030_2020 彼らが邪術士と呼ばれる理由Ⅲ~【造里】氷器盛 三つ巴~


「ここだ!」


 一番人通りが多い駅前を通過したところで、十路はみずから《真神まがみ 》の車体から飛び降りる。延長されている小銃の銃身バレルを掴み、銃床ストックで地面を突いて転倒をこらえる。


『うぉ!?』


 応じて《バーゲスト》も挙動を変える。車上で槍を構える市ヶ谷に、追加収納パニアケースから飛び出る巨大直刀と、主砲を支えるマフラー配管に偽装された二本のアームを、防御の上から一斉に叩きつけて吹き飛ばした。

 そして進行方向に対して真横になってスライドする。靴底の鉄板を火花を散らして削りながら下がる十路を、横向きで滑りながら受け止めて。

 阪急春日野道駅前、国道二号線に併走する阪急神戸線とJR東海道本線を越える歩道橋に飛び込んで、そのまま南――海へと向かう。


「衝撃グレネード!」

【EC-program 《Thermodynamics Grenade-discharger》 decompress.(術式熱力学擲弾発射筒解凍)】


 その際に起動用の《魔法回路EC-Circuit》の殻を持つ固体窒素の塊を二つ、空気圧で発射はせずにその場に置き土産として残していく。

 時限信管により二秒後、急速気化による衝撃波が、道路を風洞のように通過する。数台自動車も巻き添えを食らって吹き飛んだが、やはりコゼットの《魔法》による巨大な腕ゴーレムが掴み取って落下を防ぐ。


『し、死ぬんじゃ、ねーですわよ……!』


 狂気的な連続作業をいた、コゼットの役目はひとまずここまで。実際には体を動かしていないものの、息も絶え絶えな無線越しの声が、走りながら車体にまたがる十路の鼓膜を震わせる。

 戦闘そのものはまだ終わりではない。広がった爆発粉塵の幕を突き破って、二〇〇メートルほど東に離れた隣の道路に、《真神》にまたがる市ヶ谷の姿が現れる。時速一〇〇キロを超える車上からの落下と、固体窒素の爆発で、いかほどダメージを与えられた不明だが、戦闘不能にするほどではなかったのは間違いない。

 しかしコゼットには後始末という、別の大事な仕事があるため、ここで離脱する。


『あと、正体不明で意味不明の『幽霊』もついてってますわよ……! 気をつけなさい……!』

【……コゼット? アタマ大丈夫ですか?】

『うっさい黙れAI! センサーの無反応空間を探知しろっつーの!』


 イクセスの返事は本気の心配を含んでいたのだが、余計な心配で勘違いだとコゼットは怒声を返し、無線を終えた上にリンクを解除した。

 同時に、減速して歩道橋の階段を下らず、そのままのスピードで宙に飛び出す。《バーゲスト》はサスペンションをきしませ、十路は足でタイミングを合わせ、転倒せずに衝撃に耐えて着地する。

 更に同時に、影が後部に飛び乗った。


『戦闘をやめてください……!』


 人の口から出たとは思えない重低音が、さらに押し殺したような調子で投げかけられた。誰かは背後を取っても、ナイフや銃を突きつけるような真似をせずに、命令ではなく希望を語りかける。


【どういうことですか……?】

「確かに正体不明で意味不明だな……」


 ヘルメットの無線を通じた会話で、コゼットの言葉の意味が、一人と一台にもわかった。彼女もそうであったように、初めての体験に彼らはいぶかしさと驚きを抱く。

 十路が振り返り、ヘルメットでせばまった視界に収めると、漆黒の全身鎧らしきものを装着した、あの謎の人物が後ろに乗っているのが見える。戦闘中に気にする余裕がなかったこともあるが、奇妙な事態によって、コゼットに協力するように流れ弾を処理していたことを彼らは気づかなかった。


 黒衣の人物は夜闇の中でも見える。いくら鎧を黒く塗ろうと、至近距離で明るい神戸の夜空を背後にすれば、その輪郭もはっきりわかる。しかし光の反射で曲面や段差で厚みがわかるはずなのに、その人物には当てはまらない。完全な漆黒で、まるで影が立体の世界に飛び出したようだった。

 そしてなによりも、温度・原子量・空間電位・粒子線量までも測定する《マナ》を使った脳内センターでは、その人物を示す反応がまるでない。

 鎧らしきものがステルス性能を持っているとは思えない。航空機のステルス性能は、形状と塗装によってレーダーに映りにくくしているだけで、微弱でも反応そのものは存在する。電波反射以外でも探知する《魔法使いソーサラー》の能力ならば、そこに数トンの金属が存在するとわかる。

 なのに、なにもない。見えているのに、そこに存在しない。脳内センサーの反応では、そこに『誰もいない』のではなく、人ひとりの体積分『なにもない』空間が存在している。


【コゼットが言う通り、『幽霊』ですね……】


 《使い魔ファミリア》の眼をもってしても、正体が見破れないのだろう。最先端科学技術のかたまりであるイクセスまでも、唖然とした様子で非科学的な感想をこぼす。

 その時、海に飛び出した。遊歩道プロムナードとして整備された道が途切れ、人間プラス車体重量三〇〇キロ超は、重力に引かれて海へと落下する。


【EC-program《cryogenics road》 decompress.(術式 《低温物理学ライト》解凍)】


 しかし宙を飛んだ車体は、海水へ落下しない。やや下に向けたヘッドライトの輪の中に、複雑な形状の、まるで船の操舵輪か歯車のような《魔法回路EC-Circuit》が形成される。

 レーザーとはエネルギー放射――つまり物質に照射すれば熱するのが普通だ。しかし低温物理学の世界では、最適周波数のレーザー光線で挟み込むように原子に照射することで、原子またはイオンの運動量を低く抑えることにより、絶対零度近くまで冷却する方法が存在する。

 《バーゲスト》がライトで照射する海面で、その『ドップラー冷却』が行われ、極低温に触れた海面は瞬時に凍りつき、氷の道が作られる。原理そのものは物理学の世界で行われることであっても、普通の科学ではとても真似できない。低温の環境で行うことを常温で、真空に近い環境ではなく通常空間で原子を判別し、しかも時速一〇〇キロ以上で移動しながらなど、不可能と言い切っていい。原子単位の操作を可能とする極小機械群マナを通じた超精度センサーと、世界最高のスーパーコンピュータである《魔法使いソーサラー》の脳で可能とする現象を起こし、海の上を突き進む。


「……お前がどこの所属ヤツか知らないけど、やめられないって言ったらどうする?」


 イクセスと会話していたため、保留になっていた願いへの解答を、右手一本で握った小銃を、肩越しで背後に突きつけることで示した。

 顔と思われる部分に銃剣バヨネットの切っ先と、同時に銃口を突きつけたが、その人物は避けもしない。緊張と沈黙がわずかな時間、失踪するオートバイの車上を支配する。


「あっちはやる気だぞ」


 十路が指摘を続けると、『幽霊』は銃口と銃剣を突きつけられているにも構わず、振り返った。

 同様に海を凍らせながら、《真神》にまたがる市ヶ谷が併走している。距離を開いたままではあるが、機関銃と主砲マフラーは《バーゲスト》に向けられ、いつでも撃てるように狙いをつけている。

 しかも、それだけではない。


【水中から高速推進体が複数接近!】


 イクセスが声で警告するだけでなく、十路の頭に詳細なデータを送る。

 それを詳しく閲覧するよりも早く、うち四本の反応が遠くの海面に飛び出した。水中カプセルを割って分裂し、IDAS対空ミサイル計一六本が姿を見せる。残りの四つの反応は、水中を広範囲に広がってからひとつの目標――《バーゲスト》に向けて収束する軌跡で接近する。時間差を置いた連続全弾発射、その発射元は高い確立で潜水艦というイクセスの推測つきの報告だった。

 潜水艦の戦術は特に、相手の動きの先読みが重要になる。きっと市ヶ谷の指示で放たれたものだと十路は予想し、早口に問う。


「イクセス、潜水艦の位置わかるか?」

【走りながらでは、さすがにそこまでは……】

「あぁ……! 面倒くさい!」


 十路は弾倉マガジンを交換する。それまで使っていた三〇発入りの弧を描く形状ではなく、そもそもケース状ではなく中身が詰まっている。短い直線形状で端子が覗いていることから、携帯電話などに使われているリチウムイオン電池に印象が近い。


「邪魔をするな!」


 背後の『幽霊』に、一言だけ言い放って。


「こうなりゃ当初の予定を少し変更! 全部!」


 十路はブレーキをかける。完全自律行動を許可しているので、人の手によるマニュアル操作は意味がないのだが、意を汲んだイクセスが長い制動距離を使って、氷上で停止した。


【本気ですか!? どれだけの負荷になると思ってるんですか!?】


 小銃のセレクターを切り替える。本来の八九式小銃には存在しない、四番目の選択位置――『安全』『単射』『連射』と打刻された続き、『環境操作』に合わせる。


「文句つけるヒマがあるなら電力と演算能力を貸せ! 俺のだけじゃとても足りない!」


 《バーゲスト》のフロント裏側から、手探りでケーブルを引き出す。小銃の底床ストック部をおおうカバーをはずし、接続端子を露出させ、電源ケーブルを差し込む。


「DTC術式プログラム鎖棍フレイル》解凍展開!」


 十路は前を向き、小銃を構える。ただし銃としてではなく銃剣術の構えでもない。右片手で銃把グリップを握り、斜め後方へと振り上げる。


【あぁもう……! EC-Prpgram《Sinful Prowess》synchronized ready!(術式 《罪深き武勇》同期実行準備完了)】


 小銃の先端に《魔法》の淡い輝きがともる。現在は圧縮されて空間に表示されているため、電子回路のような面影はなく、抱えられるほどの青白い光のかたまりにしか見えない。四方八方に突起が突き出ていることから、モルゲンシュテルン――朝星棒モーニングスターとも呼ばれる、トゲつき鉄球を先端に持つ打撃武器に見えなくもない。


「実行!」


 小銃の先端で海面を叩き、振るい、《魔法回路EC-Circuit》を水に潜らせながら疾走させる。

 すると海が凍りつく。《使い魔ファミリア》たちが走りながら作っていた氷の道とは比較にならない規模で、夏の大阪湾を北極海以上に変貌させていく。接近した魚雷は分厚い氷に衝突し、爆発して氷の破片をばらいた。うち一本は偶然にも、アクション映画のカーチェイスシーンで、追跡に失敗した事故車に乗り上げる後続車のように、派手に空中へと飛び出す。


 広い範囲に円周を描いてから、十路は小銃を横殴りに降る。離れた場所で連続して遠隔操作を行う術式プログラムのため、その動作にあまり意味はない。しかし《マナ》を光ファイバーのように――あるいは鎖棍フレイルの鎖のように形成された擬似光通信システムの先が、動きに従うように海を割って出現した。

 抱えられるほどの大きさであった球状の《魔法回路EC-Circuit》は、直径百メートル以上の大きさにまで膨張し、空母の排水量に匹敵する海水をたたえていた。

 幾何学きかがく模様に抱え込まれた水球は、十路の操作に従って、飛沫しぶきを軌跡に残して宙をはしる。横殴りに向かい来るIDASミサイルへと叩きつけ、あらぬ方向へ弾き飛ばし、海水に取り込んで――凍らせて閉じ込める。

 小型ミサイルはそうやってすべて迎撃しても、十路の動きは止まらない。轟音と白銀をき散らしながら、何度も水球を空中で氷塊へと変えて、氷の軌跡を十重二十重とえはたえ網目のように張り巡らせる。


『すごい……』


 背後の『幽霊』が、音を立てて成長する氷を見上げ、感嘆の声を上げる。

 かつて『騎士』と呼ばれた者たちは、剣を振るうだけの者ではない。遠くの敵には弓を引き、硬い鎧をまとう者にはつちを振るい、馬にまたがり駆けながら槍で突く。状況に応じたあらゆる武器を操る、戦闘のエキスパートでなければならなかった。

 そして《騎士ナイト》と呼ばれた堤十路もまた、脳内にいくつもの武器を持つ。そのひとつが鎖棍フレイル――農具の殻竿からさおをヒントに開発されたとされる、柄とおもりを鎖で繋ぎ、遠心力による強い打撃と防御の困難さを持つ、特殊な打撃武器だ。


 十路が持つそれは、重力制御による簡易的擬似的な給水タンクを形作り、ドップラー効果による冷却システムをそなえた、その場の水を凍らせておもりにして振り回す――言ってしまえば『それだけ』のものであり、兵器とは呼ぶにはいささかお粗末に思える。

 しかし殺意を持って自動車のアクセルを踏めば、立派に武器として通用するように、その破壊力は比類ない。

 いかなる英雄も凍てつかせ、死を氷中に閉じ込め冒涜ぼうとくを与え続ける。摂氏マイナス二七三度に巻き込めば、暖房も防寒装備も意味なく、生物は自覚すらできず凍死する。

 いかなる防御も押し潰し、守り手たちの尊厳と誇りを丸ごと打ち砕く。虫を叩き潰すような感覚で、戦艦を、潜水艦を、海沿いの軍事施設を、原始的なたった一撃で。

 行われた破壊を功績と呼ぶとしても、氷山を落とすような非常識さと無慈悲さに、味方までも恐れを抱いた、武器現地調達型攻撃システム術式プログラム。十路は凍結のタイミングを変えることで変則的に使い、大阪湾を分厚い氷で区切ることによって、市ヶ谷と《真神》、謎の『幽霊』を閉じ込めた、内部確保空間数百メートルにもなる球体を作り上げた。


「はぁ……! はぁ……!」

【トージ……】


 この術式プログラムを使うことは、当初の予定から考えていた。しかしもっと小規模のもので、市ヶ谷だけを閉じ込めるつもりだった。

 大規模な戦闘フィールドを作り上げた代償だいじょうは、莫大ばくだいな電力消費と、生体コンピュータの疲労限界だった。耳鳴りと頭痛が頭蓋の中をミキサーする苦しみに、荒い息を吐いてあえぐ十路に、イクセスが普段見せない心配を見せる。背後の『幽霊』も、なぜか心配げな気配を見せている気がする。


 それに十路は応えない。唾液で血の味を流し込み、口元をぬぐおうとしてヘルメットを被っていることに気づいて、結局役目を果たさなかった左手を小銃に添えた。

 戦闘はまだ終わっていない。


『誰……っていうか、なんだ? そいつは?』


 十路の意図がわかったのだろう。そして彼にとっても望むところなのだろう。戦闘フィールドの形成を邪魔することなく待機していた市ヶ谷が、『幽霊』の姿に目を留める。


防衛省おまえのところの関係者じゃないのか?」

『はぁ? 知らないぞ?』


 演技という可能性もあるが、それにしては市ヶ谷の言葉は普通すぎることに、十路は改めて疑問を覚えた。


(第三勢力……? この場面で?)


 理由は不明だが、『幽霊』は十路と市ヶ谷が戦っては困るらしい。


『戦闘をやめてください……』


 《バーゲスト》の後部から降りながら、『幽霊』は市ヶ谷にも同じ言葉を投げかける。


『それはできないな』


 対する市ヶ谷は、『幽霊』に槍の穂先を突きつける。


『堤十路がやったことを、理解しているだろう? 俺の立場からすると、そいつにケジメつけなければならなくなった』


 存在は広く知られていようと、《魔法使いソーサラー》は裏社会の存在だ。そこで十路は暗闘では収まらず、一般市民を巻き込んだ破壊を行った。

 市ヶ谷が国家所属の《魔法使いソーサラー》であるならば、逮捕して身柄を拘束するか――それとも命を奪うか。どちらにせよ停戦はできないだろう。


 『幽霊』は仕方なさそうに小さく首を振り、十路と市ヶ谷を等分にする位置まで凍った海面を歩く。

 足を止めても『幽霊』は身構えることない。何気なく両手を体の横に下げているが、戦う気がないとは思わない。無行の構えというものもあるし、考えるだけで殺傷能力を発生させる《魔法使いソーサラー》の常識として、構えがないから戦意がないとは思わない。

 十路と《バーゲスト》、市ヶ谷と《真神》、そして『幽霊』の、三つどもえの図が出来上がった。


 からになった電池を捨て、十路は小銃に新たな弾倉マガジンを叩き込むと、イクセスが声をかけた。


【トージ、状況はよくないですよ……】


 ひとまず氷でさえぎったが、潜水艦のような通常戦力が存在するのか彼らは知らない。加えて謎の『幽霊』に介入されて、三つどもえ戦の様相になってきた。更に十路の限界が近い。このまま長引くと脳機能に影響が残る可能性がある。


【こんな状況で、私とあなただけで戦って、しかも勝たないとならなくなりました】

「仮に勝ったとしても、その足で神戸ここから逃げ出さなきゃいけないってのに……相打ち覚悟ってわけにもいかず、ピンピンして勝たなきゃいけないんだぞ……」


 頭痛に耐えながら十路はレバーを引いて、初弾を薬室に送り込む。

 そして、イクセスでもセンサー感度を最大限に上げないと聞こえない音を吐き出した。


「俺、死ぬかもな……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る