第02話:ファーストキスは血の味でした

「う……」


 どれだけ寝ていたのだろう。

 気がついた時には焚き火の炎は消えていて、日も暮れようとしていた。


「あの子は……」


 すぐ戻ると言っていた少女の姿は無い。

 そりゃそうか、別の世界からやってきたと自称する訳の分からない全裸男なんて、本来なら死んでも関わり合いになりたくない存在ナンバーワンのはずだ。これが普通。自然の成り行きなのだ。


 途端、孤独感と恐怖感に襲われる。

 これからくる闇が怖い。

 木の葉が風に揺れる音さえ、今は得体の知れない何かがそこにいるかもしれないと、またドラゴンに襲われるかもしれないと思えてならない。

 カチカチ、カチカチ。恐怖と寒さで顎が震え、歯と歯がぶつかる音だけが周りに響く。


「……っ」


 もうあの子は居ない。今度こそ一人ぼっちになってしまった。

 俺は絶望の中、残された少女のマントを抱きしめた。ああ、俺はこのままここで一人死ぬのだろうか。指先から体温が徐々に低くなっていくのが自分でも分かる。


「え……?」


 いや違う。

 冷たい感触が、右手から顔面に向かって伸びている。


「!」


 見ると右腕はすでに黒いトゲトゲしたもので覆われていた。キシキシ、キシキシと耳の近くで変な音がした。


「目と口を閉じてください! 早く!」


 その声にハッと我に返り、言われた通りに目と口に力を入れる。


「――っ」


 勢いに任せて無理やり動かしたからか、トゲが口元に当たって少し切れた。しかし、それ以外に痛みのある所は無い。ただ、あっという間に俺の右半身は黒いトゲで覆われてしまい、身動きがとれなくなってしまった。


 その状態でも、少女はホッとしたように大きくため息を漏らす。

 そう、あの少女が、戻ってきたのだ。

 

「でもなんで……。それにもう“夕方”なのに……」


 少女は険しい顔で、俺を見た。

 いや、正確には俺の右半身だけを見ていた。


「大丈夫。きっと助けます」


 だから安心してくださいと、彼女は恐る恐る俺の左手を握り、精一杯笑ってみせた。


「……」


 それから暫く沈黙が流れ、少女がポツリとつぶやく。


「……駄目、これじゃ間に合わない。このままじゃ……」


 表情がどんどん曇っていく。

 そして――。


「ごめんなさい。これしか、もう方法は無いんです――」


 そう謝る少女の横髪が、ふわりと肩に落ちた。


「!」


 次の瞬間、柔らかな唇の感触が、俺のガサガサの唇に重なった。甘い味と血の味が口の中で交わっていく。


 俺は今、この子と何をしているのだろうか。

 重ねられた唇と、時折漏れる温かな吐息。

 次第に体中の血液が沸騰するかのように、全身が熱くなって――。


「はぁ……」


 塞がれていた口元に、冷たい空気が当たる。

 丸みを帯びた吐息が耳に残る。けれどその余韻はすぐにかき消された。俺から距離を取ったあの子が、大きく息を吸い、なにかを決心したかのように振り向きざまに笑顔を向けた。


「少し痛いかもしれませんが、我慢しててくださいね」


 直後、ガラスが割れるような音が肌を伝い。皮膚を剥がされるような強烈な痛みが全身を駆け抜けた。


「あああああああ!!」


 痛みに耐え切れず、絶叫したまでは覚えている――。





***


「う……」


 次に目が覚めた時、洞窟では無い場所に寝かされていた。


「気がつかれましたか? あの、体の方は大丈夫ですか? 気分が悪いとか。吐きそうとか、頭が痛いとか――ええと、そのっすごくしんどいとか!」

「いや、そういうのはないけど」

「よ、良かった……」


 なんだか物凄く体の心配をされてしまった。

 別にそういうのはない。ないんだけど……。


「――くしゅんっ」

「だ、大丈夫か?」


 洞窟の中とはまた違い、日の暮れた森の中は寒かった。だからだろう、ほぼ裸の俺に、彼女はまたマントを掛けているのか。彼女自身は薄手のブラウスに袖なしのセーター。それにエンジ色の短いスカート姿という軽装で、焚き火のそばで耐えていた。俺は慌ててマントを返そうと、それを掴んで起き上がる。


「あ、あれ?」


 しかし、体に掛けられていたのは、マントではなかった。黒いジャケットに赤いシャツ、それにカーキ色のズボン。これじゃまるで……。


「サイズが合わないかもしれないんですけど、着れそうなものを買ってきたので、使ってください」

「えっ!?」


 驚いていると、まだ袋に入ったままの下着類や靴まで渡された。どうやらこの近くに街があるらしく、外の様子を見がてら買ってきてくれていたらしい。


「すみません、戻るのが遅くなってしまって」

「い、いやいやいやいや! むしろありがたいよ!」


 未だに視線を泳がせ、目のやり場に困っている少女を残し、俺は受け取った服一式を持って茂みに入った。


「はぁ……」


 さっきと違って落ち着かない。

 だって、俺はさっきあの子と……。


「……」


 あの感触が残っているのではないかと、自分の唇に触れる。唇は荒れていたけれど、まだ、熱を持っているような、そんな不思議な感じがした。


「あの」

「え、あ、はい!?」


 木を一本隔てた場所から、あの子に声をかけられた。

 

「本当にすみません。……貴方を、一人置いていってしまって……」

「え?」


 その声は、心なしか震えていた。


「あれは……あの黒い鉱石は“ライネック”と言って、寄生した宿主の魔力マナ生命力オドを奪います。だから私、ライネックをどうこうする前に魔力をく……えと、貴方に移さなければ、手遅れになると思って。それであの、普通は体に触れた状態でも移せるんですけどっ、あの時は追いつかなくてっ、つつつ、つまりそのっ、何から何までごめんなさいっ。い、痛かったですよね……」

 

 時折言葉を詰まらせ涙ぐむ少女。

 つまりあれは、人口呼吸的なものだから、気にするなとでも言いたいのだろう。まあ、彼女が何を言っているのかちょっと分からないけれど、どうであれ俺はこうして助かっているんだ。気に病む事はないと俺は答える。


「でも……」

「確かにビックリしたけどさ、俺は嬉しかったんだ」

「え?」

「あ、いや、その! 変な意味じゃなくてだなっ、戻って来てくれた事が嬉しかったって事を言いたくて!」


 普通、こんな得体の知れない男なんて、放っておくだろうと俺は続けた。


「ああ、このまま一人で死ぬんだーなんて考えてた時だったからさ。ほんと、生きてるだけでめっけもんだよ」


 着替えも終わり、茂みから出ると、あの子と目があった。

 右側だけ長く垂れ流した横髪に、ウサギみたいに赤い大きな瞳。歳は十五そこいらだろうか。改めて見ると色々小さくて、未発達な体付きをしていた。

 そんな俺の視線に気がついたのか、少女はまた困ったように笑った。


「ご、ごめん」


 しまった、見すぎた。

 つい気まずくて顔を背ける。


「そ、そう言えば。まだ名前も聞いてなかったな!」

「そうでしたね。すみません、申し遅れました。私は魔道士協会所属の魔道士。ステラ・メイセンと申します」 

「魔道士……」

「はい」


 何か不都合が? といった反応だったので。まず、ここはどんな国で、今何処にいるのかを彼女に尋ねてみることにした。


「――なるほど」


 聞いた話を要約すると、ここはソーンという国の王都から西に位置する、レストの森と呼ばれる場所のようだ。


「では私も、貴方の名前を伺ってもいいですか?」


 無垢な笑顔で、俺の名前を尋ねるステラ。

 でも俺はそれに答える事が出来なかった。


「あ……れ?」


 きっとまだ混乱しているのだ。

 じゃないとおかしい。

 名前が思い出せないなんて――。


 何かに書き記した記憶も、誰かに呼ばれた記憶さえ……最初から無かったかのように、すっぽり抜け落ちている。


「何で……」


 不安は恐怖に変わり、心臓は早鐘を打ち、自分の意志とは関係なく、涙が止めど無く溢れてくる。


「あっあの、大丈夫ですか?」


 そんな俺の頬を流れる涙を手で拭い、彼女は震える手を優しく握ってくれた。


「ごめ、なんか、自分でもよく分からなくて。だって……おかしいだろ? 名前が、名前だけが思い出せないなんて」


 思い出はあるんだ。でも名前が無い。

 自分でもそれが凄く怖い。

 涙と汗が混じり合い、ポタリポタリと地面に染みる。

 そして少しの沈黙が流れた後、彼女は言った。


「じゃぁ付けましょう」

「へぁ?」


 情けない声を出してしまった。

 けれど彼女はにこやかに続けた。 


「名前ですよ。だって本当の名前を思い出すまでの間、貴方の事を呼べないじゃないですか」


 まるで光が差し込んだように衝撃的で、救いの言葉のようだった。


「うーん」


 さて何にしようかと彼女が悩み、不意に空を見上げたので、俺も釣られて上を向く。


「うわ……」


 見上げた空はとても幻想的だった。

 星はこんなにも力強く輝きを放つものだったか。幾千光年先から瞳に差し込むソレは、目眩がする程煌々と光り輝き、親子の様に寄り添う二つの月が、優しい光で俺達を照らしていた。


「アスター」


 火にくべた枝がパチンと弾けた時。彼女はその名を呟いた。


「え?」

「私と同じ、“星”という意味を持つ名前なのですが。この名前はどうでしょう?」 


 あどけない少女の顔は月に照らされ、一瞬だけ大人びて、凄く綺麗に見えた。


「アスター……」


 この唐突に付けられた名前が日本人要素ゼロなのに、それしか無い位しっくりきて、嬉しさのあまり、また目尻に涙が溜まる。

 あぁ誤魔化さなければと、こらえていると、不安げにこちらを覗く彼女と目が合った。その首を傾げた顔が何故かおかしくて、ブククッと息が漏れた。


「駄目ですか?」

「いや、凄く気に入ったよ」


 急に笑い出した俺を、彼女は不思議に思うだろう。彼女は知らない。彼女のおかげで、心も体も、俺がどんなに救われたかを。このよく分からない世界で、最初に出会ったのが彼女で良かった。


「ありがとう……」

「え? あ、はい。どういたしまして?」


 いつしか俺の中の恐怖は消え、温かな感情で心は満たされていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!