した?)


 外部からの攻撃タイミングに疑問を持った。


「木次。催涙ガスで大変な時に訊くのもなんだが、電波とか感知しなかったのか?」

「ふぇっひょん! ぐすっ……近ぐでぞれっぼい電波ば感じまぜんでじだ……ぷぴー」


 乙女的に悲惨な有様になっているらしい。後ろを向いたまま樹里が答える。


 となると、武道場内に盗聴器が仕掛けられていた可能性は、除外していいだろう。

 あと考えられるのは、離れた位置からの盗聴ということになる。

 携帯通信端末など、一人一台以上持っている時勢、電波はありふれてる。電磁波を放つ電子機器も、学校ならばそこかしこにある。

 異能を持つ樹里がそれらを感知しても、盗聴してると認識していなくても不思議はない。

 だが、校外から、しかも真夏の日中となると疑問に思う。距離がある上に騒音の中で、正確に屋内の会話を聞き取れるものなのだろうか。十路も専門家ではないので、最新技術にそこまで詳しくはないが。

 それこそ《魔法》でも使わない限り、不可能な気がしてならない。


「兄貴、どうすんの?」


 問う南十星に、首筋をなでながら答える。


「とりあえず、部長にご出馬願って、修理だな」


 十路は破壊され、白煙を漏らす建物を振り返った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る