第05話:雑貨屋グリシーヌ

 例の雑貨屋に行く前に、近場のカフェで昼食を取った。

 味の薄いサンドイッチを囓りながら、ずっと気になっていた事を尋ねてみることにした。


「魔道士と魔術師の違い、ですか?」

「うん。魔力って奴が無くても、適正があれば魔術師になれるってカレンが言ってたから。この世界では何がどう違うのかなって」

「なるほど、そういう事でしたら。えーと……では最初に、魔道士とは自然界のありとあらゆる――」

「ちょ、ちょっと待って」


 これ多分、長くなるやつだ。俺は直感的にそう思い、出来ればもっと分かりやすく簡単に説明して欲しいとお願いしてみた。


「簡単に、ですか……?」


 すると、ステラは「うーん」と唸り、暫く考え込んでしまった。

 そして暫くして、考えがまとまったのか表情をパッと明るくして言い放つ。


「体質の違いですね!」

「うん。確かに簡単にとは言ったよ。でもちょっと“はしょりすぎ”だよね」

「あぅ、す、すみません。そうですよね。私ったら、お恥ずかしい……」


 ステラは耳まで赤くした。そんな姿に萌えるものがあったが、少しかわいそうにもなったので、こちらから質問してみる事にした。


「カレンは魔法が無理でも魔術ならって言ってたし、魔法は魔道士にしか使えないって事でいいのか?」

「あっはい、そうです」

「じゃあ、魔術も魔術師にしか使えない?」


 その質問に、彼女は首を横に振る。


「それについては説明がちょっと難しくなるのですが……そうですねぇ。魔術師は魔法耐性はあっても、自分で魔力を生成したりする事が出来ないんですよ。だから魔術を使う時、“外”から魔力を調達するんですね。それが“魔石”や“精霊石”といったもので、それを触媒に、“術式”と“詠唱”、この三要素を組み合わせて魔術を発動させています。……昔は魔術を使うのも苦労していたみたいなんですが、今は加工技術が進んでいて、魔石と術式を融合させた便利な道具が一般的に広まってて――」


 そう説明しながら、ステラは何やらゴソゴソとやりだし、テーブルの上にあの白い棒をゴトリと置いた。


「それがこの“魔具”。なんと、これがあれば簡単に魔術が使えちゃうのです!」

 

 小難しい話が、一気に通販番組みたいなノリになって胡散臭くなった。


「ちなみに魔具にはランクがあって、免許が無くても使える低級魔具は基本、力の弱い魔石のみの事を指し、術式は自分で描かないといけません。また、使える魔術もマッチ棒程度の火力とか、この位のカップを浮かせる位しかできませんね」


 その後もなんやかんやと説明は続いたが、要は魔法耐性という奴があればいいので、免許さえあれば魔道士であろうが魔術師であろうが魔術は使えるそうだ。


「じゃあ魔道士は?」

「その全てが不要になります」

「えっ」

「魔法に術式や詠唱はいりません。魔力も自分で生成して、体に溜め込む事が出来るので、魔石も精霊石も要らないんです」

「それって無敵過ぎないか?」

「それがそうでもないんですよ」


 曰く、魔道士といっても、使える魔法の属性や魔力を作るスピード、一気に放出出来る量も人それぞれ違うらしい。だから大半の魔道士は魔術免許を取り、色んな属性を使えるように補っているそうだ。


「なんだか分かったような、分からないような……」

「やっぱり一から詳しく説明したほうがよかったですか?」

「ソレハイイカナ!」


 というなんちゃって講義を終え、俺達はカフェを出た。

 そして件の店は、本当に協会の近くにあった。協会すぐの表通りを少し進み、信号を二つ渡った所で、彼女がゆびす。


「あれがシロウさんのお店ですよ」

「おお、凄いレトロな店だな」


 塗装が所々剥がれ、下地が見える外壁に、蔓性の植物が沢山伸びていた。でも手入れがされていないという印象は無い。いい感じにバランスが取れている。

 ふと上を見上げると、吊るされた鉄製の看板に、ブドウのような模様と筆記体でglycineと刻まれていた。あれは何と読むのだろう?


「ぐり……?」

「グリシーヌ。イリスの言葉で“藤”だそうです」

「へー」


 そんな会話をしながら扉を開けると、ドアベルが軽快に鳴り響いた。

  店内を見た瞬間、“大正ロマン”という言葉が頭に過る。吹き抜けの天井にぶら下がる花が咲いたようなデザインのレトロなシャンデリアに、壁一面に本が詰まった飾り棚。手の届く範囲にディスプレイされた日用品から小物類まで、大体が女性向けと思える品揃えだったのだが、ゴツゴツどデカい鉱石やら加工された水晶やらも置いてあって、男の俺でもワクワクする良い雰囲気の店だった。


「こんにちは」

「こ、こんにちは」

「おや? これはこれは珍しい。今日は彼氏さん連れで。お探し物ですか?」


 この世界では男を連れていればこう言われるのだろうか? レジ横に腰掛けていた男性が立ち上がり、俺達を出迎え、そう言った。


 その人は見るからに日本人といった黒髪で、まるで書生のような着物をごく自然に着こなしていた。しかし目が完全に隠れた前髪に、伸ばしっぱなしのボサボサの髪の毛には、物を売る仕事なのに大丈夫なのだろうかと不安になった。


「こちらはアスターさんです。シロウさんと同じ、異界の方みたいなんですよ」

「なんと!」


 俺が異界人と聞いた途端、その人は両手を広げて喜んだ。


「ようこそ異世界へ! 僕は桜庭藤四郎さくらば とうしろうです。これから大変だと思いますが、困ったことがあったら、何でも言ってくださいね」


 出された手に躊躇しながら、握手を交わす。見た目に似合わず、物凄くフレンドリーな人のようだ。


「こ、こちらこそよろしくお願いします?」


 そして興奮冷めやらぬといった感じで、店の奥に向かってシオンと叫ぶと。白い水兵のような服装をした少年が姿を現した。


「お呼びですか? ぬし様」


 まるで主従関係があるかのように、トウシロウさんの事を主様と呼ぶこの少年。

 二人はどういう関係なのだろうか。少し、いや、かなり気になった。


「僕はこのシオンと共に、この世界に飛ばされたんですよ。と言っても飛ばされた先は、隣の国なんですがね」

「な、なるほど」


 しかし、一緒にとは言うが、シオンと呼ばれた少年の瞳は紫色で、髪だって全体的に白く、毛先がちょっとだけ紫だった。どう見ても日本人とは言い難い容姿だ。ハーフと言われても……ううむ。と困惑する俺に、シオンは「よろしくお願いします」と会釈した。


 外側にハネた髪の毛がふわりと揺れる。あぁこういう所は実に日本人らしい。どうやらシオンという少年は、不必要に喋るタイプでは無いようだ。会話の邪魔にならないよう、必要最低限、一言二言、空気を読んで発言しているように思える。


「さてと」


 ある程度挨拶も終えたところで、これから大変だろうと、背格好も似ている自分の服でよければ、袖を通していない服が数点あるのでどうかと提案された。


「いいんですか!?」

「見ての通り、僕はこういった服が多くて洋装はあまりしないんですよ。でも頼みもしないのに、実家からよく服が送られてきて。正直持て余してしまって」


 実家?


「あぁ、この世界に来た時から世話になっている人達で、今は親同然なんですよ」

「なるほど」


 なんと察しがいいようで。

 聞いてもないのに答えてくれるとは驚きだ。


「ちょっと変な柄が多いのですが。まぁ寝間着代わりにでも使って頂ければと……余計なお世話でしたか?」


 余計だなんてそんな、大歓迎だと喜んでいると。まとめてくるので待っていてくれと、店の奥へ引っ込んでいった。階段を上がるような音が聞こえたので、二階に上がったのだろう。何となく、その方向をぼんやり眺めていると、ステラがシオンに声を掛けた。


「扱いやすい……そうですね、属性付きの魔具を見せてもらってもいいですか?」

「属性付き、ですか?」


 シオンには俺が使うという事を伝え、何点か見せてもらった。


「へー、結構種類があるんだな」


 火属性のピアスに、水属性のネックレス。緑色の石があしらわれた指輪は風属性等々。シオンの解説付きで、カウンターの上にどんどん並べられていく。


「杖は無いんだな」


 どうせ使うのなら杖を振り回してみたい。だってそのほうがファンタジーって感じがしてカッコイイじゃないか。とまでは口に出さなかったが、顔に出ていたのか、中級免許を取れば、杖も振れるようになると励まされた。


「マジか」


 それはテンションが上がるってものだ。ではどれにしようかという話になり、最初は扱いやすい風か水はどうかと打診された。


「火は駄目か?」

「家を燃やさなければ大丈夫ですが……」

「あ、はい」


 その一言で全てを察し悩んだ結果、小さな青い石のついた水属性のネックレスを選んだ。


「着けていかれますか?」

「うーん。まだいいかなぁ。ちょっと怖いし」

「ではお包みしますね」

「よろしく頼む」


 俺は梱包される様子を見ながら、シオンに元の世界に帰れる方法を尋ねたが、シオンは静かに首を振った。まぁ知ってたら今頃ここには居ないよな。


「でも……」


 シオンはポツリ、ポツリと言葉を紡ぐ。


「自分と主様はこちらに来てもう十数年になりますが、主様は毎日楽しそうに暮らしています。だから自分は、こちらにこれて良かったと思っています。帰りたくないというのは嘘になりますが。自分はここで主様と共に在りたいです」

「そうか……」


 そういう生き方もあるだろう。

 人それぞれで、俺如きがとやかく言う事では無い。


「あ、そうだ。トウシロウさんの名前って、漢字だとどう書くんだ?」

「えと、藤です。花の藤。それに漢数字の四と――」

「なるほど。店の名前はそこからか」


 言い終わる前に自己解決出来たので割り込んだ。シオンはそうです。と軽く頷き、俺は梱包の終わった商品を受け取った。


「おいくらですか?」

「あ、そうだ。俺さっき割引券貰ったんだ」


 ステラが財布を出すタイミングで、俺もカレンから貰った割引券をポケットから取り出した。机の上の切られた値札をシオンがひっくり返し、値段を確認していると、


「差し上げますよ」

「え?」


 藤四郎さんが大きな紙袋を三つ携え戻ってきた。どうやら、やり取りを聞いていたらしい。


「これから色々大変でしょうし」

「いいんですか!?」

「えぇどうぞ。なんでしたら――」


 そしてなんと先程迷っていた指輪までくれるとも言い出した。


「ああっありがとうございます!」

「良かったですねぇ」


 本当に、この世界の人達は良い人が多くて感謝が追いつかない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!