おまけEp.1『リド・ハーツイーズの追想』

※こちらはおまけエピソード。リド視点です。





 十歳年上の、可愛い物が大好きな。良く言ってマイペースな姉と、その二つ下の厳格な姉。この姉には男は強くあるものだと、小さな頃から毎日剣の相手をさせられ扱かれるが、それだけなら、自分の実になるので納得も我慢も出来た。


 しかし、あれは俺が十歳になった年の事。下の姉が修道院に入った頃から、それまで害のなかった上の姉が、己が内に秘めていたであろう悪癖を拗らせてしまう。


 これが俺にとってあまりに耐え難く、憂鬱で……ついに我慢の限界が来てしまい、初めて家出した過去がある――



 あの日も上の姉に弄ばれ、俺の格好は散々たるものだった。

 足元には花飾りが縫い付けられたサンダルを履き。水色のリボンが腰に付いた白のサマードレスと揃いの手袋はフリルまみれで。頭には、これまた白い、大輪の花が咲く可愛らしい麦わら帽子を被らされていた。


 そう、悪癖とは俺を女装させて遊ぶ事。

 きっと、寂しさ故の過ちなのだと、上の姉の気が済むまでと思い嫌々付き合っていたのだが、それが良くなかった。

 最初は短く、扱いにくい俺の髪の毛を結んだりと些細なものだったが、それが徐々にエスカレートしていったのか、ついにはサマードレスまで作り出したのだ。


 流石に嫌で嫌で堪らなく、気がついた時にはもう家を飛び出していた。

 しかし、そのままの格好で出てきてしまい、すぐに後悔する事になる。こんな姿で見知った人間に出会ってなるものかと、全力で走った。


 走って走って、見慣れぬ景色に辺りが変わった頃。野良犬に追い掛け回された。子供の足で逃げ切れるわけもなく追いつかれてしまい、野良犬の牙がドレスを裂く。


『うわぁあああ!!』


 次は足を噛まれると覚悟した瞬間。パンッと何かが破裂する音が鳴り、驚いた犬が一瞬怯む。


『こっち!』


 突然、誰かが叫んで、俺の手を引いてた。

 俺よりも小さな背丈の、桃色の髪をした女の子だった。 




『こ、ここまで、くれば、もう、大丈夫、だから』


 俺達は息を切らし、林の奥の、少し拓けた草むらに座り込んだ。


『あ、ありがとう。その……助けてくれて』


 礼を言うと、少女はふにゃりと笑った。

 その子は二本の赤いヘアピンで横髪を止め。くりくり丸い、垂れ目がちな赤い瞳の、可愛らしい、花のような女の子だった。


 暫く二人で息を整えていると、走り回ったからか、腹の虫が鳴き、空腹を知らる。その子はそれを聞いて、すっと立ち上がり、辺りをキョロキョロ伺い歩き出した。


『ど、どこ行くの!?』

『あ、えと……こ、このちかくに。木があって……』


 っと、行った先には、甘い香りを放つ一本の木が生えていた。

 しかしその木に実る赤黒い実は、子供の俺達が届く位置に無い。

 自分が登ろうかと考えたが、ハッと自分の格好を思い出し、踏み止まった。そんな俺に少女は待つように言い。慣れた手つきで軽快によじ登り、その実を一つ、とって見せた。


『これね、とってもおいしいんだよ――あ、ですよ』

『あっ、ありがと』


 あまりの空腹にがっついて実を齧る俺に、あの子はまた微笑んだ。


『あ』

 

 あの子が空を見上げ、そろそろ帰らなきゃとつぶやく。


『あなたもはやくおうちかえったほうがいい、です。あめ、ふるから』

『雨? ――あ』


 ポツリと頬に一粒。雨が伝う。


『……でも、どうやって帰ればいいか、わからなくて……』

『まいご、なの?』


 頷く俺に、その子は自分の手を重ねて。大丈夫だよと励ましてくれた。


『このまま、あっちのとおりにでて。そのまままっすぐいってみて』

『え?』

『みたことあるとこに、でる。かも』


 今考えれば、何故その時彼女が、それを知っていたのか分からない。でも、俺は家に帰れるという喜びの方が強くて、ただただ嬉しかったのを覚えている。


『あ、まって!』


 別れ際、少女が突然俺を呼び止めしゃがみ込んだ。

 何だろうと思っていると、少女はうーんと頭を傾げ、暫くドレスの破けた箇所を手に取っては、両端を持って結んでみたりと何やら暫く悩んでいた。


『……できました!』


 突然、パっと明るい声を少女が出し、俺の肩は上下に揺れた。どうやらドレスの後ろをうまく結び終えたらしい。


 それから少女は「またね」と手を振って爽快に去っていき、俺はどうにか家に帰る事が出来た。


『今までどこに行ってたの!! それにその服は何!?』


 無残な姿を見た母に問い詰められる。


 ソファに座らされ。違和感を感じて改めて後ろを調べると、あの少女が付けていた二本の赤いヘアピンがドレスの裂け目に付いていた。それは無意味な箇所に付いていたのだが、あの少女なりに、ただ結び目を作るだけでは不安で、試行錯誤した結果なのだろう。


 その間も母からは何があったのかと問われた。

 言っていいものか悩んでいると、そこに上の姉が現れ、自分からそれを話してくれた。理由が理由だけに母には泣かれたが、その後姉から女装を強要される事は無かった。


 ただこれは、反省中に妹が出来たと聞き、公に可愛らしく着飾られる相手が出来た為だと邪推する。

 

 思えばそれが初恋だった。

 あの子を忘れる事が出来ず。時折、思い出の地に出向いては会えず、落胆する。この地から引っ越したのだろうか? せめて名前を聞いておけば良かったと、あのヘアピンを眺め、思いを馳せる日々が続き――



 就職した先でその子が同僚として現れた時、心臓が飛び出るかと思う位、ビックリしたのを覚えている。


 相変わらず丁寧な口調も。桃色の髪に垂れ目がちな赤い瞳も。可愛らしい花のような容姿も……優しさも。強い心も。あの頃と何一つ変わっていなかった。

 けれど、あの時の話を振る事は出来無い。何故なら、彼女の記憶に残っていたとしても、それは女同士の記憶だろうから。



 それから彼女に気持ちを伝えれるまま、彼女が大変な時に支えてやることも出来ず、その隣を素性も分からぬ異界人に奪われた。

 その男は、俺の出来ない事を軽々とやってのけ、彼女の隣に居続ける。

 あれからずっと……俺の心はもやもやしたままだ。





――リド・ハーツイーズの追想――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料