第15話:訊きたいことは

 少年は住宅街を抜け、市街地へ駆けていく。

 あれからどれぐらい走っただろう。向こうは勝手知ったる土地だろうが、こちとら新参者。相手の逃げた道を追うしか選択肢が無いというのは、実に効率が悪い上、鈍りきった体のせいで呼吸は乱れ、脇腹に刺すような痛みが走る。


「クッソ! 全然追いつかねぇ!」


 大きな道から脇道に入られてしまい、ここまでかと諦めかけたその時。その先で何かが大量に割れた音と、野太い男の怒号が飛んだ。


「このガキ! あーあーあーあーっ! こんなにしちまってどうしてくれんだ!」


 駆けつけると、そこは一面真っ赤に染まっていて、果物や土、そして酒の匂いが混じりった酷い臭気を放っていた。


「な、なんだ?」


 目視できたのは、何本割れたのか分からない瓶の残骸と、アスファルトに染み込まず、どんどん道に広がる赤黒い液体。そして倒れ込みガタガタと震えているあの少年の姿と、血管が切れそうな位怒り狂っているガタイのいいオッサンだった。


 どうやらここは酒場の前のようだ。中からどんどん酒臭い野次馬達が現れる。

 状況を見るに、酒類を搬入中に少年とぶつかり、箱ごと落としてしまったのだろう。路肩に寄せられたトラックの荷台は、まだ空いたままで、ラベルの貼られた木箱を沢山積んでいた。


「聞いてんのか! あぁ!?」


 吠えるような男の声に、少年は嗚咽混じりの消え入るような声で許しを乞う。


「ごめ……なさ……ごめ…………ゆるし……」

「あぁん!? ハッキリ喋れハッキリ!!」


 謝ったところで怒りが静まる事はなく、オッサンはその苛立ちを、地に転がる酒瓶に移し。酒瓶は酒に濡れたアスファルトの上を勢い良く転がっていった。


 どちらに非があるかは明白。ただ、やはり物に当たり散らしたり……あんな小さな子供に対して怒り狂う姿は、見ていて気持ちの良いものではない。なんの力にもなれないかもしれないが、怒りの矛先があの子の体に移ってしまう前に、俺は思い切って声を掛ける事にした。


「すみません、そいつ俺の友達なんです。俺が追いかけっこしようっていったから……俺が悪いんです! 怒るなら俺も怒ってください!」


 聞きしに勝る名演技。とまではいかないが、オッサンは突然の俺の登場に混乱したのか、ぐっと言葉を詰まらせた。そこへ――。


「それくらいにしといておやりよ」


 ダミ声の女性が、酒場から出るなり自制を促してくれた。

 オッサンに負けず劣らず、縦にも横にも貫禄のある中年の女性。あの人は、もしかして奥さんなのだろうか。


「怪我ぁ無いかい? まったく、こんなに汚しちまってなぁ」


 女性はへたり込んでいた少年を抱き起こし、顔に跳ねた酒をエプロンの端で拭ってやった。


「あ……ありがと……ござい、ます」

「いいんだよぉ、この人がグズグズ運んでるからいかんのさ」

「なっ!」

「アンタも! この辺は子供が多いんだから! 気ぃつけなっていつも言ってんだろ! 何聞いてたんだい!」


 肝っ玉母ちゃん。いや……姉さん女房なのか? あれだけ威勢の良かったオッサンが背中を丸めて、みるみる小さくなっていく。そのやり取りを、周りの人間もそうだそうだと野次を飛ばし、酒瓶片手のヒゲ親父が豪快に笑いだした。


「ガキはこれくらい元気じゃなきゃーな、俺等がジジババになった時、おんぶに抱っこしてもらわにゃ! 腰が痛くてしょうがねぇわ!」


 また別の野次馬が道へしゃがみ込み、無残に流れた酒を恨めしそうに見つめ、ため息を漏す。


「しっかし、もったいねぇなー。道にくれてやるくれぇなら、俺がタダ酒飲みたかったぜぇ」

「アンタにタダ酒飲ますくらいなら、その辺の草にくれてやったほうがまだいいさね。酒臭い息しか吐かないアンタと違って、草は空気を綺麗にしてくれるからね」


 そんな彼等の小芝居に、またドッと笑いが起きた。そのおかげか先程まで泣きっ面だったあの少年も、いつの間にか体の強張りを解いている。


「ほれ、ここはガラスが散って危ないからね。向こうで遊んでおいで。でも角を曲がる時は、ちゃんと前を見るんだよ」

「は、はい」

「それと……いい友達だね、大事にしな」


 優しくそう囁く女性の言葉は少年に届いただろうか。俺達はそのまま女性に背中を押され、酒場から離れた道の端へと移動した。


「ほら、ちゃんと謝るぞ」


 俺は少年の背中をバンと叩き、せーのと声を合わせた。


「本当に」

「「ごめんなさい!!」」


 息ピッタリ。とはいかなかったが誠心誠意謝った。

 きっと気持ちは届いただろう。


「ちゃんと前見て走れよー!」

「はい!」


 店の前で腕組みしたままの、仏頂面のオッサン一人を除く全員に手を振って、俺達はその場に別れを告げた。



「さて……」


 酒場も完全に見えなくなった所で、俺は改めてと少年に向き直る。


「お前に訊きたい事がある。あの子の、ヒナの家に何の用だ?」

「……」

「だんまりか」

 

 まあひと月も屋敷の前に立ち続けたんだ。そうやすやすと教えてはくれないだろう。これは長期戦になる。そう覚悟を決めたところで、


「おや、坊っちゃん」

「え?」


 振り返ると、小さな買い物袋を両手に抱いたばあやさんが立っていた。


「あれ、ギル坊も何で――」


 ギルと口にした途端、ばあやさんはハッとした表情で固まった。

 なんだ、そういう事だったのか。


「知ってたんですね、コイツの事」

「…………ええ」

「何であの子に黙っているのか、訳を……訊いてもいいですか?」


 二人はバツが悪そうにうつむいた。そして暫くの沈黙の後。ばあやさんがポツリと場所を変えようと提案し。場所は、ばあやさんの自宅へと移された。


「それで、そろそろ説明してくれますか?」


 少年、ギルは居心地悪そうに、ばあやさんも何から話すべきかと迷っている。そこへ憔悴しきったギルが抑揚のない声をポツリとこぼした。


「オレの……オレのせいで、ヒナの母ちゃんは死んだんだ」

「え……?」


 ポタリ、ポタリと涙がこぼれ、机や足元を濡らしていく。

 俺はこの話を聞いて良かったのだろうか。それはあまりに突然な話で、受け止めるには時間の掛かる事だった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!