第16話:ちいさな雛

 ギルは元々、ヒナの一学年上で、家も歳も近い事もあり、よく遊ぶ仲だったそうだ。しかしヒナの中にギルは居ない。何故ならここ何年かの記憶が封じられているからだと言う。


「記憶を?」

「……アタクシから、お話し致します」


 その日何が起きたのか、一部始終を見ていたばあやさんが、時折言葉を詰まらせながら話してくれた。


 元々体の弱かったヒナの母親は、その日も体調が優れず、ばあやさんに付き添われ病院へ向かっていた。だが家を出て間もなく、大きな十字路で悲劇は起きた。

 信号は青。横断歩道の前に行儀よく並んだ車の最前列。ヒナの母親が乗った車はエンジンをふかしながら信号が変わるのを待っていたそうだ。


 そこへヒナとギルが通りかかり、白線を渡る途中で、車内の母親に気が付き手を振った。その時は別に車に近づく事もなく。信号が変わる前に、ヒナ達は渡りきった。しかしギルが、自分の靴紐がほどけているのに気が付き、渡ったその場でしゃがみ込んでしまったそうだ。


「あれは突然の事でございました。アタクシ共の乗るハイヤーが、急に歩道にのりあげて……」


 暴走した先にはギルがいた。

 しかし咄嗟にギルを守ろうとしたのだろう。ヒナが身を挺して庇い。車と壁に挟まれてしまった。その場の全員が言葉を失い、そして同時に絶叫したという。


 運転手は慌てて車を動かし、壁に挟まっていたヒナは鈍い音を立て道に落ちた。小さな体は大きな衝撃に耐え切れなかったのだろう。ヒナは声を上げて泣く事さえ出来ず、呼吸さえ難しい状態に陥っていたそうだ。


 ギルは泣き叫び、ばあやさんは狼狽えた。一刻も争う危険な状態に、居合わせた人間も慌ただしく、辺りが騒然とする中。ヒナの母親が動く。


 ヒナの母親は魔道士、それも癒しの力。治癒能力を使える魔道士だった。けれどもその力を使う事を、事情を知る者は良しとはしなかった。何故ならば、力を使えば使うほど、本人の命が削られてしまうからだ。


「お力を使えば奥様の体がどうなるか、アタクシ共はお止めしました。でも……奥様はご自身のお命よりも、お嬢様が大事だからと」


 救急車なんて待っていられない。目の前で苦しむ我が子を黙って見ていろと言うのか。どうせそう長くない命。今使わずしていつ使えと。そう、ばあやさんに捲し立てたヒナの母親。


 そして魔法を使うその前に。ヒナの母親はギルと“ある約束”を交わし、自身の全身全霊を捧げ、我が子の命を救ったのだ。


「お力を全て使い果たしたのでしょう。奥様は……まるで眠っているかのように、安らかなお顔で深い深い、眠りにつかれました……」


 ばあやさんの頬を伝う大粒の涙が、ボタリと音を立て床に落ちた。見れば二人共止めど無く涙を流していて、気付けば俺も泣いていた。


「オレが……オレがあの時、くつひもなんてほっておけば……」


 封を切ったかのように、ギルはむせび泣き、ばあやさんはそれは違うと抱いて慰めた。


「お前は悪くないだろ……」


 一番悪いのは運転手だ。何で急発進なんかしたのか。それさえなければそんな悲劇は起きなかったのに。


「それが運転手も悪くはないのです……。あの事故は、グレムリンの幼体が起こしたものでして」


 だから誰が悪いでも無い、ただの不運な事故だったと。けれど――。


「お嬢様は、奥様がお亡くなりになった事で、パニックを起こしてしまいまして」


 元々、祖父との別れを経験していたヒナは、人が死ぬという事の意味を知っていた。その原因を作ってしまった自分と、大好きな母との別れに、ヒナの涙が枯れる事は無かったという。


 過呼吸を起こしては意識を失い、また起きては繰り返す。まだ幼いヒナにとって、それほどまでに受け入れがたい事だったのだろう。


「お食事も、水も、何も取ってくれませんで……」


 そこで下された判断が“記憶を封じる事”だった。けれど記憶というものは実に繊細なものらしく、母親が亡くなった日限定で封じるという事ができないのだそうだ。その結果、ヒナはここ二、三年の記憶が封じられてしまったという事らしい。


 それからは、まるで幼子のようにただ屋敷の中で遊ばせ、ヒナはずっと、遠くに療養に行っていると聞かされた母の帰りを待っているという。

 

「でもオレ、ヒナの母ちゃんと約束したんだ」


 ――私の代わりに、この子の傍にいてあげて。

 それが二人が交わした約束だった。でもギルは怖かった。自分といる事でヒナがその事を思い出してしまうのでは無いか。狂ったように泣き続けたヒナの姿を、ギルは見ている。だからこそ不安で不安で、言い出すのに時間が掛かった。そして掛かった時間だけ、行動に移すのに勇気がいった。

 今日。また明日。今度こそは……。


「でも、門の前から足が動かなくて……」


 無理もない。ギルは自分のせいでヒナの母親が死んだと思い込んでいるのだ。その罪悪感は、子供のギルが抱えるには大きすぎる。でも――。


「正直に全部話そうぜ」

「そんなこと!!」


 出来るわけないだろう。

 ギルのその言葉を遮って、俺は続けた。


「偽りの世界に、あの子をずっと閉じ込めておくつもりなのか?」

「だってそれは……」

「もし俺がヒナの立場だったら、本当の事を言って欲しい。受け入れるのに時間が掛かっても、ちゃんと真実を知って、墓前に手を合わせたいよ。ごめんなさいって、ありがとうって。ヒナのお母さんだって、今のこの状態は望んで無いだろ」

「坊ちゃん……」

「ヒナが泣いたら、胸を貸して抱きしめてやれよ。胸が足りないならばあやさんだっているし。俺もシオンも。今ならクソガエルだっておまけで付いてくるんだぜ?」

「でもっ」

「ずっと殻に閉じこもってちゃダメだ」


 前に進まないと。

 今を生きないと。


「それに今日はヒナの誕生日だろ?」

「……?」


 俺が差し出した手を、ギルは意味が分からなかったのか、俺の顔と手を交互に見ては不思議な面をしていた。俺はギルの手を引いて、イスから立たせた。


「これ以上ないチャンスじゃないか」

「坊っちゃん?」

「ばあやさん、ヒナの誕生日ケーキって、もう作ってあるんですか?」

「へ、へぇ。お作りしておりますが」

「じゃギル。プレゼントの用意は?」

「だ、だって何渡せばいいかわからないし、それに――」


 どうせ渡せないから。という言葉は言わせない。


「渡すんだよ。俺と、皆と一緒に。だから今から作ろうぜ」

「えっ」


 ちゃんと思いを込めれる物。

 ヒナが、子供が喜びそうな物。


「――ばあやさん、クッキーってどの位の時間で作れるものなんですか? それと今、それに必要な材料ってありますか?」

「材料はございますが、時間は……そうですねぇモノにもよりますが……生地から準備して、今からオーブンを温めて一時間。いえ、もう少しかかりますかねぇ」


 現時刻は午後二時。

 今からでも十分間に合うだろう。


「俺は分量や作り方が分かりません。ばあやさん、生地作りをお願いしてもいいですか? それと色の付いた紙か包装紙、あとテープとハサミがあればそれも貸してください」

「えぇ、えぇ。お任せください。すぐにご用意致しましょう」

「あ、俺達でも手伝える事があれば言って下さい。ギル、まず包装紙で飾りを作って、その後でクッキー作るぞ」

「ク、クッキー?」

「おう、とびっきりの奴作ろうぜ!」


 心を込めて。

 世界で一つだけのプレゼントを渡すんだ。





***


 屋敷に戻った俺達は、ヒナの部屋に入るなり絶句した。


「な、何事?」


 そこには髪を無理やり縛られ、化物のような化粧が施されたシオンと、呑気にベッドで大の字で寝ているミスターの姿があった。


「ア、アスター様……」


 ぎこちなく首を動かし、こちらを向いたシオンは、そのままパタリと倒れこむ。


「だっ、大丈夫かシオン!」 

「友達付き合いというものは、かくも過酷なものなのですね……」

「……シオン。友達でもな、嫌なものは嫌って、断っていいんだぞ」

「なんと、それを早く……」

「おっ、おいしっかりしろっ。シオン、シオーン!!」


 なんて茶番を繰り広げていると、ヒナが入口脇に立っていたギルにたじろいだ。そういえば、何の紹介もしていなかった。こういうのは思い切りが肝心だ。


「ヒナ。こいつはギル、友達になりたいんだって」

「――っ!?」


 言うなりヒナはパッと表情を変え、ギルへ駆け寄った。戸惑うギルの手を取り、ピョンピョンうさぎのように飛び跳ねて、ヒナは全身で喜びを表現している。俺等の時と全然態度が違うのも、元々友達だったからなのだろうか。

 ――まぁいい。今はそれよりもだ。


「ヒナ、今度は裏の林で遊ぼう。ギルが秘密基地に案内してくれるってさ」

「ひみつきち……?」


 という訳で、ミスターを回収し、俺達は裏の林へ足を踏み入れた。ここは元々ヒナの家が所有する土地だったが、誰でも入ることが出来る場所。ただ流石に秘密基地なんて勝手に作ってはいけないのだが。そう誘い出したのには理由がある。


「ここ?」

「そう、ここ」


 立派、とは言い難いが、しっかりした作りの小さなログハウス。庭師がいた頃は居住スペースとして使っていたらしいが、今は誰も住んでいない。ヒナはギルに促され、立て付けの悪いドアをゆっくり開けた。


「お待ちしておりました、お嬢様」


 開けたと同時に出迎えたのは、ばあやさんだ。そして中央のテーブルには、大きなバースデーケーキがドンと構え。壁には、クッキー作りの合間に俺達が作った紙のオーナメントを飾り、ちょっとしたパーティ会場に仕上げた。


「これを」


 ばあやさんは、黄色のリボンで可愛くラッピングしたクッキーをギルに渡す。

 それはヒナの顔を模して作った特大クッキー。少し歪だが俺達で作った、この世に唯一つしかない誕生日プレゼントだ。


「た……誕生日おめでとう。それと、ごめんな。オレ、お前に言わないといけない事があるんだ……その……聞いてくれるか? あのな……」


 固唾を呑んで見守るとはこういう事を言うのだろう。

 シンとした空気の中、ギルは唇を震わせ、今まで言えなかった真実をヒナへ告げ、反応を待った。


「……」


 ヒナは泣かなかった。今のヒナにとって難しい話だったろうに。ずっとギルの目を見て、話を聞いて。話し終わった今は沈黙し、俯いている。


「お嬢様……」


 いてもたってもいられなかったばあやさんに、ヒナは抱きしめられ。ばあやさんの胸へ顔を埋めた。いつも空気を読まない、あのミスターでさえ静かにしている。成功か、失敗か。何とも言え無い重たい空気が漂う。


「あのね」


 ヒナは唇を噛み、何かを決意したようにギルに向き直った。


「……ヒナね。しってたよ」


 震える声。しかし、ヒナはハッキリそう言い放った。


「この前ね。となりのバッカスが言ってたの。ヒナのママは死んじゃったから、ヒナはママナシなんだって。だからヒナ、ママの事も。ギルお兄ちゃんの事も、ぜんぶ、ぜんぶ思い出したの……ごめんね。ヒナ、わすれてて、ごめんね――」


 ヒナは、ばあやさんの手を離れ、ギルに抱きついた。ギルもヒナをしっかり抱きしめ、互いの涙が枯れるまで、ずっとその手を離さなかった。



「一件落着ですか?」

「だなぁ」


 遠目から眺めていたシオンと俺は、ヒナ達に聞こえない程度の声で話していた。シオンもミスターも、先ほどの二人のやり取りで事情を完全に把握したらしい。


「でも何故、思い出した事を黙っていたのでしょうか」

「……怖くて言い出せなかったんじゃないか?」

「え?」

「だって、友達に忘れられたら悲しいだろう? だから自分が友達を、ギルを傷つけてしまったかもって、怖かったんじゃないかな」


 母親に対する気持ちの整理が付いても、周りの大人は何も言ってくれないから、どうしたらいいのか分からない。だから踏み出せず……小さな殻の中で繰り返される日々をただ過ごして、母親の事ではなく、このチャンスを待っていたのかもしれない。


 二羽の雛は、分厚く硬い殻を自力で破り。

 大地を踏みしめ、一歩、また一歩。互に寄り添い、これからを共に歩むのだろう。大切な母の死を乗り越えて、これから先を生きて。進んでいくんだ。





***


「という事があってだな」


 夕方。誕生日会は無事に終わり、俺とミスターは先に帰ってきていたステラに、今日あった事を事細かに話した。


「それはそれは。ヒナちゃんも、そのギル君という男の子も良かったですね」

「俺様のおかげだな!」

「お前、何もしてないじゃん」


 ほぼ寝てたし。


「あぁん? そもそも俺様がだなぁー!」

「あー、はいはい、そーですねー」


 なんて右から左へ受け流していると、ステラが口を抑え、控えめにふきだした。


「ふふ。随分仲良しさんになりましたねぇ」

「「なってない!」」


 ハモりたくない所でハモり、ステラは一層口角を上げ、肩を揺らす。

 

「アスターさんも。お友達が沢山ふえて羨ましいです」

「そうか?」

「はい。出来るなら、私もその場に居たかったくらいです」


 ステラはそう微笑んで、俺もつい嬉しくなって笑みが漏れた。

 




 ――ともだちが出来ました――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!