陽だまりを抱いて眠る

作者 戸村井 美夜

51

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

事件と言えば事件ではある。けれど殺人や大掛かりなものというわけではない。けれどこれはミステリーである、しかも良質なミステリーだ。
誰かを喪った時の心情、死者は何も語らずとも教えてくれることがある。それはきっと生前では気付けなかったことであり、それを気付かなかったことに泣くのならば、それを後悔と呼ぶのかもしれない。
葬儀の会場を舞台に描かれる本作は、やはり作者様にしか書き上げられないものだろうと思います。そしてこの事件は葬儀の場であるからこそ起きたことであり、葬儀に関わるからこそ解決できたものでもあります。
丁寧に描かれる心情と、結末と。彼女にとっての「陽だまり」とは何だったのか、その答えを見つけてほしい。
ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 良質なミステリーです。シリーズ2作目ですが、単品としても読める本格派です。一作目から読むのがおすすめではありますが。

 前作とは違い、事件がなかなか起こらない中で、ヒロインの心情が丁寧に描かれ積み重ねられていく良作。
 葬儀会社に勤めている作者にしか描けないであろう、お仕事ミステリー。

 心あたたまるエンディングまで、一気に読める素晴らしい作品でした。