第17話 ともだちが出来ました

 二時間後、屋敷に戻ったアスターとギルは、ヒナの部屋に入るなり絶句した。


「な、何事……?」


 そこには、短い髪を無理やり縛られ、化物のような化粧が施されたシオンと、呑気にベッドで大の字で寝ているミスターの姿があった。


「ア、アスター様……」


 ぎこちなく首を動かし、アスターに助けを求めたシオンは、そのままパタリと倒れこむ。


「だっ、大丈夫か!」 

「友達付き合いというものは、かくも過酷なものなのですね……」

「……シオン。友達でもな、嫌なものは嫌って、断っていいんだぞ」

「なんと、それを早く……」

「おっ、おいしっかりしろっ。シオン、シオーン!!」


 なんて茶番を二人が繰り広げていると、ヒナが入口脇に立つギルにたじろいだ。


(そういや、ヒナはギルの事忘れてるんだっけ……)

「ヒナ、そいつはギル。ギルもヒナの友達になりたいんだって」

「――っ!?」


 言うなり、ヒナはパッと表情を変え、ギルの元へ駆け寄った。戸惑うギルの手を取り、ピョンピョン、うさぎのように飛び跳ねて、ヒナは全身で喜びを表現している。とても微笑ましい光景だ。


(大丈夫そうだな……)


 アスターは、二人を見守りながら、次の行動に移すことにした。


「ヒナ、裏の林で遊ぼうか。ギルが秘密基地に案内してくれるってさ」

「ひみつきち……?」


 ということで、ミスターを回収し、一行は裏の林へ足を踏み入れた。

 この林はヒナの家、ヴィンヤード家が所有する土地だ。


「ここ?」

「うん、ここ」


 ギルが案内したのは、林の中に建つ、しっかりした作りの小さなログハウスだった。庭師の居住スペースとして使っていた場所であったが、今は使われていない。ヒナの記憶の事もあり、多くの使用人は長期休暇を言い渡されているからだ。


「ヒナが開けていいの?」

「うん」


 ヒナはギルに促され、立て付けの悪いドアをゆっくり開けた。


「お待ちしておりました、お嬢様」

「ばあやだ!」


 開けたと同時に出迎えたのは、グレタだった。

 そしてその後ろ、中央に配置されたテーブルには、苺をたっぷり使った大きなバースデーケーキや、明らかに人数分以上ありそうな軽食がドンと構え、壁は風船や紙のオーナメントで飾り付けが施されている。


「これを」


 グレタは、黄色のリボンで可愛くラッピングされた袋をギルに手渡した。


「クッキー?」

「うん、オレと……アスターで作ったんだ」

「わぁ! すごいすごい! これヒナ!? こっちはギルお兄ちゃん! ばあやもいる!」


 袋の中身は、ギルがヒナを想いながら一生懸命作った、ヒナやギルの顔を模したクッキーが入っていた。


「え、えと……その。ヒナ、た……誕生日おめでとう。それと、ごめん……オレ、お前に言わないといけない事があるんだ……き、聞いてくれるか? あのな――」


 シンとした空気の中、ギルは唇を震わせ、今まで言えなかった真実を、言葉を詰まらせながらヒナへと告げた。


「ずっとずっと、言えなくてごめん。約束したのに、そばにいてやれなくて……ごめんっ……」

「……」


 ヒナは一度も泣かなかった。

 ずっとギルの目を見て、話を聞いて、話し終わった今は沈黙し、俯いているが、涙を流す事はなかった。


(今のヒナには、難しい話だったか?)


 成功か、失敗か。何とも言え無い重たい空気が漂う。

 すると――。


「あのね」


 ヒナは唇を噛み、決意したかのような視線をギルに向けた。


「……ヒナね、しってたよ」


 震える声。

 しかし、ヒナはハッキリそう言い放った。


「この前ね、となりのバッカスが言ってたの。ヒナのママは死んじゃったから、ヒナはママナシなんだって。だからヒナ、ママの事も……、ギルお兄ちゃんの事も、ぜんぶ、ぜんぶ思い出したの……ごめんね。ヒナ、お兄ちゃんのこと、わすれてて、ごめんね――」

「!」


 ヒナの大きな瞳から、大粒の涙がポロポロと零れていく。

 それにつられ、ギルも、グレタも涙を流し、ギルとヒナは声を上げてわんわん泣いた。二人は、互いの涙が枯れ果てるまで、ずっとその手を離さなかった。


 こうして、小さな雛鳥は、分厚く硬い殻を破る事が出来た。これからはもう一羽の雛鳥と共に、大地を踏みしめ、一歩、また一歩、互いに寄り添い成長し、これからを共に歩むのだ。

 




***


「という事があってだな」


 時刻は夜七時過ぎ。

 食卓に夕食が並ぶ中、アスターはステラに、今日あった出来事を話していた。


「それはそれは、ヒナちゃんも、そのギル君という男の子も良かったですね」

「俺様のおかげだな!」

「お前、何もしてなくない?」


 ※ほぼ寝ていました。


「あぁん? そもそも俺様がだなぁー!」

「あーはいはい、そーですね。てかお前、シオンの事もっと助けてやれよな。ただでさえ人馴れしてないってのに、ありゃトラウマもんだぞ」

「よく似合ってたじゃねーか」

「いやいやいやいや、顔面化け物みたいになってたからな?」


 そんな会話を聞きながら、ステラは口角を上げ、肩を揺らす。


「アスターさんも、沢山お友達が出来て良かったですね」

「友達つっても、シオンにはまだ頑なに様付けされてるけどな。まぁ、おいおい仲良くなれたらいいな~とは思うけど、これが中々難しいというかなんというか」


 どうやら自分は、距離感がおかしいようだからと、アスターが嘆く。そんな彼に「本当に羨ましい限りです。――出来るなら、私もその場に居たかったくらいですよ」と彼女が微笑み、アスターもつられて表情を緩めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます