ひだまりファンタジア

作者 米田助六

98

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この主人公、不遇である。しかし悲惨と言うより、どこかそれをほのぼのしたギャグへと昇華できる才能を持っている。本人はいつだって必死だが、見る側は飽きることがない。

 ライトなタッチで描かれるのは他作をトレースしたような異世界ではなく、かなりの本格ファンタジー。世界の背景や歴史、キャラクターがしっかりと作り込まれている。ひとつひとつの事柄への説明が丁寧だが、説明臭くなくてわかりやすい。
 特筆すべきはヒロインの可愛さだ。無防備に見えてガードが硬い。もし全て計算しているのなら女ってコワイ…。異形の者は多く登場するが、本当の悪人は(今のところ)現れない優しい世界。

 だがしかし、確実に『何かある』。謎の寄生鉱石「ライネック」。主人公の体に起きる「異変」。楽しく読み進められるのに、読めば読むほど気になる謎が増えてゆく。
 これは、ただのほのぼの異世界ライフではない。

★★★ Excellent!!!

まさかのトイレです! トイレですよ! 何をフォーカスをするまでもなく、トイレですよ!
キャッチコピーから興味をそそられました。いやあ、そういう意味では作者様の策略にまんまとはめられたというわけですなあ。
ですが、その肝心の物語はなかなか。そこは魔法がある世界。
しかし同時に科学技術もはびこっているという、なんともハイブリッドな世界。ご都合主義もなるほど悪くはないものですね。
軽快な文体で描かれるトイレが入り口の異世界譚。いざここに。

★★★ Excellent!!!

そう口ずさみたくなるような驚きの展開。トイレではじまるからって水に流せないオープニング。是非皆さんもトイレの扉を開き、このひだまりの冒険に駆け出しましょう!トイレ・イン・ワンダーランドの続きは貴方の目でお確かめください!

★★★ Excellent!!!

不健康な生活を送る主人公
あぁ、自分もこんな生活を送る日々が来てしまうんだろうか、と不安になりながらも突然の便器っ!?
便器がこんなにも印象に残る作品は初めてでした……

私も便器に行けば皆に会えるのかな?ちょっとお花を摘みに行くついでにいってこよう!
って、行けないのでこの物語で行った気分になってください

★★★ Excellent!!!

メジャーなジャンルになってきた、とも言える異世界転生。しかしこの作品は、一味違う。

冒頭から、血尿を手土産にパンイチで異世界へ飛び込む主人公。丁寧な魔法や魔物達の描写。重厚な世界観と文明の融合。しっかりと練り込まれたストーリー。

そう、これは、正統派ファンタジーに上から下まで遊び心を詰め込んだ、超正統派ファンタジー!

★★★ Excellent!!!

お便所で血尿というオッサン臭漂うスタートなのに、実に本格的なファンタジーです。
老若男女、どなたでも楽しく読める作品だと思います。
可愛らしい魔導士ステラも一筋縄ではいかなそうな存在で、きっとあなたも読むのを止められなくなるはず……

★★★ Excellent!!!

キャッチコピーに惹かれました。そしてその期待を裏切らない内容、1話目から笑いました。
異世界の描写もわかりやすく、読みながら浮かぶツッコミが文中にも書かれているので爽快感があります。
ちょっとシリアスなところもあり、笑いもあり、そしてドキドキも…。すべての要素が備わっているので満足度の高い作品です。続きがとても楽しみです。

★★★ Excellent!!!

これまで、トイレからはじまるファンタジーがあっただろうか……。
私が読んできた作品内ですぐに思い当たるものはありません……!

魔法、コメディ、恋愛、ほのぼのギャグが好きな人にお勧めです!
以前の作品の面影はあまりないかもしれませんが、これは、絶対におもしろい……!
続き楽しみにしています!!