第4話



 試合後、そのまま北大と東北大の合同乱取りとなった。

「北大は強い人の胸を借りにいけよ!」

 松浦さんが珍しく厳しく言って、北大勢を回って尻を叩いた。

 二十組を超える乱取りが始まった。抑え込まれているのは北大選手ばかりになった。

 抑え込まれていない者も、ある者はカメになり、ある者は二重絡みになって必死に守っている。攻めている者は一人もいない。試合以上に悲惨な光景だった。

 道場の隅に立つ北大四年目のOBたちは名指しで大声をあげていた。

「タカシ! 逃げろ! 何やっとんだ!」

「テツ! 何やってんだ!」

「後藤! 意地をみせろ!」

 一方の東北大の若手OBたちにはときどき笑顔も見えた。

 五本目の乱取りを終えた。

 私は息を荒らげながら立ち上がり、壁際に座り込んで剝がれたテーピングテープを巻き直しはじめた。先ほどからある人が気になっていた。中村文彦さんだ。東北の四年生で前主将、超有名選手で私の憧れの一人である。いまでもおそらく東北大最強を保っているのではないか。その二期上に有名な中村よしさんがいたので七大学では「良夫」「文彦」と下の名前で呼ばれたり「中村良夫」「中村文彦」とフルネームで呼ばれたりする。その文彦さんが道場の隅で柔道衣に着替えているのが見えたのである。

「北大、ファイトだぞ!」

 私は、抑え込まれている一年目たちに声を飛ばしながら文彦さんが着替え終わるのを待った。乱取り七本目の合図があると、私はちょうど道衣に着替え終わった中村文彦さんのところへ走っていった。

「お願いします」

 緊張しながら頭を下げた。

「俺と?」

 文彦さんが眼を細めて私を見た。

「はい」

「いい根性してるな」

 文彦さんは笑いながら道場の中央まで誘った。

 七大学の頂点にいる文彦さんの強さを知りたかった。立技ならなんとかなるだろうと思った。

 向かい合い、私はもういちど頭を下げた。

「お願いします」

「よし」

 文彦さんが鷹揚に言って、私の襟を握った。

 組み合った。

 岩石のような硬質のパワーを感じた。文彦さんが投技をかけてくる瞬間を待つ。返し技──掬い投げか裏投げで叩きつけてやるつもりだった。私の立技の得意技だった。

 文彦さんが素早いフットワークで横へ動く。私は腰を引いてついていった。文彦さんが前へ出る。私は下がった。瞬間、文彦さんが身を翻してたいおとしにきた。私は文彦さんの股に左腕を入れ、持ち上げようとした。しかしそのまま天地が引っ繰り返って畳に叩きつけられた。

 なんなんだ、これは。驚きしかなかった。パワーとスピードが違いすぎる。素速く手を突き、立ち上がって逃げようとしたが文彦さんに脇を掬われた。そのままねじ伏せられた。潜り込んでカメになろうとするところを瞬間的にうでひしぎじゆうがために極められた。鋭い痛みが肘から肩を貫いた。手を叩いて参ったした。

 道衣の乱れを直しながら立ち上がると、文彦さんがすぐに襟を取りにきた。虚を衝かれた私はのけぞった。北大生にはないどうもうさだった。道衣を直している最中だ──言い訳だとわかってはいても文彦さんに文句を言おうと顔を見た。その眼は先ほどまでのOBの柔らかいものではなく、現役のそれだった。この人は俺を潰そうとしている。それがわかった。

 文彦さんが小内刈。私はたたらを踏んで耐えたが、さっと足を取られ、大内刈で押し倒された。身を捻って腹ばいに落ちるのが精一杯だった。そのまま腕を縛られて崩上四方固で抑え込まれた。暴れるたびに首や脇を極められていく。なんというパワーだ。何人かの北大一年目が恐怖に顔を歪めながら私を見ている姿が目に映った。二十秒ほどで文彦さんは抑え込みを解いて立ち上がった。

「待ってください──」

 私は右手のひらを前に出し、息を整えるために乱れていた道衣の上を急いで脱いだ。文彦さんが不満そうに腰に両手を当てて待っている。

 帯を結び直しながら師範席のほうを見ると、岩井監督がじっとこちらを見ていた。文彦さんが腕を伸ばしてきて私はまたのけぞった。私の胸を押すようにしてまたも私の足をとって大内刈。実力以前に、勝負のスイッチの入り方、勝負への厳しさに差がありすぎた。

 横では竜澤が現主将の佐藤稔紀さんと立って組み合っていた。

「こい! こらっ!」

 竜澤が髪を振り乱して声をあげた。その瞬間、佐藤さんの内股でふわりと宙に浮き、畳に叩きつけられた。北大の一年目たちが引きつった顔で見ていた。そのまま竜澤は寝技で攻められている。北大でたった二人しかいない抜き役は子供扱いされていた。そのショックはやられている私たち自身よりも、私たちを見て、いつかあんなふうになりたいと苦しい練習に耐えている下級生たちの方が大きいだろう。

「横見てるんじゃない」

 文彦さんが言って、私の胸をどんと突いてそのまま襟を握った。

 私はその手を両手で捌き、文彦さんのバックにまわって背中を抱きかかえた。文彦さんは「よし。いい動きだ」と褒めながら小内刈にきた。そのまま同体で畳に倒れ込んだ。そこから文彦さんは立たせてくれず、寝技で攻撃され続けた。何もできない。パワーもスピードも技術も話にならないほどの差があった。文彦さんなら道都大学の連中も寝技で取ってしまうだろう。実際、『東北大柔道』の戦績を見ると、京大と同じく、東北大のレギュラー陣たちはこうどうかんルールの優勝大会で強豪私大の巨漢の立技を捌いて寝技に持ち込み一本勝ちしていた。

 文彦さんに取られ、立ち上がって道衣を直すたびに、まわりで見ている一年目たちの蒼白の顔が眼に入った。申し訳なさでいっぱいになった。私は文彦さんに翻弄されながら、北大が七帝トップ校と覇を競う日は永久に来ないのではないかと暗澹たる気持ちになった。



 夜の打ち上げコンパはいつも飲む十八条や二十四条ではなくススキノで行われることになった。

 私たち北大生は黙ったまま北十八条駅から地下鉄に乗り、黙ったままススキノ駅の階段を上り、黙ったまま飲食店ビルのエレベーターに乗った。大座敷には昼の試合観戦には来ていなかった北大の重鎮OBや、東北大の札幌勤務OBの顔もたくさんあった。

 しかし私たち現役北大生には居心地の悪い酒席だった。

 酒がまずい。

 北大生は誰も自分から東北大生側へ話しにいかない。自分たちの席で、うつむいて酒を飲んでいた。一方の東北大陣営は悠々と明るい酒を飲んでいた。

 そのうち、四年目たちが失礼にあたると判断し、私たちに東北大の先輩たちに酒を注いでこいと促した。酒を注げば当然「もう一杯」となる。繰り返しているうちに今日の試合へ向けギリギリまで追い込んだ練習をしてきた身体にアルコールがまわり、朦朧としてきた。しかし酔えば酔うほど気分が悪くなり、落ち込み、北大のテーブルに戻った。そして同期たちと弱気の発言のやりとりをした。北大はどうなるんだろう、七帝で勝てるのか、そんな日がくるのかと。

 酔眼で白くなっていく視界に、後藤さんと斉藤テツさんの二人が岩井監督の前に座っているのが見えた。後藤さんもテツさんもこれ以上ないほど背中を丸め、うつむいていた。濡れネズミのようなその姿を見るのが辛くて私は眼を逸らした。いつこの雨は上がるんだろう。そう思った。この雨さえやめば誰も濡れることもないのに。

 そのとき、一年目のかわが私の横に来て畳に片膝をついた。

「和泉さんが呼んでます」

 川瀬の視線の先には一升瓶を持って手酌している和泉さんがいた。あぐらをかき、静かな表情である。怒っているわけではなさそうだ。竜澤が和泉さんの向かいに座るのが見えた。竜澤にも声がかかったようだ。私はそこへ行き、竜澤の横に座った。

 竜澤がテーブルにある空のコップを持った。すると和泉さんが焼酎の一升瓶を手にし、半分ほど注いだ。私も近くにある空のコップを手にした。和泉さんはそこにも焼酎を半分ほど注いでくれた。

 そして、ひとつ大きな息をついた。

「わかっとると思うが東北のやつらに札幌観光に来たと言われて、このまま負けたままで済ますわけにはいかん」

 私と竜澤は同時に頭を下げた。

 言葉は出なかった。

「あんたら二人については入部んときからずいぶん問題になった。カンノヨウセイで竜澤が泣いて暴れて外へ飛び出したこともあった。追いかけて慰めるトシを突き飛ばしたときはOBや四年目から『退部させろ』ちゅう声もずいぶん出た。そんあとも女人禁制の部にマネージャーを入れたり他の部の幹部たちと大喧嘩したり、あんたらのやんちゃぶりに眉をひそめるOBがたくさんおった」

 初めてそんなことを聞いて驚いた。竜澤も驚いたようで顔を上げて和泉さんを見ている。

「じゃがの。あんたらが将来の北大にはどうしても必要じゃいう者もたくさんおった。北大がかつての栄光を取り戻すとしたら、それはあんたらの学年が上級生になるときじゃと思うておうた。わしもその一人じゃ」

 最後の一言が震えた。いつのまにか和泉さんはコップを手に静かに涙を流していた。

「四年連続最下位とはどういう状態か考えたことがあるかいね。わしら四年目は入学してから卒部まで、一度も北大が勝ったところを見たことがないということじゃ。あんたたちの代にたくさんいい素材が入ってきたとき、わしらは喜んだ。じゃが一人辞め二人辞め、さわせいまで辞めてしもうた。今じゃ六人しかおらん。じゃがまだあんたらが残っておる」

 私は唾を飲み込んだ。

「あんたら二人は北大柔道部を好いてくれておる。どのOBが何といおうとそれは間違いない」

 和泉さんがコップの焼酎を半分ほどあおった。

 私と竜澤もコップを持ち、焼酎を飲み干した。

「ええか。もっと自覚を持ちんさい」

 二人は黙って肯いた。

「外での悪さはいくらでもせい。二十歳前後の大学時代といえば、男として一番の成長期にある。じゃけ、将来への肥やしとしていろんな経験をしておきんさい。失敗したらわしら上がいくらでもケツ拭いちゃる。じゃが道場で何をすべきかは、よう考えんさい」

 和泉さんが七月の七帝戦後の飲み会で言っていた「後輩たちへ繫ぐんじゃ」という言葉を思い出した。現在の幹部である三年目はまさに後ろへと繫ごうと必死に日々の練習を耐えている。しかし私は今日、後藤さんを見ていて〝あること〟に気づいていた。それを和泉さんと竜澤にいま投げるかどうか迷っていた。確信を持てないでいたからだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る