第13話:小一時間問い詰めたい

 今日はステラが仕事の為、アスターは家で留守番していた。

 ただ、これといってやることが無く、朝からずっと掃除ばかり。すでにやることも無く、今は早めの昼食を取っている。

 今日のメニューは、ハムとチーズのサンドウィッチ。これはステラが作っていったものだ。


「……」


 食卓には、ミスターもいた。

 けれど二人の間に会話は無い。何故そうなっているのか、彼はその原因に心当たりがあった。


「いい加減機嫌直せって」

「……」

「悪かったって」

「……」


 いつもムチャムチャ音を立て、ウメェウメェと生肉をむさぼり食うミスターが、今は虚ろな目で、彼の言葉に耳を傾けるわけでもなく、無言で肉を食べ進めている。


 事の始まりは今朝。

 数日家を空けていたミスターが、やっと帰ってきた時の事である。


『私は仕事だから、アスターさんとお留守番お願いね。ご飯は作ってあるからそれを二人で食べて。じゃ、いってきますね』


 そう言って笑顔で出て行ったステラを、彼等は玄関先で見送った。

 その時、ミスターはただぼんやりとした虚ろな目つきで立っていて、いつもならギャーギャー喚くのにおかしいな? なんて彼が思っていた矢先。アスターは思い出したのだ。


 一昨日、藤四郎の店の裏庭で、完全に伸びていたミスターをすっかり忘れ、今の今まで放置していたという事を。


 当のミスターは相当怒っているのか、はたまた絶望しているのか。虚ろな瞳で時々空を見つめては、深いため息をつく。というのをずっと繰り返している。


「……はぁ」


 そうこうしている内に、肉を食い終えたミスターは、またため息をついて、おぼつかない足取りで自分の小屋に戻っていった。この気まずい空気に、彼はたまらず庭に出る。しかし、空は相変わらずの曇天模様。気分転換に庭に出たものの、水遣り等はある程度終わらせていた為、やはりこれといってやる事が無い。無理やり仕事を探そうにも、できる事といえば、この数時間で散らかった落ち葉を掃く位だった。


「ふぅ」


 ある程度落ち葉を掃いたところで、ふと顔を上げると、家の前を見知った顔が横切りった。彼は慌ててその人物を呼び止める。

 

「シオン!」

「?」  


 声に気づいたシオンが、暫くキョロキョロ辺りを見る。

 そして彼に気が付き会釈した。こんな所で何をしているのかと訊ねると、配達を始めたのだと言う。


「店はあの有様ですし、折角なので、これからは新しいこともやってみようとぬし様が」

「優秀な自宅警備員もいる事だしなぁ」

「えぇ、頼もしい限りです」

(おぉ)


 この時、アスターは初めてシオンの微笑を見た。

 今までのシオンはどれも硬い表情ばかりだったこともあり、ひとり、距離を感じていたアスターだったが、こんな顔も見せてくれるようになったのかと、少しうれしく思った。


「あ、呼び止めて悪い、配達中なんだよな?」

「いえ、もう終わりました」

「そうなのか」

 

 ステラは居ないのかと訊かれ、今日は仕事で不在なのだと答える。 


「それはそれは、お寂しいですね」

「子供じゃないんだから、別に平気だよ。それより時間は大丈夫なのか? 遅くなると藤四郎さんが心配するんじゃ」

「……失念でした。配達が終わったら連絡を入れるよう、言われていたのを思い出しました」


 そう言って、シオンは首元の紐を手繰り寄せ、携帯を取り出した。


「お、買ってもらったのか?」

「自分は不要だと申したのですが、先日の事もありますし、配達に便利だからと主様が」


 シオンのパーソナルカラーである薄い紫色の携帯に、黒と紫と黄色の、可愛らしい猫の顔が、団子のように連なる可愛らしいストラップが揺れる。


「えっと……これを……こう……」


 慣れない手付きで操作する姿を、彼が暫く見守っていると、シオンの指がピタリと止まった。


「どうした?」

「使用方法は聞いていたのですが、まだよく覚えておりませんで」 

「あぁ何だ。貸してみ、どうしたい?」

「接客中かもしれないので、文を出したいのですが……」


 受け取った携帯は、彼が初めて見るタイプの物だったが、操作は勘で分かる程、簡単なものだった。


「ほれ」

「ありがとうございます。助かりました」

「あいあい。あ、そうだ、折角だし、番号聞いてもいいか?」


 そう言うと、シオンは肩下げの鞄から名刺を取り出した。

 そこには店名や番号、住所は勿論、藤四郎の名前が記されている。


「道に迷ったり、番号を訊かれた時はこれを渡せば良いと主様に」

「お、おう」

(俺はシオンの番号を訊きたかったんだが……)

「そういえば、魔具の調子はどうですか?」

「んー、やっぱ俺には適正無いみたい」


 アスアーは、今やもうファッションの一部と化しているネックレスと、そのチェーンに通した指輪を、首元から取ってシオンに見せた。


「これは……」


 しかし、魔具を見た途端、シオンは顔をしかめて唸る。


「どうした?」

「……申し訳有りません。どうやらこの魔具は粗悪品だったようで」

「粗悪品?」

「つい先日入荷したばかりだったのですが、この魔具から力を感じられません」


 それは使えないという事だろうかと問うと、そうだと言う。本当に申し訳ないと謝り、新しい物と交換すると言うシオンに、折角貰った物だしこのままでいいと彼は断った。それでも、でも……しかし……と気に病むシオン。


《~♪》


 そうこうしている内にシオンの携帯が鳴る。

 藤四郎からの電話だった。


「はい、はい、そうです。いえ、アスター様にお会いしまして……、はい――」


 暫くその会話を見守っていると、シオンがいきなり慌て出した。


「おっ、お待ちください主様っ、仰っている意味がわかりかねっ!」


 あまりの慌てっぷりに、どうしたのだろうと彼が思っていると、電話を切られたのか、泣きそうな顔をしたシオンがアスターを見た。


「ぬ……主様が、夕方まで遊んでこいと……」

「う、うん?」


 それがどうしたのかと不思議でたまらなかったアスターだったが、理由はすぐに判明した。


「自分は……主様にとって不要な存在になってしまったのでしょうか……」


 この世の終わりが来たような、そんな顔で嘆く。


「ぶっ! くくくっ、ないない!」


 アスターは、つい吹き出してしまった。


「はー、いきなり何を言い出すかと思えば。あのさ、藤四郎さんはきっと、お前にもっと外を見て欲しいんじゃないかな? それにさ、ナズナが居るからって、すぐにお前を切り捨てるような人だと思うか?」 

「主様はそんなお人ではありません!」


 と少しムッとしてシオンが答えたので、アスターも「そうだろう?」と同意する。


「さて、許しも出た事だ。何をするって事も思い浮かばないけど、俺もたまには童心に返って遊んでみるのもいいかもな」

「は……はぁ……」

(――子供の頃、何をして遊んでいただろう?)

 

 アスターはふと思う。

 けれど、これといって思いつかなかった。


「アスター様?」

「ん、そだ、シオンは小さい頃、何して遊んでたんだ?」

「自分ですか? 蹴鞠けまりや貝合わせと言った所でしょうか」


 シオンは、なかなかハイレベルな遊びをしていた。

 

「ま、とりあえずどっか行くか」

(男の遊びなんて、枝一本あれば何とかなるだろう)


 という事で、とりあえずその辺をブラブラする事にした二人であったが、流石に何も言わずに行くのも如何なものかと、小屋に引き篭ったままのミスターに声を掛けて行く事にした。

 しかし返ってきたのは、アスターが思っていたものとは違う反応だった。


「お前にだけは頼みたくなかったが……もうお前でいい」

「喧嘩なら買わんぞ」

「違うわい!」


 彼が説明を求めると、ミスターは怪訝けげんな顔でつぶやいた。


「友達になってほしい」

「え、嫌だけど」

「ファァー!!」


 逆に何故いけると思ったのか。

 アスターは小一時間、それを問いつめたいと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます