必中必殺の〝魔弾の射手〟~転校先は剣と魔法の異世界学園でした~

作者 右薙 光介@ラノベ作家

148

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ベテランライトノベル作家、うなぎ先生の異世界ファンタジーです。
濃い目のファンである自分にとっては、それだけで絶賛しまくる案件なのですが、まだこの小説を読んでない方に向けてこの作品がいかに素晴らしいか語ります。

何も考えず読み始めてください。それだけで、何の突っかかりもなく物語世界に入っていけるのが分るでしょう。異世界ファンタジーといえば、やれ転生やゲーム世界や、やり直しやと、ギミックをこれでもかと使ったものが多いですが、ファンタジー小説というのはファンタジーであれば良いんだよ! と言わんばかりのストレートなストーリーに感動します。

主人公のタキ君は、親父さんになんの説明もないまま異世界に連れてこられ、冒険者他を育成する学園に転入します。訳も分からず連れてこられた場所で、ヒロインのアリスちゃんや関西弁のバルク君、猫耳忍者のメアリー先輩と仲良くなりPTを組んだり、タキ君の趣味であったスリングはなぜかとてつもない破壊力を見せ、魔物を討伐したりと、本人にはなんのこっちゃ状態でも、たくましくと学園生活を過ごす姿が堪能できます。

タキ君を異世界にいざなった親父殿は一体何者なのか? タキくんの一撃必殺のスリングの威力はなぜなのか? これから明かされる謎もたくさんあり、今後の展開に目が離せません。

学園ものって、わいわい、きゃいきゃいして幸せな気分になれます。
是非、読んでほしい作品です!!!!