第23話 この手が触れるその距離で

 あっという間であった。

 咄嗟にステラの袖を引き、前に出たアスターは、ゴルボに腕を掴まれ、まるで玩具を放り投げるように、バスの前方に投げ捨てられてしまった。その衝撃で座席の角で頭を切り、砂埃でザラついたバスの床に、額から流れ出た血が道を作る。


 車内はまさに阿鼻叫喚。老婆は天に祈りを捧げ、子供は泣き喚き、釣られてその母親や、若い女性も涙を浮かべ悲鳴を上げた。


「アスターさん!」


 ステラは、すぐに彼に駆け寄った。

 しかし、その夥しい出血量を見てまたパニックに陥ってしまう。


「大丈夫、だ。派手に血が出て見えるだけで、大した傷じゃないと思うから……」

「で、でもっ!」


 アスターは、額から流れる血を手で拭う。

 けれど血は止まる事無く、サラサラと流れ続けた。


「ほんと大丈夫だから……お前は、落ち着け……」

「っ……!!」


 彼が握ったステラの手は、やはり震えていた。

 その顔も、唇を噛みしめ、今にも零れそうな涙を、必死に堪えているような状態だ。

 

「なぁ、あの人のアレ、ライネックだよな……」

「は、はい。そう、だと思います」


 ライネックは寄生した宿主を凶暴化させる。

 だからきっとこれも本望では無く、その人なりに中で戦っているかもしれない。しかし、このまま手をこまねいていても、問題は解決せず、被害は増える一方だろう。これ以上人を傷つけてしまう前に、どうにか出来ないか? とアスターは続けた。


「や、やってみます」


 未だ震える手を握りしめ、ステラは杖を手に取った。

 ゴルボが座席にはまり、身動きが取れていない今が絶好のチャンスだ。


「我を守護する精霊よ。彼の者の戒めの枷となれ!」

「ガッ!?」


 詠唱が終わると同時に、杖から放たれた光の球体が、ゴルボの足や腕を締め上げ、自由を奪う。


「運転手さん、今すぐバスを停めてっ、皆さんを降ろしてください!」


 ステラがそう叫ぶと、運転手は慌てて路肩にバスを寄せ、降車ドアを開放した。乗客は次々バスを降りて行き、残されたのは、運転手を含む彼等二人と、後部座席に取り残されたサブとゴルボの五人だけになった。


 ガランとした車内。

 エンジン音が響く中、攻防は静かに続く。


「ひぃ……!」

「大丈夫、ゆっくりでいいですから、慌てず進んでください!」


 通路にはゴルボがいるため、サブは座席の上を伝って進むしか道は無かった。いくら術で拘束されているとはいえ、すぐ傍でゴルボが鼻息を荒くしていると思うと、サブは気が気ではなく、恐ろしさで力がうまく入らない。まるでナマケモノにでもなったかのように、ゆっくり、ゆっくり手足を動かし、常にぎこちない。


(もう少し、あと少しで……)


 サブの足が、やっと床に着地したところで、ステラはホッと安堵した。


「お願いします! アスターさんを、後ろに居る子を連れて降りてくださいっ!」

「!」


 そう懇願する彼女の声は悲鳴にも似ていた。

 けれどサブの視界に彼は入っていない。ただただ自分が助かる事ばかりを考え、極度の緊張でガチガチに固まった足腰を無理矢理動かし……。最悪な事に、サブはステラを道連れに転倒してしまう。そのせいで彼女の気が削がれ、術が緩む。


「ゴガァアア!!」


 ゴルボが一際大きな雄叫びを上げた。

 そして、力任せに術を破ると、ステラとサブの足を掴み、二人を車内後方へ思いっきり投げ飛ばした。


「っ!」

「グェッ!」


 バス後方のガラスに、まず彼女がぶつかり。その上からサブの背中が直撃した。壁とサブに思いっきり挟まれたステラは、そのまま後部座席に落ち、動かない。


「ステラ……!」

(くそっ、今すぐアイツの元へ駆け寄りたいのに、心臓はこんなにも激しく脈打っているのに!)


 額を切ってからというもの、彼の体は力が抜ける一方であった。

 床に頬を付け、その光景をただ見る事しか出来ない今の状況が、アスターにとって何より腹立たしく、自分がいかに無力であるかを痛感する瞬間である。


「っ……バスを出して! 俺達を人気ひとけのない所に運んでくれ!」


 アスターが渾身の力を振り絞り叫ぶ。

 彼女が救った命が、これ以上脅かされることのないように、被害を最小限にするためだ。


「くそっ……くそぉ――!」


 せめて元の姿でいたならば、状況は変わっていたかもしれないのにと、今更後悔するがもう遅い。飴はステラの鞄の中、どれだけ手を伸ばしても、今は届かぬ場所にあるからだ。


( 人気のない所に行ったとして、それからどうする……俺は、何をしたら――)

「だめ……だ……」


 目の前がチカチカ白く光り、まぶたが鉛のように重たく落ちる。彼の意識は、ここで一度途絶えている。




***

【星室庁通信指令部・中央指令センター】

 壁一面に広がる巨大モニターを目の前に、男は呟く。 


「このバスはどこに向かっている……。ドライバーとの連絡は?」

「通信機器にトラブルが起こっているらしく、連絡はついていません」


 男は切れ長の目を、さらに細め、顔を顰める。そんな男に、その横に立つ髪の長い女が淡々と資料を読み上げていく。全身真っ白の制服に身を包み、背中に正義の六芒星を背負う彼等は、魔道士や魔術師、そして異種族を裁く事が出来る唯一の警察機関“星室庁”の人間だ。


「司令、これより問題車両を誘導すると警察ヤードより連絡がありました」


 オペレーターの一人が、振り向きざまに報告する。


「誘導先は?」

「セントラル・パーク第六駐車場です」

「あそこか……まあ、やりやすい立地ではあるが……、スターチスのところにはもう出動要請はかけたのか?」

「はい」

「“ナインズ”は?」

「間もなく到着予定です」

「そうか」


 男は短くそう返すと、再びモニターに視線を戻した。

 一見すると緊迫した様子の室内であるが、何故か男の口元は、若干の笑みを含んでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます