あぁ無情 -③-「これが噂のご都合主義か」

 こういう事は早めに申告した方がいいと思い。実は自分がこの世界の住人では無い事、こんな姿で行き場が無い事を正直に話した。

 しかし、思いのほか彼女は驚かず。だから裸だったのかと軽く理解してくれた。


「お、驚かないのか?」

「特には」


 個人的にはもっと驚いて欲しかったのだが、どうやら身近にもこういった人間が何人かいるらしく。この世界には割りと居るという言葉に逆に驚かされた。それは話が早いというものだ。


「しっかし、これからどうするか……」


 向こうの世界に未練があるかと聞かれれば、正直ある。家族も夢も、中途半端に色々投げてきたからだ。


「さっき言ってた、その、俺みたいに別の世界から来たって人は、結局元の世界に帰れてたり、するのか?」

「詳しくはわかりませんが……私の知る限り、皆さんこちらで生活されてますよ」

「そう……か」

「で、でもでも。ちゃんと探せばその方法もあるかもしれませんし!」


 だから、元気を出して。と慰められた。

 そうだ。ここで暗くなっていてもしょうがない。帰れる方法が見つかれば、元の世界に帰るという目標を置き、これからの事を考える。兎にも角にも衣食住。資産も持たず、魔物がいる世界をこの身一つで過ごすには無理がある。


「とりあえず服を何とかして、住み込みの仕事とかあれば……」

「それは……今中々仕事が無いので、難しいかもしれませんね」


 異世界にも就職難の波が来ているというのか……?

 絶望しかない。


「でも……もしよければですが、住む所が決まるまで家に来ますか?」

「いいのか!?」

「えぇ、部屋は余っていますし、不便は無いかと。困った時はお互い様ですよ」


 この子はアレかな天使かな? とか、ありがちなドッキリハプニングが頭に過ぎり、少し興奮したが……得体の知れない男をこうも簡単に家に招くとは大丈夫だろうか? と貞操観念について不安に思う。


「あ、でも先にお伝えしておくと、友人も一緒に住んでいますので」

「デスヨネ」


 なる程。

 そう都合よくはいかないらしい。





【宿屋】

「一緒の部屋で、大丈夫ですか?」


 フロントで飛び出たその言葉に、正直、滅茶苦茶ドキっとした。実は情けない事に、俺の体力が限界で、動くに動けず。近場の街で宿を取ってもらう事にしたのだ。


 そして、この格好は如何なものかと、先に服を一式買い揃えて貰ったものの、予想以上に高く付いてしまったらしく、持ち合わせが足りなくなったらしい。だから少しでも安く抑えるために、同じ部屋でも良いかと断りを入れてきたという訳だ。


「悪い、金使わせて」

「どうせ必要な物ですし。気にしないで下さい」


 そう言われてしまうと、何とも言え無い。

 結局遅い時間だったし、一店舗しか開いておらず。サイズの問題等もあった為、少々ちぐはぐではあるが、その店に置いてあった黒いブーツとカーゴパンツ、それに赤いシャツと黒のジャケットを購入する事になった。別に、下さえなんとかすれば、Tシャツ一枚で頑張れん事も無いと言ったのだが、秋空の下、そんな格好でうろついて体調を崩しては元も子もないと言われ、素直に従うしか無かった。


「でも、アレだな。この世界はかなり文明が発達してるんだな」


 街では車が走り、道行く人は携帯やらなんやら普通に持っていた。ホテルの受付でもパソコンを操作しているので、全くと言っていいほど異世界感が無い。


「なんか、異世界って。かなり遅れた文化ってイメージだったよ」

「ふふふ。世の中、日々進化するものですよ」


 もっともだけどもだ。


「なんか、ファンタジーってのは、案外ファンタジーしてないんだな」

「?」

「こっちの話」


 その後、食事を済ませ。部屋に戻った頃には時計の針は午後一〇時を回っていた。それから順々に風呂に入る。先に俺、後に彼女の順番で。今はあの子が入っている。


「……」


 帽子を被っていたので気がつかなかったが、あの帽子の中はお団子で、実際は髪が腰まで長く。先程からずっと洗面所で乾かしていた。その間俺は落ち着かず、ベッドの上で悶々としていた。何故なら健全な男だからだ。


「なんでよりによってベッドが一つなんだ……」


 てっきり二つあるのだと思っていたのだが、実はベッドが一つしかない部屋だった。おいしい展開と言えばおいしいのかもしれない、しかし、経験の浅い俺にとって非常事態なのである。それに彼女はどう見ても未成年。何かの拍子に手を出してみろ。捕まるだろう、確実に。


「お待たせしました~」

「いっ」


 そうこうしている内に、彼女が戻る。

 さっきまで子供だ、子供だと思っていたが、風呂上りのガウン姿を見て、完全に女だと意識してしまった。このままではマズイ、俺は床で寝ると主張するが、彼女は気にしないと言う。


「俺が気にするの! 大体、嫁入り前の娘が会って間もない、それもよく分からない男をそうホイホイ信用するもんじゃない」


 そう切に言い聞かせる俺に。彼女は「誠実な方なんですね」と、微笑んだ。


 結局俺は、毛布を下に敷いて床で寝た。

 上は、一枚しかない掛け布団を半分床に落とす事で解決したという次第だ。


「では、明かり消しますね」

「ん」


 サイドチェストのランプが消された。

 でも、今日は凄く晴れていたから、部屋が真っ暗になる事は無く、月明かりで淡く照らされていた。


「……」


 シーツの擦れる音と、時折引っ張られる布団が、俺の何かを掻き立てる。


「……あのさ」


 どうにも寝れず、思い切って声を掛けると、彼女は応えてくれた。


「昼間のさ、ライネックだっけ。結局アレは何なんだ?」

「ライネックは――」


 実は詳しく分かっていないそうだ。

 分かっている事といえば、初めて発見されたのは一年ほど前。そして、魔物や異種族と呼ばれる、人ならざる者に寄生し魔力や生命力を奪い。寄生された宿主は、理性を失い凶暴化する。そして、寄生された宿主を放置すれば、最終的に骨と皮だけになって死に至るという事。


 それも近頃は特に酷いそうで、そういった事例が多発している事から、それを専門とする機関が設立され、対応に追われているらしい。


「そんなものが俺に……」


 正直ゾッとした。けれど、それは基本、人に寄生しない。あの時はライネックが何かの拍子に宿主から離れ、行き場を無くし、どうしようもなかったのかもしれないと彼女は言う。


「一応全部剥がしたので、多分大丈夫ですよ」


 一応、多分。なんと不安になる言葉のチョイスだろう。

 まぁ今は何ともない。きっと大丈夫だと信じるが……寝る前に、是非とも聞いておかなければならない事が一つある。この状況が万が一、億が一でも。俺がこの世界に飛ばされた事に、何か、別の意思が働いている場合の事だ。

 つまり、俺が勇者である可能性――


「この世界には、ま……魔王とかいるのか?」

「いますよ~」

「いるんだ!?」


 となると、やはりあれか? 俺は今から仲間を集めて冒険するわけか?

 なんて下らない妄想に胸躍らせていると、彼女は淡々と言葉を続けた。


「そうですねぇ……五〇〇とか、それ以上は居るのではないかと」

「――多くない?」


 意識を持っていかれる程の数字だった。

 しかし、聞いた所、別に人と争っているというような事もなく。平和そのもので勇者も居ないらしい。「勇者なんて絵本や物語の中だけですよ」と、彼女は笑う。

 その言葉がこの日一番腑に落ちなかったのは、言うまでもない。


「はぁ……」


 すっかり意気消沈していまい天井を見つめていると、寝息が聞こえた。


「寝たのか?」


 やましい気持ちでは無く、確認の意味で彼女の顔を覗く。

 でも、すぐに後悔した。彼女の目元から一筋の涙が流れていたからだ。俺は急いで顔を伏せる……


 よくよく考えれば、俺は、森の中をほぼ全裸で彷徨っていたド変態だ。実は泣くほど嫌だったんじゃないか? と思い始め。興奮は罪悪感に変わり、鬱々した気持ちのまま朝を迎える事になる。





「おはようございます」

「お、おはよう……」


 結局、よく眠れなかった。そのせいで顔色が優れず、随分心配されたので、自分は本当に世話になってもいいのか、嫌なら断ってくれていいと正直に話した。


「何だってまた急に」

「だって、夜中その……お前泣いてたし」

「あぁ、あれは。私そういう体質なんですよ」

「はぁ!?」


 よもやそんな体質があるとは、過去の自分に教えてやりたい。アレは気にしなくていいんだよと、笑って肩を軽く叩いてやりたい。割とマジで。


「俺の純情を返せ……」

「え?」

「もういい……」


 その後バスに乗って、彼女が暮らす”セントラル”という王都へ向かった。

 移動時間は約三〇分。着くまでの間、俺はこれでもかと惰眠を貪った。


「……ターさん、アスターさん」

「んあ?」


 心地よい眠りの中、まもなく目的地に到着すると起こされ、眠気眼のまま外を眺めると、西洋式の街灯や、大小の船が航行する運河が見えた。


「おー」


 渡航経験が全く無く、資料でしか見たこと無い異国の景色に胸躍らせていると。そこへ聞きなれたリズムの鐘の音が鳴り響く。


「えっ!?」


 それは小さな頃から親しみのあるものだった。それを奏でるのは……


「ビッグ・ベン!?」


 イギリスの首都、ロンドンでお馴染みの時計塔、ビッグ・ベンが建っていた。

 街で見かける看板が英語表記だった事もあり、ここが英語圏なのは何となく感じていたが、時計塔まであると動揺が隠せない。


「ここイギリスか!? ロンドンなのか!?」

「ロン……? セントラルですけど」

「いや、そうなんだけどそうじゃなくて」


 なんて言えばいいのか分からないでいると、彼女は時計塔を指差し、今からそこに行くのだと教えてくれた。そこへ、バスのアナウンスが流れる。魔道士協会前とハッキリ発音するそれを聞いて、そこで初めて疑問が浮かぶ。


 元々、英語は普通に出来る方だった。しかしそれは紙の上での話。日常会話となると話は別なのだ。しかし、俺はここに来た時からずっと、彼女をはじめ、周りの人間が喋っている言葉を普通に聞き取り、俺もまた普通に話している。さらに言うと、街のあちこちに掲げられた英語表記の看板も、習った事の無い単語なのに普通に読めてしまう状態だった。そこで俺は一つの結論を導き出した。


「これが……ご都合主義って奴なのか……?」


 噂には聞いていたが、実際に体験するとは……

 まったく酷い世の中である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!