第2話

 一週間前――。

 俺は黒川さんと初めて会話をした。

 

 それはコアラ女が寝坊して、あろう事か黒川さんに送るはずのメッセージを俺に誤送信した事がキッカケだった。



『ごめんなさい、礼奈。さっき起きたわ』



 まず俺がコアラ女のラインを知っているのには混み入った事情があるのだが、それは一旦、横へ置いておこう。

 それよりも俺はこのメッセージを見た時に、図書館へ自転車を走らせていた。

 そして、驚愕して、急ブレーキをかけた。


 主に送信時間に驚いたのだ。

 AM.10:41。

 

 ちょっ、おまっ。

 バイトのシフト、10時からだろうが。


 あー。

 コアラ女の支度は遅い。


 なぜなら――コイツは平気で二度寝をするからだ。

 

 あー。

 何でこんなことまで知っているかというと、これまた混み入った事情がある。


 しかしだ。

 今はそんな事より、絶対にマスターと内田さんが困っているはずだ。

 

 俺は無意識に方向転換をする。


 そして、急ぎバイト先へ向かったのだった。

 


 ◇



 俺が到着すると、すでにホールはカオスになっていた。

 そして、混沌のど真ん中で虚な目をしたマスターと内田さんは、本来シフトに入っていない俺の顔を見るなり拝み始めた。


「柏田くぅん、どうして……?」

「コア……じゃなかった。が来ない気がして……」

「はうっ、君ってヤツは予知能力者なにかなのかい?それとも……個人的に羽美と連絡を取っていたりするのかい?」

「いや……何となくっす」


 言えない。

 コアラ女姪っ子を溺愛しているマスターにラインを交換しているなんて……。

 ましてや、友人に送るメッセージを俺に誤送信して来たから気づいたなんて口が裂けても言えない。


『ほほん?柏田君は羽美と頻繁に連絡をするほどの仲なのかい?はい、柏田君クビー』

 

 とか、絶対なる。

 そんな事で折角慣れてきたバイト先をクビにされるなんて御免だ。

 それに俺にはお金が要る。

 ここは(悔しいがコアラ女のおかげで客足も良好で)時給も良い。

 クビにはなりたくない……。

 

 そんな風に俺が内心ガクブル震えていると、パートの内田さんが涙目になりながら俺の両手をガシッと掴んできた。

 

「マスターそんなことどうでもいいじゃないですか?私にはね……柏田君が救世主に見えますよ」

「そ、そうだよね。じゃあ、柏田君、羽美が来るまで、いいや……ランチ終わりまで頼めるかな?」

「はい!」

「ありがとう!」


 そして、俺は産業ロボット化する前に、窓際に座っている黒川さんに声を掛けた。


 それはもう噛み噛みのしどろもどろになっていたのにも関わらず、なぜか、あの時の事を黒川さんは――、君は思い出す度に優しく微笑む。


「だってね〜。あの時、凄い勢いで『あと二時間は来ないから。大丈夫か?待つの辛くないか?』とか……柏田君、あたしのお父さんみたいだったよ?」


 第一印象、お父さんって……。

 あー。

 どっかに穴があったら、三日ほど入れませんかねぇ。

 

 

 ◇



 次話は黒川さん視点です。

 応援や評価をありがとうございます!

 更新頑張ります。

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る