第08話:違う、そうじゃない

 昔々あるところに、ふしぎな力を持つ少女がおりました。

 ある時は風を操り。またある時は、何もない所から火を起こしてみせました。


 少女の家族は、この力は神が与えたもうた奇跡の力なのだと村人に言い、村人は少女を神の御使いだと大事に大事にしていました。


 けれど少女が十になった翌年。

 村に一人の旅人がやってきて、少女を魔女だと言いました。

 “魔”におちた“女”だと。


 旅人の言葉に、ひどくおびえた村人。

 今まで大事に扱ってきた少女を、村人はその日に追い出したのです。

 

 少女の父親は、娘がこわくなりにげました。

 少女の母もいっしょにです。

 少女はあっという間に一人ぼっちになってしまい――。



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 本を少し読み進めた所で、ステラが風呂から戻ってきた。

 白と水色のワンピースに、紅潮した白い肌。自分の時より甘い、柔らかみのある石鹸の香りが辺りに漂う。


「は、早かったな」

「家だと髪を乾かすのも楽なので」


 それはどういう意味なのだろうかと思っていると、ステラは椅子に掛けていたカーディガンを羽織り、キョロキョロ辺りを見渡した。


「ミスターの姿が見えませんが……」

「散歩」

「こんな時間にですか?」

「こんな時間にだ」


 バレやしないかとヒヤヒヤしたが、割と良くある事なのかステラはあまり気にせず、ナイトティーというものを淹れてくれると言う。


「紅茶……だよな?」

「そうですよ?」


 俺が何故そんな事を彼女に尋ねたかというと、ガラス製のポットに、球状の茶葉と一緒に、木屑のような物が入れられたからだ。驚いた事に、この木屑もハーブの一種だと言う。しかも全てこの家の庭で採れたもので、何から何まで自分でやっているそうだ。


「……なんか不思議な味だな、これはどういう物を使ってるんだ?」


 ハーブの種類を聞いた所で、へぇとしか言え無いのだが。まぁ話のネタだ。


「カモミールとリコリスのブレンドです。飲むと心が落ち着くといいますか、寝付きが良くなるんですよ~。最近はあまり飲んでなかったんですけどね」

「へぇ」


 そんな会話が続き、時刻は午後十時。

 先程の本の続きを読もうと思ったのだが、あの紅茶が効いたのか強烈な眠気に襲われた。


「うー……」


 ソファの上でうとうと船を漕ぐ。

 こんな所で寝ては風邪を引くと彼女に揺り起こされ、危ない足取りを支えられ部屋まで歩くが……。


「すまん。……さっき寝たのに……凄く……眠くて……」

「ふふ。大丈夫ですよ。今日はそのまま私のベッドを使ってくださいな」

「んー……」


 とにかく眠たくて眠たくて、目を開けていられなかった。薄れゆく意識の中、ベッドに横になり、彼女が何かを言って部屋を出ていったまでは覚えている。





***


「お邪魔しますね」


 耳元で不意に囁かれた声と、傾くマットレスに驚き。俺は壁までのけぞった。


「なっ! ななななんでっ!?」

「えと、二階のベッドはあの有様ですし、今日は冷えるので一緒にと……」


 とは言うが、それは駄目だろう。俺がソファで寝ると言い返すと、ステラは自分がソファにと譲らない。ああそうだった、こいつはこういう奴だった。


「いやいや」

「いやいやいやいや」


 暫くの押し問答の末。

 結局俺は根負けし、今日は仲良くご一緒コースになってしまった。


「お前の貞操観念どうなってんだよ」

「……私は何かされるんですか?」

「しないよ!」

「ですよね」


 本当にコイツは油断しすぎだろう。


「ぐぬぬぬぬぬ……」


 薄暗い部屋の中。既に寝息を立て寝ている彼女と俺の距離はゼロ。くそう、このままでは、また寝付けなくなってしまうではないかと悶々とし、とりあえず心を鎮めようと、横にいるのは猫か何かに置き換えてみようと試みた。

 しかし猫を思い浮かべてみても、思い浮かぶのは猫耳しっぽのステラが手招いている姿で、至らぬ妄想で心を乱してしまう。違う、そうじゃないんだ。


「くっ……」


 深呼吸をして息を整えるが。


「ん……」


 その動きが伝わったのか、ステラは寝返りをうち、枕と勘違いされたのか抱きつかれてしまった。


「っ!?」

「うーん」


 むにゃむにゃと寝言を言うステラ。

 その一方で顔面を覆うように抱かれたせいか、窒息死しそうになっている俺。抵抗しようにも、どこを触っていいのかも分からないし。加えてこの体だ。子供の腕力はこうも弱々しい物なのか、まるで歯が立たない。


 もしも、もしも彼女がふくよかな胸の持ち主であれば、それはそれで男にとっては凄く幸せな死に方が出来たかもしれない。しかし無いのも無いでなかなかキツイというのを俺は知ってしまった。なんというか、ステラはまな板なわけじゃないが、谷間が出来るほど胸はまだ育ってない。鎖骨か肋骨かどこか分からない骨が顔に当たって、ものすごく痛かった。


 なんという最悪の抱き心地。顔面を少しでも動かそうとするならば、自分の目の上の骨に、何らかの骨がゴリゴリと当たり、何とも言え無い強烈な痛みが走る。


「イダ、イダダダダダ!」


 そんな痛みと戦っている最中、聞き覚えのあるしゃがれた声が部屋に響く。


「良いご身分ですなぁ……オイコラ、クソガキ様よぉ…………」


 毛布の上にどっしり構え、暗闇の中こちらを覗く不気味な瞳。その距離僅か十センチ。このタイミングは卑怯だ。


「何なのお前! 俺様が居ない間に! こんなっこんなっ、クソ羨ましい!!」

「おおお前!! どうやって入ってきた!?」

「はあぁん!? 俺様の手にかかれば、こん、ごぶぅ!」


 しかしその言葉は遮られ、ミスターは勢いよく掴まれた。驚いた事にそれはステラの手で。次の瞬間には床にベチンと音がなる程強く投げ捨てられていた。その動きに躊躇ちゅうちょは無い。


 だがステラは寝たままだ。無意識のわせる業なのか? 俺が言葉を失っていると、床にぺったり俯せになっていたミスターが小刻みに震え、起き上がる。


「だっ大丈夫か!?」

「ハァ、ハァ……俺様とステラはなぁ……こうやって毎晩、愛をっへぶぅ!」


 再びよじ登って来たミスターは、また言い終える前に掴まれ、投げ飛ばされる。しかし懲りてないというか慣れたもので。それは幾度となく繰り返された。何度も何度も、これでもかというほど何度もだ。


「へへ……どうだ? 羨ましい……か?」


 と聞かれたが、微塵も羨ましくなんてなかった。


「愛が……痛いぜ……」

「そうだな。お前は世界一(頭が)幸せな奴だよ」

「ふへへ……」


 一通り気が済んだのか、暫くしてミスターはピクリとも動かなくなった。


「死んだか?」

「……ご、ご褒美だぜぇ……」

「ああそう……」


 生粋の変態だった。


「はぁ……」


 ここでは眠れないと判断し、ベッドの角に掛けてあったブランケットと、すっかり虫の息になってしまったミスターを片手に部屋を出た。ミスターをあのミニチュアハウスに押し込んで、リビングのソファに横になる。

 最初からこうすれば良かったのだ。


「ああもう……まじで疲れた……」


 ため息交じりにブランケットを肩まで被り、俺はそのままソファで眠りについた。





 ――あぁ無情――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!