ひだまりファンタジア

作者 米田 助六

★★★ Excellent!!!

便所に名前を落としてきた、不遇系男子。

 この主人公、不遇である。しかし悲惨と言うより、どこかそれをほのぼのしたギャグへと昇華できる才能を持っている。本人はいつだって必死だが、見る側は飽きることがない。

 ライトなタッチで描かれるのは他作をトレースしたような異世界ではなく、かなりの本格ファンタジー。世界の背景や歴史、キャラクターがしっかりと作り込まれている。ひとつひとつの事柄への説明が丁寧だが、説明臭くなくてわかりやすい。
 特筆すべきはヒロインの可愛さだ。無防備に見えてガードが硬い。もし全て計算しているのなら女ってコワイ…。異形の者は多く登場するが、本当の悪人は(今のところ)現れない優しい世界。

 だがしかし、確実に『何かある』。謎の寄生鉱石「ライネック」。主人公の体に起きる「異変」。楽しく読み進められるのに、読めば読むほど気になる謎が増えてゆく。
 これは、ただのほのぼの異世界ライフではない。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!