【短編】あるべき姿の言語魔術師《アルビトン》 〜病気の妹のために上司が糞でも我慢してたけど、美人で可愛い幼馴染が良い職場と病院を紹介してくれたのでさようならします!〜

作者 北城らんまる

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?