非正規雇用の《魔法使い》

045_0100 【短編】ヘッポコ諜報員剣風録Ⅰ ~ある時は、女子高生~


 その日の授業は全て終わり、共に総合生活支援部の部室におもむこうと、つつみ十路とおじとナージャ・クニッペルが高等部校舎の昇降口を出たところだった。


「あ! ナージャ! 丁度いいところに!」


 十路には見覚えのない女子学生が近寄ってきた。学生服ではなく私服なので、同じ敷地内の大学生だろうとは思うが、厳密には制服ではなく推奨に留められた標準服、小中高生でも私服登校する学生もいるので、確証はない。


「急な話だけど、明日ウチに来れない?」

「なにか起こったんですか?」

「父さんが腰やっちゃって……ナージャが作った例のアレ、他に作れる人がいなくなったのよ。それだけならメニューから外すだけでいいし、臨時休業してもいいんだけど、取材受けることになっちゃったの。今から断るのも問題あるし。だからお願い。一日だけ手伝って?」


 ナージャ個人の付き合いがあるなら、十路は先に部室に行こうと思ったのだが、彼女はチラリと紫色の視線を送ってきた。意味が理解できず、居たほうがいいのかと思った矢先、話はあっさり終わってしまう。


「確認しないといけないことがありますから、後で連絡します。それでいいですか?」

「いい返事期待してる!」


 最低限と思えるやり取りで、女子大生は足早に消えてしまった。なので十路は、また連れ立って修交館学院敷地隅の部室に向かいながら問う。

 

「今のは?」

「大学部の甘粕あまかす先輩です。料理研究部で一緒だった上、しかも家業が飲み屋さんなので、支援部に転部するまで、よくお世話になっていました」

「行き着けとして?」

「バイト先です。ロシアじゃ合法でお酒飲めますけど、日本こっちじゃ違反になりますよ」

「まだ?」

「飲酒解禁年齢引き上げ検討中だからです。二〇歳はたちより高くなるかもしれません」

「ようやくロシアも酒に関して本腰を入れるようになったのか……何年か前までビールは酒じゃなかった国なのに」

「それ、アルコール度数で酒税の対象外になってたってだけで、ジュース感覚で子供もビール飲んでたって意味じゃないですからね?」


 ロシア=酒という偏見は、最近では通用しなくなっているらしい。冬ともなれば酒飲んで体温上げないと死ねるお国柄とはいえ、病気・事故を含めた死亡原因の三割がアルコールと世界保健機関WHOに発表されるようになれば変わりつつある。しかし反アルコール政策は国民性との相性最悪『そこまでして酒飲みたいか?』と言いたくなる仰天エピソードに事欠かないことは、日本ではあまり知られていない。一応お隣の国なのに。

 唐突に鳴り始めた荘厳なメロディも、日本人には馴染みがない。ロシア国歌だとわかる者が果たして何人いることか。


「はいはーい。じんさん、お久しぶりですね。どうしました?」


 ロシア人らしいかもしれないが、女子高生らしくはない、ナージャの携帯電話の着信だ。


「ほえ? それはまた厄介な依頼受けたんですね? いやいやいや、わたしみたいな小娘、そういう仕事に向いてませんよ。事務の出邑でむらさんのほうが得意ですよ。辞めたわけじゃないですよね?」


 歩きながら話す彼女のソプラノボイスに、それとなしに耳を傾けていると、どうやら相手は学生ではないのではないかと思える。ハッキリしないが洩れる声も、そこそこ歳を食った男のものに聞こえた。

 なにか頼まれたようだが、『近々遊びに行きまーす』と断りの返事を入れて、ナージャは電話を切った。


 普段なら他人の人付き合いなど気にしないのだから、気まぐれと呼ぶしかない。なんとなく十路は問うた。ただし単純に『誰?』などと訊かない辺りが彼らしい。


「ナージャって非合法諜報員イリーガルのくせして、結構ハデに活動してるよな?」

「《騎士ナイト》サマに言われるような破壊工作ことしてないですよ?」

「そうじゃなくて、顔が広くて知り合い多い」


 彼女は友人が多い。三年B組だけで見ても、グループの垣根を越えて、男女構わず親しげな言葉を交わしている。それどころか廊下を歩けば、クラスや学年の違う生徒とも話す。休憩時間の敷地内ともなれば、高等部ではない生徒とも話す。教科書や辞書、試験対策のノートを借りる先には、こと欠かない。

 春先の溶けかけた雪ダルマのような、緩い雰囲気を持つ彼女の人柄なのか、とにかく顔が広い。気の合う者同士で固まりがちな女子高生としては、異常とまでは言わずとも、珍しい部類に入るだろう。放課後にファミレスやファストフードで駄弁るような付き合いはしていないのに、親しさだけは同レベルなのだから。


 支援部員となるまでは、ロシア対外情報局SVRに所属する非合法諜報員イリーガル――《魔法使い》のスパイだった。

 なのに、その職業に就くイメージからはかけ離れている。学生生活に溶け込んでいる意味では、これ以上なく『らしい』とは言えるが、それにしても非合法の匂いが恐ろしく希薄だ。

 まぁ、裏方面の人間らしくないからこそ、彼女は支援部に入部しているわけだが。


 問うとナージャは、学生かばんから離した右手の指を立てる。ロシア人の印象は質実剛健、無意味なオーバーアクションなどあまりしないものだが、彼女には当てはまらない。


諜報活動インテリジェンスはいくつか種類があるって、十路くんなら知ってますよね?」


 多くの人々が思い描く諜報活動は、偵察衛星が撮影した画像検証イミント通信傍受解析シギント辺りだろう。

 だが実際のところ、公開されている資料からの情報収集オシントがほとんどだ。それで足りない部分は、有識者から話を聞いたり、情報を握る人物に接触する、アナログな方法で補う。警察の捜査であったり、雑誌の取材であったり、一般人が知りたいことがあった場合の行動と大差はない。


「わたしがやってたのは主に対人諜報ヒューミントですから、人付き合いはどうしても多くなりますよ」

「そこは納得できるんだが……諜報員ってのは、目立たないのが普通なんだがな」


 十路は歩きながら、ナージャの頭の先から足の先まで、視線を往復させた。

 日本人と比べれば身長は高め、女性らしい起伏に富んだ体つきで、極めつけには全人類の中でもほとんど存在しない、自然の紫瞳バイオレットアイ白金髪プラチナブロンドを持つ。美人の標準からは崩れているのに、それでも不思議と美形と呼べるくっきりした目鼻立ちも、かなり目立つ要因だ。

 ひと目で記憶に残るような造形など、スパイとしては一番不適格な人物像だ。現実の諜報機関は、アクションスパイ映画の主人公のようにあらゆる意味で目立つ人材など、真っ先に人選からねる。


「ロシアの人材不足、深刻なんだな……」

「わたしが適任だから派遣された、とは考えないわけですね」

「逆に訊きたい。俺に考える余地があるのか? 『役立たずビスパニレズニィ』さんよ?」


 実在が疑われたほど悪名としても伝説としても名高い、諜報員としてのナージャのコードネームを口にすると、優秀ではなかったのは事実だから認めざるをえないと、しかし唇を尖らせて反論する。


対外情報局SVRからすれば、支援部の調査でわたしを派遣したのは、ベストではなくてもベターだったからですよ」


 《魔法使いソーサラー》たちの部活動・総合生活支援部が生まれたのは、今年の春だ。そしてナージャは昨年、高等部二年生の時に修交館学院に転入している。

 民間の《魔法使いソーサラー》による超法規的準軍事的組織などという、あらゆる方面に影響力の大きすぎる組織誕生の前触れを察知し、支援部が存在するより前から諜報活動を行おうというのは、まぁ理解できる話だ。

 同時に普通はヨタ話と捉え、現実を真に受ける者がいかほどいるか怪しい話でもある。

 国家の観点からすれば、情報収集しないわけにもいかない。支援部が誕生するよりも前に、学院にスパイを潜入させることができれば、他国に先立って情報を得ることができる。かといって大枚つぎ込んで本格的な行動を行うには不確実で、二の足を踏む。

 そんなハイリスク・ローリターン場合によってハイリターンな微妙な状況下では、ナージャはうってつけの人材と呼べる。


「おかげで大変でしたよー? 最近スパイ業界も不況で、どこも世知辛いですけど、活動資金ショボくて生活するのもひと苦労でしたから」

「どのレベルで?」

「振り込みがない代わりに、パンとジャガイモと缶詰が現物支給されたことがあります」

「……それは親からの仕送りみたいに思えばいいのか? それとも社会主義体制の食糧難時代みたいに思えばいいのか?」

「どこまでケチって大丈夫かみたいな、チキンレースになってただけです」


 ナージャは両極端で、大きな矛盾を抱えている。

 《魔法使いソーサラー》という稀少人種の上、持っているのは類を見ない特化された《魔法》だ。相当に特異で強力だが、違う《魔法》を望む場面では、即座に役立たずに成り下がる。

 非合法諜報員イリーガルとしての修得技術そのものは高い。《魔法》と組み合わせれば、物語の怪盗並のことを現実にやってのける。だが暗所恐怖症を持ち、裏稼業をしていたと思えない一般人レベルの倫理観のため、三流以下の失敗をやらかすヘッポコだ。

 潜在的にはこれ以上望めないほど優秀だが、実績はとても有能などとは呼べない。とはいえ、もし彼女以外に対処できない事態を考慮すれば、安易に切り捨てるのも難しい。

 伝家の宝刀と見るか。貧乏神と捉えるべきか。とにかく扱いが難しく厄介な『最凶』だった。

 そんな彼女を、まだ不確実だった時分の支援部調査に送り込むと、『ヘッポコでも仕事あるだけありがたいと思え』と運用費を切り詰められる、他のごく一般的な使い勝手のいい諜報員を別任務に派遣できるなど、些少でもメリットが生まれることになる。


諜報員ほんしょくの仕事がないわけではなかったですけど、それどころじゃありませんでしたよ。去年なんて本国には『本格的な活動に向けての地盤構築』って報告して、バイトに明け暮れてましたし。一応ここの学生が働いてる先を調べて、繋がりを持つようにしてましたけど」

「確かに地盤ではあるけど……」


 でもなにか違うと十路は思ってしまう。物は言い様だ。


「じゃなにか? ナージャの知り合いって、元バイト仲間か?」

「だけじゃないですけど、多いですね」

「バイト先、一ヶ所じゃないよな?」


 交友がバイト仲間だけだとすると、顔が広すぎる。転々とした結果、知り合いが多くなったと思ったほうが自然だ。

 十路はそう思って訊いただけの、世間話でしかないつもりだったが、なぜかナージャはリボンで束ねられた長い髪の尻尾を振り回し、気まずげな顔を作った。


「短期とか単発のバイトが多かったってのもあるんですけど、辞めざるをえなかった場合も少なくないんですよね」

「どうして?」

「いやぁ、さっき十路くんが言った理由ですよ。非合法諜報員イリーガルが顔を売るわけにはいかないじゃないですか」

「矛盾してないか?」

「してますよー。だから大変だったんですよ。イベントコンパニオンとか単発仕事で割がいいですけど、写真られるからダメなんですよね。食べ物関係でも、大手チェーンならキッチンから顔出さずに済みますけど、お客さんと顔を合わせる小さなお店じゃ、長続きしないんですよ」

「看板娘になるのは困るわけか」

「結婚披露宴の代理出席とか、お店の覆面調査員とか、そういう意味じゃ便利でしたけど……あれ登録制で、いつでも仕事があるわけじゃないですし」


 髪の尻尾を振り回しながら、彼女は言葉に間を空けた。記憶を探っているのか、紫の視線は左上を向く。


「だからまぁ、探偵事務所で働いた時が、一番楽といえば楽でしたね。依頼者への顔出しはせいぜいお茶汲みですし、バイト料は安いってわけではなかったですし、『本業』関係でもなかなか便利でしたし」

「探偵業でバイトなんて募集してるのか?」

「張り込みの補助とか、簡単な事務仕事とか、そんなお手伝いです。さすがに人様のプライバシーに踏み込む調査は、させてもらえませんよ」

「へぇ」

「それがさっき電話してきたじんさんのところなんですけどね。すごいですよー、この人。本名がじん恭一郎きょういちろうで、探偵になるべくして生まれたような人です」

「意味わからん」

「知らないんですか!? 帆村ほむら荘六そうろく多羅尾たらお伴内ばんない・三毛猫ホームズに並ぶ、架空の有名私立探偵ですよ!?」

「日本限定なら、明智小五郎・金田一耕助の大御所は?」


 作家には申し訳ないが、推理小説など読まない十路は、日本人以上に日本のサブカルチャーに詳しいロシア人に『知らねーよ』とツッコむ。ネコを探偵に入れていいのかという疑問も込めて。


 そんなことを話しているうちに、シャッターが既に全開されている支援部部室に到着した。古びたガレージに家具を置いて居住性を作った半屋内には、人間はふたり、支援部員はひとりしかいなかった。


「他の連中は?」

「それぞれ依頼で離席中であります。ちなみにミスタ・トージとミス・クニッペル向きの依頼は、今のところないであります」


 十路が声をかけると、偽ブランド芋ジャージを着る小学生女児・野依崎のいざきしずくが、OAデスクのパソコンから目を離さないまま口を開く。


「で。コレは?」

【知りません。トージとナージャが来るの、待ってたんじゃないですか? ソファではなく床に転がってるのは、先ほどまでコゼットたちがいたからだと思いますが】


 部員ではない不審人物に関しては、部の備品である大型オートバイ型 《使い魔ファミリア》の人工知能、イクセスが教えてくれた。


 コンクリうちっぱなしの床にダンボールを敷いて、ふたりのクラスメイトである高遠たかとお和真かずまが倒れていた。本日最後の授業は選択で、彼とは終了時間が違ったので、帰りの姿を知らなかったとはいえ、まさかスマートフォンを握り締めて支援部部室で寝ているとは。


 その寝姿を見下ろすナージャに、ピンと立った尻尾が見えた気がした。閉じたまま口角を上げる、緩やかなωオメガに歪む笑顔を浮かべている。

 彼女はしゃがみこみ、和真のスマートフォンのセキリュティを解除する。なぜナージャが解除できるのかそこはさておき、なにかイタズラを始めた。ひとしきりいじると満足したか、元のように握らせる。

 次いで壁際のラックに積み上げられたダンボール箱を下ろして、中身をあさり始めた。触れても起きない和真に、ナージャは更なるイタズラを慣行するつもりのようだ。十路は加担する気はないが、止める気もない。


「そういえば、和真くんと話すようになったのって、探偵のバイトしてた時からなんですよ。去年はクラス違いましたし」

「へぇ?」


 白い紐を取り出して長さを確かめながらの、思い出したような彼女の言葉を意外に思う。ナージャと和真はいつも一緒にいるような印象があるから、彼女が来日して以来の付き合いのように思っていたが、違うのか。


「その頃のこと、聞きたいです?」

「ちょっと興味ある」


 和真はナージャへの好意があからさまで、よく言い寄っている。笑顔で地獄突きを叩き込まれて撃墜されるのがつねだが。

 十路が見慣れたふたりの関係の最初は、果たしてどういうものなのか。何事にも淡白で、彼らしくないと自身で思いつつも、好奇心をあらわにした。


「その前に十路くん。明日のバイトの件、甘粕先輩に連絡をしないとならないので、先に確認です」


 なぜかガラクタの中から取り出した、V字に曲がった鉄板を手にしたまま、ナージャは真面目な顔で人指し指を立てる。


「ガスマスク持ってます?」

「どういう経緯でその質問が出てくるのか、説明を求める」

「先輩のお店でバイトしようと思ったら、必要なんですよ。わたしが持ってるの、しばらく使ってないから、吸収缶キャニスター湿気しけってダメになってると思うんですよ」

「ちゃんと説明書を読んで保管しろ。あとやっぱり意味わからん。なんで飲み屋のバイトでガスマスクが必要になる?」

「作るのって、罰ゲーム用に開発した激辛料理ですから、ガスマスクないと匂いだけで死ねます。市販の防毒マスクとゴーグル程度じゃやっぱり死ねます」

「自業自得で一度死んで来いって思うのは、俺の性根がねじ曲がってるからだろうか?」


 言外に『化学兵器を開発するんじゃねぇ』と言っておく。今更なことは理解しつつも、ツッコまずにはいられない。このトラブルメーカーというかトリックスターは、調子に乗ってなにをしでかすかわからない。


「この料理の開発経緯も、和真くんが絡んでるですけどね」

「なんか、ロクな経緯じゃないだろうな……」


 もしかして彼女たちの関係は、ずっと今と大差ないのだろうか。


「それで。十路くんだったらガスマスク持ってるんじゃないかなーと思うんですけど、どうなんです?」

「俺の空間制御コンテナアイテムボックスに入ってるけど……取りに行かなきゃない」

「お願いします。貸してください」

「仕方ないな……」


 ここに普通の高校生は絶対に行わない貸し借りが成立した。残念ながら部室にいる者全員が普通ではないので、ツッコミはなかった。


「取りに行くの、正直、面倒くさいんだが……」


 ナージャと野依崎以外の支援部員は、装備を空間制御コンテナアイテムボックスに入れて携行しているが、十路は諸般の事情で持ち歩いていない。


「ここにあるであります」


 その管理を頼んでいる野依崎が、なぜかOAデスクの下から、傷だらけの黒い追加収納パニアケースを取り出してきた。彼女の居室である学校の地下三〇メートルにあるもの思っていたが、なぜか。


「なんで持ってきてる?」

「バッテリー切れ間近だからであります」

「ついでだから交換しといてくれよ? お前も《付与術士エンチャンター》の真似事やってんだから」

「面倒であります」


 なにせ空間制御コンテナアイテムボックスは片手でげられるサイズでありながら、収納能力は貨物コンテナほどもあるオーバーテクノロジーだ。普通の家電製品の電池交換とは違うので、専門家エンチャンターの手が必要になる。

 面倒くさがりな小学生女児に顔をしかめながらも、十路はそれ以上の文句は言わず受け取り、〇〇式防護マスク本体と真空パックされた吸収缶キャニスターを出して放った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る