あぁ無情 -⑥-「そういうのいいから」

 荷物もあり、今日は仕事も休みだというので、今日はそのまま彼女の家に向かう事になった。バスで二〇分、さらに歩いて七分弱。セントラル郊外の住宅地にその家は建っていて、土足で上がる事に躊躇しつつ、そろりそろりと足を踏み入れる。


「お、お邪魔します」

「はい、どうぞ~」


 玄関入って一番奥には、階段が見え。左側にドアが二つ。右側にはドアが無く、リビングが見えた。


「ミスター? いるー?」


 玄関に入るなり、ステラはリビングに向かって呼びかける。しかし返事はない。どうやらその人物は留守にしているようだ。

 案内されたのはリビングは縦長のLDKで、奥のダイニングキッチンは段差でリビングとなんとなく分けられており、壁や棚と一体になった木製のダイニングテーブルや、キッチン脇の煙突の付いたレトロなコンロが印象的だった。


 手前のリビングには、長さ違いの球体の(多分)照明が何個か間隔をあけてぶら下がり。大きめソファと猫脚のローテーブル。そして本棚と暖炉があって、これぞ外国という雰囲気が漂っていた。


 なんというか、木と土壁が温もりを感じさせる良い家なのだが……少し違和感があった。でも、この違和感が何なのか分からず、俺は言われるがまま、レンガタイルの段差を昇り、椅子に腰掛けた。

 しかし、一息つく前に、明らかな違和感の正体を視界の端で捉えてしまった。ダイニングテーブルの壁側に取り付けられた棚の背側。つまり、リビング側に向けて、白いミニチュアハウスがあったのだ。

 そのミニチュアは白壁が映える柿色の屋根と、四角い窓。木製の小さなドアの上に、黒文字でMrと書かれている。


「ミスター……?」


 それに気を取られていると、彼女は赤いケトルに水を入れ、コンロにくべた。けれど火を付けるわけじゃなく、下の扉を開け、中に向かって話しかける。それで何故火が付くのか疑問だったが、驚いたことに、そこには火の精霊が常駐しているのだという。


 そこにいると思うと、見たくて見たくて堪らない気持ちでいっぱいになるが、そんな子供みたいな事も出来無いので、いつか見れるだろうと、早る気持ちを鎮めて、平静を装った。


「そうだ、お湯が沸くまで魔術の練習してみますか?」

「おー」


 是非に。とお願いすると、ステラはテーブル傍の小さな棚からペンと少し大きめのメモ帳を取り出した。


「それはなんに使うんだ?」

「陣を描きます」

「ほう。……そんなに小さくていいのか? 魔法陣ってなんかこう。床とか地面にでっかく描くもんだと思ってたんだけど」

「そうですね。それなりに大きな力を使おうと思えば、陣も大きくなります」


 要は蛇口のようなものだと彼女は言った。

 複雑な術を使おうと思えば、陣に書き込むものは必然的に増えていく。しかし同じ術でも蛇口を大きくひねれば、一度に出せる水の量、勢いが変わるのと同じで、力の威力も変わるのだと。

 それから彼女はメモ用紙を一枚千切り、紙をくるくると回しながら、器用に丸を描いていく。


「うまいもんだな」

「ふふふ。コツがあって。私はこのくらいの大きさでも描けますが、アスターさん位の手だったら……そうですね。もっと大きい紙のほうが描きやすいかもですね」

「!」


 会話の途中。さり気無く手を取られ、手の大きさを直で比べられてしまった。関節一つ分小さな手。柔らかくて、温かい。彼女の手。


「そ、そうデスね!」

「?」


 ヤバイと、咄嗟に手を引いて早く続きを描いてくれと誤魔化した。

 彼女の行動には全くもって深い意味は、これっっっぽっちも無いというのは分かっているのだが。もう、本当にもう、心臓に悪い。悪すぎる。


「ではちゃちゃっと描いちゃいますね。風と水。どちらにしますか?」

「じゃ、じゃあ。み、水で」

「はい、水ですね」

「お、おう」


 別れた彼女と初めて手を繋いだ時でさえ、こんなにドキドキしなかったのに。彼女がすらすらとペンを走らせていく一方で、俺の心は蛇行運転しっぱなしで、全っ然、平静さに辿り着けなかった。


「出来ました~」

「お、おぉ」


 出来上がったのは、ザ・魔法陣。という感じではなく。丸の中に花の様な幾何学模様があって、ちょこっとだけ文字の様なもの書かれたものだった。


「これは何語だ?」

「古代語です。私の魔術は少し古いタイプのものでして。でも。覚えてしまえば楽ですし。個人的にはオススメですよ」

「ほう、覚えてしまえば……か。覚えるまでが大変ってオチは無いか?」


 俺の問いに、彼女はニッコリ微笑んだ。

 あぁ、うん。察しました。


「それではネックレスを出して握ってください」

「ん、こうか?」

「ではそのまま、人差し指で陣に触れて」

「うい」

「呪文は……そうですね。清らかなる水の精霊よ、枯れ地を潤す雫となれ。と唱えてみてください」

「な、なんて?」

「……紙に書きますね」

「スミマセン」


 その後、言われた通りにやってみたが、何も起こらなかった。

 何度も何度も。指からは水じゃなく汗が出て、理不尽に紙をふやかしていく。


「出ねぇ……」

「適正はあると思うんですが。うーん。では、感じを掴むために、少しお手伝いしましょうか」


 そう言うと、彼女は俺の両手に手を添えた。仄かに伝わる手の温もりと、柔らかい肌の感触。またそれに気を取られていると、


「目を瞑って」


 と、至近距離で呟く声が直接頭に伝わった。気が付けば彼女はテーブルに身を乗り出していて、俺の額に自分の額を密着させていた。


「ではいきますね」


 恥ずかしさで熱を上げる俺をほっといて、ステラはそのまま目を瞑り、手は指先に向かい、ゆっくりなぞられていく。


「腕から手、手から指へ、流れる水をイメージして……」


 まぁ、集中出来る訳が無く、注意力散漫で恥ずかしさの余り言葉を失っていると。彼女がふと顔を上げた。

 同時に当たる鼻先と、ぶつかり合う吐息。彼女が互いの距離を自覚した時、ケトルの口から勢いよく漏れ出たお湯が、ジュっとコンロを濡らしてはそのまま蒸発していった。


「す、すみません。もう湧いてたんですね。忘れてました。お茶にしましょうか」

「お、おう」


 そのまま炊事場に立つステラを見ながら、今だ手に残る温もりを確認する。心なしか彼女も耳が赤いような……そんな気がしないでもない。


「……っ」


 熱が……取れない。





 そうこうしている内に準備は進み、振舞われた紅茶の香りを嗅ぐ。鼻の奥に熱気と共に柑橘系の香りが運ばれ一瞬慌て、体の熱も一緒に冷ますように。一息、また一息と、紅茶に息を吹きかけ、口に含んだ。


「あ、お部屋の事なんですが――」


 火照りも収まった頃、部屋の話になった。

 二階の部屋は全く使っていないらしく、そこを使えとの事で、一息ついた後、バケツに水を汲み、雑巾と箒等を用意して二階へ上がった。


 まっすぐ伸びた廊下に、両側の二つのドア。部屋の位置的に、与えられたのはリビングの上の部屋だろう。ドアを開けたと同時に、湿気った埃が床を転がり。カビ臭さが鼻を少し刺激した。


「夏に入る前、一応掃除したんですが、すみません。これは結構掃除しないとですね」

「だなぁ」


 会話しながら窓を開け。窓枠の薄く積もった埃を指ですくい、辺りを見渡す。ここは元々誰かの部屋だったのか、ベッドの骨組みとマットレスが、壁に立て掛けられていた。


「一応使えると思うんですが。うーん。これは一度干したいですね」 


 今から干した所でさほど意味が無いだろうが、物は試しと、湿気ったマットレスを、一度テラスに運んで干し。床を掃いては拭いての繰り返し。

 ただ、元々物が少なかったので、部屋は割と早く片付いた。


「そろそろ取り込むか」

「ですね~」


 仕上げにマットレスを運び入れるが、匂いを嗅ぐと、やはりカビ臭さと湿気は取れていない。放置し過ぎたようで、買い替えが必要だと判断された。

 わざわざ買い替え無くても、どうせ短期間しかいないのだから、一階のソファを使っていいのならそこで寝れると俺は言う。


「でも、一応お客様ですし。夜は結構冷えますよ? あ、そうだ。いっそコレを炙ってみるというのはどうでしょうか」


 炙る。何と恐ろしい言葉だろう。


「嫌な予感しかしないんだが」

「物は試しという言葉もありますよ」

「いやいやいや。絶対ヤバイって」


 魔法や魔術という物を良く知らない俺だからこんなに不安になるのだろうか。


「ではいきますね」


 しかし、俺の制止むなしく、駄目元でもとりあえずやってみようと、それは強行された。ステラはマットレスの前にその身を構え、淡々と呪文を唱え始める。


『我を護りし精霊よ、聖なる炎で我が眼前の湿気りを枯らせ……』


 唱え終わったと同時に、杖から放たれた光りはマットレスに集中し、湿気は蒸気となって溢れ出た。


「――っ!」


 蒸気はすぐに弾けて消えて、純粋に凄いと思った。

 そう。マットレスに火柱が上がり、燃え始め無ければ。今頃、彼女に賞賛の言葉を送っていたと思う。


「「あ」」


 火柱は天井を焦がし、炎はすぐに燃え広がった。

 俺は無言で雑巾の汁で淀みまくったバケツの水をマットに掛けた。焦げ臭くなった室内と、びしょ濡れのマットレスを目の前に、彼女はポツリとつぶやく。


「火属性の魔術の使い方を誤れば、こういう事になるという事をですね……」

「そういうのいいから」


 こういう失敗例を見ると、やはり火は怖いなと実感する。貰ったのが水と風で良かった。本当にそう思えた。





 全ての始末を終えたのは、おやつ時をとうに過ぎた頃だった。

 昨日の睡眠不足も相まって、相当堪え、拭き終えたばかりの床にへたり込む。


「つ、疲れた」


 溜息と欠伸を連発する俺を見て、仮眠を取ってはどうかと提案されたので、俺はそれに飛びついた。


「では、こちらの部屋を使って下さい」


 案内されたのは、一階の。普段ステラが使っているという部屋。当然、彼女のベッドを借りる事になったが、抵抗する気力も無く、俺は素直に従った。もうなんか、とにかく眠たくてしょうがなかったから、仕方がないのだと自分に言い聞かせた。


「そうだ、苦手な食べ物はありますか?」

「特に……無いかな……」

「分かりました。起きたらお夕飯にしましょうね」

「んー……」


 会話中。悪いと思いながら瞬きを二、三度した所で、意識は夢の中へ誘われる。彼女もそれに気がついたのだろう。お休みなさいと呟いて、そっと部屋を出て行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料